DAMAI's 3 cource balinese dinner

ディナー&ドルフィンのパッケージでの宿泊だったので初日は3 cource balinese menuをいただきました。
a0036499_12552437.jpg

Rp360,000++は私が初めて滞在した2000年当初より全く変わっていません。
(但し5courceだったり、コースから好きなものを選択できたりとシステムは色々と変わっています。)
a0036499_12554060.jpg
パンもモチっとしたフォカッチャが美味しい。パン用のソースも2種類あります。

a0036499_12555669.jpg
アミューズはスープ(何かは忘れてました。)この時はオーストラリアのスパークリングワインと。Damaiもワインの値段は高いです・・・。
インドネシアの関税制度の問題なのでしかたないですけどなんとかならんかね~?
やはりこういったディナー時にワインをはずすわけにはいかない・・・。

a0036499_1315285.jpg
sate burung dara

Damaiお得意のレモングラスをスティックにしたサテ。スィートバジルでマリネした鳩のサテでした。

a0036499_13112183.jpg
be celeng bese manis

豚の三枚肉にケチャップマニス、シナモン、八角で味付けしたチャイニーズテイスト。これはご飯を食べたくなる味。ナシクニンがあってよかった。付け合せの野菜はDamaiで栽培されている野菜です。

a0036499_13165478.jpg
kue don sugih

sugih leaf?ってなんだということで調べましたがバリ語なのか?わかりませんでした。その葉とパイナップルのケーキにレモングラスのアイスクリーム。フルーツサラダもつけあわせされています。

メインシェフが変わったという話は聞いていましたが(これには後日談あり)味のクオリティはそのまま変わらずに。
シェフがころころと変わるバリのホテルだけど長年“Damaiのレストランは美味しい”という評判を保つにはそれなりの努力が必要だと思います。

これからも変わらずにいてほしいです。
[PR]

by warna-warni | 2012-10-07 13:29 | bali hotel | Comments(0)