「ほっ」と。キャンペーン

kupukupuからサイクリングでKedewatan散策

kupukupu Barong@ubudに無料のレンタルサイクルがあるということでしたので、
これはぜひぜひホテル近辺を巡ってみよう~!ということになり、
まずは8時からのホテルアクティビティのYogaに参加後、朝食もすませてというプランを立てました。
a0036499_11372443.jpg
yogaスペースは、Mango Tree spaの“Garden spa”内にあります。
そこは、緑多き独立した敷地内にYogaスペースがあり、
その奥にはマッサージルームが併設されているなんとも贅沢な空間。

この日の担当は、クトゥ先生。ホテルのYogaだし、初心者向けの内容だと思っていたら予想外の盛り沢山な内容。
サンサルテーションでは、ダウンワードドックから片足あげてそのままチャトランガへ移行
といったアレンジもありでけっこうハード。
気がつけば、予定の9時はとっくにオーバーしていて、からだもほぐれて気持ちよく終了。
サイクリングの準備運動にもバッチリです!

朝食後、KupukupuBarong1号&2号にてサイクリングにいざ出陣!
但しホテルで地図などは用意されていないので行き当たりバッタリ。
当初、サヤン方面に下って、アマンダリでお茶でもしてみようかと考えていたのですが、
スタッフから“北へ行くと田んぼが綺麗だよ~。脇道入るとね。”というなんとも漠然としたアドバイスをもらい、
その言葉に素直に従うことにしました。

それは北へ向かうということはまずはずーっと上り坂を行くことになる。“行きはよいよい帰りは怖い・・・”よりも、
行きに頑張って登り坂を進み、帰りはラクな下り坂でイッキに戻ってこられるというもくろみも。

ロイヤルピタマハの看板を見ながら北に進んでいくとやがて左側に田園風景がひろがってきました。
a0036499_1275324.jpg
但し、畦道に入ってみると途中までしかいけなかったり、遠くに棚田が見える場所もあったりしたのですが、
そこは谷に阻まれ進むこともできず・・・。
アテもないけどもうしばらくなだらかな上り坂を進んでいくことに。

すると一面にライスフィールドが広がっている場所に辿り着きました。
この時は強い日差しもあり、ガッツリ汗もかいていたので、風が通り抜けるそこはとっても気持ちがいい。
Puri Wurandari・・・。
a0036499_12272543.jpg
ホテルへ続く道。一見してもホテルの姿は何処にもない。
もちろんこのライスフィールドビューが何処まで続いているのか知りたい。迷うことなく左へ進みます。
しばらく進むと警備の門があり、その後歩いていたスタッフに声をかけられました。
“見学する?”とうれしい申し出。“もちろん!”
a0036499_12314247.jpg
取付け道路まわりは右も左も見渡す限りのどこまでも続く青々としたライスフィールドビュー。
最後に下り坂を進んでいくとフロントがありました。
a0036499_12462380.jpg
Puri Wurandariって今まで渓谷ビューのホテルだと思っていたので予想外のいい裏切られ方でした。
こんな素敵なライスフィールドの中ホテルへ辿り行き、ホテルへ到着するとフロントの向こうにはこれまた目の覚めるような渓谷ビューありと。一粒で二度美味しい景観のあるホテルだったのですね。
ちょうど日本人スタッフの方がいらしていろいろと案内してくださり、田んぼのことを聞くと
ホテルの土地ではないけど援助はしている・・・とのことでした。
a0036499_12551945.jpg
ヴィラを見学した後、絶景が楽しめるBarong Barで休憩です。
Beerといきたいところですが、ここは“Ginger lover”というキンタマーニ産ジンジャーを利用したmocktailを注文。
少しシュワシュワ感がほしかったので、本当は炭酸入りじゃなかったらしいのですが変更して作っていただきました。
a0036499_13221995.jpg
ジンジャーの味がしっかり効き、他にパイナップルやココナッツが入った“Ginger lover”。
運動の後は何を飲んでも美味しいに違いないけど、丁寧に作られた感が伝わってきて、
本当に美味しかったし、この場所は私達にとってのオアシス・・・でした。
あまりに気持ちよくって、ここで根をおろしてしまいそうな気持ちをふり切り、
案外近くに見えたこの先のホテルまで行ってみようということにしてPuri Wurandariを後にしました。




予想はしていたけど、この先は思ったよりも長かった。
そして、Alila Ubudの看板が見え左に曲がってからの取付け道路のアップダウンがきついのなんの・・・。
ホテルに着いてからも自転車を止める場所の指示がいまいちわかりにくくて、
手前ならフロントまでいかなきゃよかった!と思うほど。
ここにきて暑さからの疲れも出てきて、すっかり気持ちも萎えてしまって、
結局少しだけパブリックをうろうろしただけで戻ろうということにしました。
a0036499_13402195.jpg
長方形のフォトジェニックで素敵なプールは一見して欧米人のパラダイス。
望遠ぎみで撮影しているので、かなり近くにPuri Wurandariが見えます。

写真を撮る余裕すらなくなってきたので、このままKupukupuにむかってイッキに戻ることにしました。
取付け道路をぬけてしまえばずーっと下り坂です。
とはいえ車やバイクの通行量もそこそこあるし、途中工事で1車線の半分つぶれている箇所もあり気をぬくことはできません。

