「ほっ」と。キャンペーン

BALI’s stay~my history 

“悦楽のバリ島”by増島実氏&坪田美千代氏が発売されてます。先日手元に届きました。
a0036499_21542274.jpg


このコンビといえば私にとってはまずは、“バリ島の心地よいホテル(1999年刊)”でしょう!
ピタマハスパの三つの丸いプールがつらなっている表紙の本です。

ちょうど私がバリにはまり出していた頃@恋はまだ序盤。その正体はまだまだベールに包まれたままで美味しいとこどりの時期?~に発刊されたこの本には泊まりたいホテルが山のように掲載されていて、その美しい写真から垣間見れるバリの奥深そうで知らない世界にますますこの恋の炎は燃え上がるばかり。(笑)

ということで“悦楽のバリ島”をぱらぱらとめくっていたら、こんなことを思い出し、バリ島での私のホテル滞在の歴史をたどってみたくなりました。

今回登場するのは、100ドル以上クラスの中級の上?~高級といわれるホテルです。



*当初のホテル滞在時はデジカメ撮影ではないので雑誌から~

a0036499_221582.jpg

まずは、フォーシーズンズバリ・ジンバラン。(フィガロ1994年)
ここはバリ旅2回目にして、私が一番初めに滞在した高級リゾートであり、もちろん初ヴィラ&初プライベートプール。今に思えばあんなに小さいプランジプールでも感動!
でも、FSジンバランは気持ちいいパブリックプールがあるので全く問題なかったし、なにしろ広い敷地を散歩するのが楽しくて。すでにオープニングから数年経過していたので、しっかりと苔むした石像があったり、初めてバロンダンス以外にホテルゲストだけに催されるバリ舞踊も見れた。ここは私にとってはその後バリへ何度も足を運ぶことになり、またアジアンリゾート好きになるきっかけをあたえてくれたホテル。

翌年に滞在したのが、ピタマハ&インターコンチネンタル。日帰りでしか行ったことがなかった初のウブド滞在。
a0036499_2230262.jpga0036499_22273697.jpg


(新しいバリ島@フィガロ1997&efトラベルムックバリで泊まる1997)
ピタマハスパで初めて野外でまっぱになる(笑)ピタマハは予算の都合上ガーデンヴィラ滞在だったけど、渓谷沿いのプールや眺めのいいレストランでの食事などに憧れて滞在。
インターコンはやはり前出のフィガロの“夕陽の沈む時間は、甘い旅ごころに酔って”というタイトルの夕焼け&海が見える美し~いプールの写真に惚れたから。またバリではじめての大型リゾートホテル滞在でした。

お次は、イバ&パンシー・プリバリ。イバは、実はピタマハ滞在時からインテリアのセンスに惹かれて泊まりたくてうずうずしていたホテル・・・(笑)1年越しに念願かなって滞在できた。
ここはやはり今でもハイダウェイ的スモールホテルの先駆けだと思う。

パンシーは、ジンバランではじめたできたコテージタイプのホテル。こじんまりとしたコテージの雰囲気とインテリアに惹かれて。またなにしろフランスの経営ということで興味もあり滞在。

同時にセライ(現アリラマンギス)のプール&ヤシの図にも恋焦がれるようになり・・・。
ただ、まだまだ届かぬ恋。マンギスへの道のりは遠く・・・。
もちろんいうまでもなくアマン様は必然でしょう。私には身分が違いすぎて、絶対にむすばれぬ恋だと(笑)

また、この頃から自分の好みがわかってきたようで、その後スモールホテル滞在の道を邁進することになるのであった。

続く・・・。
[PR]

by warna-warni | 2007-08-14 21:06 | bali hotel | Comments(6)

Commented by あずきんじ at 2007-08-15 14:38 x
「心地よいホテル」「バリで泊まる」私も持ってるよ〜ん♪
あと、私のバイブルは「大人のバリ」(^^)V
初バリはピタマハ&インタコですた。
四季節以外はすごいかぶってるね〜。
みんな恋、焦がれるホテルは同じなのかしらん。

イバ、今年の春2年ぶりに再訪したら、お客がぜんぜんいなかった・・・。
ウブドもいろんなホテルができて、イバは今となっては雰囲気と価格帯が合わなくなってきたのかなぁと思いましたわ。

後から知ったのだけど、経営がフランスのホテルチェーンに変わったらしい。
その割にはあまりメンテがされてなく、古くなっちゃった感ありで・・・。
好きなホテルだから、頑張って欲しいなと。
Commented by warna-warni at 2007-08-15 21:29
あずきんじどの
“大人のバリ”モア・トラベルももちろん初版(って何版までされてるかナゾだけど)持ってますよ~。
かーさんの初バリ、ピタマハ&インタコだったんだ~!この当時ってインターネットから情報収集って時代じゃなかったから、雑誌・本・ガイドブックは貴重な情報源。だからこそ、本も雑誌も大切にとってあるのだと思う。

イバは残念だね・・・。私も結局再訪しようとしてできなかった(のちに出てくる)けど、ココはやはり好きなホテル。
でも、昨年秋の渡バリ時だったかな?友人の頼まれごとでSHOPへ行ったついでに部屋も見学させてもらったのだけど・・・。(もちろん以前滞在したことなど微塵にも見せずにね。)通された部屋はしばらく使用されていないようでカビくさくて、これじゃ、初めてイバに来た人だったら印象悪いだろーなとちょっとガッカリしたことあり。たまたまいたフロントスタッフがめちゃくちゃソンボンな印象であたりが悪かったのかも・・・。
ぜひがんばってほしいよね~!!
で、お次のホテルはお決まりで?
Commented by giovanni12 at 2007-08-15 22:18
次はどんなホテルに泊まろうかと悩むのも楽しいけれど、過去の歴史を振り返ってみるのもいいですね~。
私のバリは歴史を振り返るほどはないけれど、バリに限らず旅行の思い出はホテルの思い出と常に重なっていて、きっても切り離せない。
続きも楽しみにしてます。
Commented by marikkomekko at 2007-08-16 22:32
私はGWに初バリでイバに泊まりましたが、いちおう満室でしたよ~!
そして私がウブドにはまったきっかけもイバなので、まだまだ健在だと思います!!スタッフもとっても良かったし、お部屋も明るくて気持ちよかったです~。また乾期に行くことがあれば泊まってみたいです。
この写真集、よさそうですね!
私も買ってみます!!
Commented by warna-warni at 2007-08-19 10:29
ジオさん
亀ってすんません・・・。
そうですね~。よいホテルに滞在するとそれはそのまま旅に思い出になりますよねっ!もしも運悪くトラブルが発生したとしてもそれも後でふりかえればそれも思い出。続きもアップしますわ。
Commented by warna-warni at 2007-08-19 10:47
まりまりさん
そうでしたか!初バリだったのですね。GWはゲストも多くてよかったですね~。イバの滞在がウブドを気に入るきっかけとなりよかったです。
私も好きなホテルに変わりありませんので。
後に振り返った時“初バリの思ひ出”としてイバはしっかりと心にきざまれていると思います~!こちらの写真集には、“ブームを築いた伝説のリゾートたち”というコーナーでしっかりとイバは紹介されていますよ~!
次々と新しいホテルができるバリだけど、生き残っていくホテルは流行りだけでない、そのホテルならではの顔、もちろんスタッフのホスピタリティがしっかりと浸透してこそなのでしょう。10年後どうなっているのか?楽しみだったり~。