UMA VILLA No30 Uma by COMO Ubud 2013 GW BALI

a0036499_12404951.jpg


滞在時はUma Suiteだったのですが、2013年9月中旬より随時新しいカテゴリーの部屋やヴィラが加わるようで
名称も見直しされたようです。現在はUma Villaに変更になっていました。





以前滞在したTerrace Roomはふた部屋でひとつの建物をシェアしている造り(入り口は逆サイドにあり異なります)
でしたが、こちらは独立した造り。

長方形に大きくリビングとベットルームとわかれて配置。無駄のない動線。使いやすいお部屋です。

ヴィラに入るとリビング。ダイニングテーブルもあるのでお部屋でのプライベートダイニングも可能。
a0036499_12411313.jpg
アンティークのテーブルと藤のソファ。白を貴重とした部屋なので家具は重すぎないナチュラルな質感のものを配置。
壁のイカットの装丁がアクセントに。

a0036499_12412946.jpg
このインテリアだったらバリの絵画は絶対に重過ぎる。この引き戸のチェストは和のテイストも感じますね。

a0036499_12415547.jpg
ウェルカムフルーツ。千日紅のアレンジはバリでは珍しいかな~!

a0036499_12422072.jpg
デスクも広々として使いやすい。もちろんWIFIはホテル内どこでもOKです。

a0036499_12582943.jpga0036499_12585053.jpg

ウェルカムドリンクは部屋にて。さわやかなジュルとライムなどのミックスジュースでした。
ソファ側から見たリビング。

お次はベットルームエリア
a0036499_13103382.jpg
ベットルームにも大きな窓があるためとっても明るい。額ぶちのような格子状の木のデザインは独特ですね。
テレビはコチラに設置されています。(NHK受信可)
稼動式でかろうじてソファに座ってみることもできました。

a0036499_13162467.jpg
逆サイドから。リビングとベットルームはレースの入った白いカーテンをひけば仕切ることも。

a0036499_13181212.jpga0036499_13183286.jpg

iphone・ipodドックもありました。
テレビ台の下にはミニバーコーナー。コーヒーや紅茶はコンプリメンタリー。
部屋にあったバリコピが美味しくて夕食後何度か入れて飲んでいました。

バスルームへ。ドアなどはなくオープンな造りですが、こちらもベットルームとはレースのカーテンをひけば仕切ることが可能。
a0036499_13342289.jpg
Terrace Roomと同じシンク。ダブルシンクではないのが本当に残念なポイント。アメニティはもちろんコモシャンバラ。

a0036499_13352537.jpg
奥にトイレとバスタブ。トイレにはくもりガラスを設置しています。

a0036499_13374213.jpga0036499_1338356.jpg

バスタブすぐ脇には半野外のシャワールーム。シャワーヘッドは固定式。ガラスのドアがあり部屋から鍵もかかります。
リビング側からバスタブ。大好きな香りのコモシャンバラのバスソルトをたっぷり入れて入浴タイムを。
観音式扉を閉めればリビングからは見えません。

a0036499_13405262.jpg
a0036499_13503564.jpg


シャワールームを出るとクローゼット。こちらはvillaの入り口近くなのでやはりくもりガラスを入れています。
姿見はシャワー側の壁にあります。クローゼットにはヨガマットやホテル内で使える籠バック、ビーチサンダルを用意。


プライベートプールこそはないですが広さは充分。
使いやすい部屋、そして窓を開け放てば外との仕切りも簡単に撤去できる居心地いい環境。
(もちろんどうしても虫は入ってきてしまうのでベープなど使う必要はありますけどね。)

一見するとラブリー&シンプルな白い部屋という印象ですが、
細部にまでこだわったデザインはさすがコモシャンバラグループだなとあらためて感じました。
次回もUMAはこのカテゴリーで滞在したいと思っています。

夜編とテラスは次回に!!
[PR]

by warna-warni | 2013-09-01 13:58 | bali hotel | Comments(0)