そしてホテルを通過して向かった先は、
a0036499_13504641.jpg
ワルン飯を食べたいという友人リクエストとイブ・マンクーは体験済だったので、ナシ・アヤムのマルディカへ。
すでに時間は2時近かったはずですが、客足は途絶えることがありません。
店の周りは路駐の車、バイクがたくさん。人気店だということもわかります。
サテリリッもお肉も美味しゅうございました。箸休めのはず?と思って食べたラワールが一番強烈な辛さでした。
緑のCABE入りだったのでしょうか?
お値段は、500mlのアクアとあわせてRp12,500。このご時勢、ワルンも値上がりしてるのでしょうね。

そしてゲンキンなものです。あれほど疲れきっていたはずなのに、水を飲んでナシ・アヤムを食べたら、
後目盛りひとつでフェイドアウトだった充電池がフルに戻ったかのように、
エネルギーがチャージされたかのように、まだまだいけそう~!頑張れそう~!と。
“食べたら元気になった感じしない?”と言うと友人も同じことを思ったと。
やはりゆるりとした時間のBALIでは、より敏感に感じるようになるのかもしれませんね。
疲れはしたものの行き当たりバッタリのサイクリングプラン。心にしっかりと刻まれました。
[PR]

by warna-warni | 2008-10-05 14:53 | bali hotel | Comments(10)

Commented by ふらに at 2008-10-05 19:16 x
一日遅れですが、お誕生日おめでとう!でした。
この道のサイクリングはなかなかきつそうだーーー。
クトゥ先生はタマンハティの先生なのよん。
お兄さんと交代でやってるみたいですね〜。
女の子が多いと高度なアーサナをやってくれます。(笑)
Commented by warna-warni at 2008-10-05 20:43
ふらにさん
どうもありがとう!
それが意外にゆるやかな登り坂だから思ったよりもラクで、
普段チャリ使っているせいか翌日も翌々日も筋肉痛にならず・・・。
クトゥ先生、クラスが終わった後少しだけ話しして、
ヘッドスタンドからのバリエーションを披露してくれましたわ。
次回また!と言ったら、次は先生が違うってことで本当に違うヨガだった。
特に男性特有の空中滞空時間の非常に長いジャンプバックも軽やかにやっていて、
スゲッーって素直に思いました。
バグースジャティの先生は特にバックベンド系の柔軟性が非常に高かったし。
Commented by 55kirakira at 2008-10-06 09:47
masuさん、お誕生日だったんですね、おめでとうございます~☆♪♪ この道のサイクリング、しかもアップワードなんて凄いです!わたし、前にアリラ⇒クプクプにスパに行くときに車で行き来したときに「近いけど結構あるな・・・坂も・・・しかも落ち込みそうだわ・・」と思っていたのでmasuさんの体力には頭が下がります。ヨガはわたしはまだまだなので、ヘッドスタンドも出来ません・・・。でも気持ちいいからいいや~と思ってます(笑)。
Commented by tomo_tant at 2008-10-06 23:14
ここのライスフィールドビューだったのね~。
納得!
プリウランダリとまったく結びつかない風景です。
そう言えば、前にBOSSが「プリウランダリに行く途中までの景色のつながり方に感動するんだよ~」のような事を言ってたと思うんだけど、この景色のことだったのかな?
ここにはやっぱり行っとくべきだね!

そうそう↓のコメントの続きですが、天空ホテルキャンセルして、warnaさんおススメしていた南部のあそこにしました。わかるかな?
Commented by warna-warni at 2008-10-06 23:17
きらきらさん
どうもありがとうございます。
アリラのホテルまではたしかに距離ありましたね~。
行ってみないとわからない・・・。でも楽しいサイクリングでした。
ヨガ、私はヘタレ&柔軟性なし&腰も硬い、弱いなど一筋縄じゃいきません。ヘッドスタンドもマスターしてませんし(笑)
人それぞれからだの構造は違いますから、できるorできないではなく
ヨガに向き合う姿勢が重要だと思いますよ。
なーんてえらそうなこと言えませんけどね。気持ちいい~!でOKだと思います~!
Commented by warna-warni at 2008-10-06 23:23
ともたん
ほぼ同時でしたわね。そうでしょ。
渓谷ビュー=プリウランダリであってもライスフィールドビューは結びつかないかと。いつか行ってみてね。
うん、BOSSが語っていたの納得!画像では伝えきれないのが残念。
南部のあそこってどっちだろー。もしかしてもしかすると??
非常にうらやま~なあそこかしら??
Commented by arak_okano at 2008-10-07 07:31
アラックです。
プルウランダリは高級ですね、以前部屋を見せて頂いた
事があります。
普通の部屋でも、パブリックプールといっても良いくらいな
プールがついていた記憶があります。
Commented by warna-warni at 2008-10-08 00:01
アラックさん
はい、高級ホテルですよね。
私も今回見学してみて、泊まってみたいと思ったけど、
なかなか決断するには時間がかかりそうです(笑)
アラックさんが見学したヴィラは大きいプールがついていたのでしょうかね~?
Commented by il-diamante at 2008-10-22 12:17
連続コメントごめんね。
ああ、私の大好きなプリウランダリ。
長い事泊まってないので泊まりたくなりました。
っこの景色が好きで好きで、、、masuさんの
この記事を見たらとってもいい気持ちになった。ありがとう。
Commented by warna-warni at 2008-10-23 00:52
またまたミスケ
今回実際ほんのちょこっとだけど行ってみてミスケがリピってるのも納得。
実は私それほど興味がなかったもんで・・・(笑)
値段も理由のひとつだけど・・・。
ここはロケーションが強力な売りのひとつだと思うわ。
ホテルのサイトももっと素敵にすればいいのにね・・・。