「ほっ」と。キャンペーン

bebek etc Ubud 2012.Jan

a0036499_03759.jpg


いろいろなバージョン 増えていますね。

初代はくちばしが折れてしまいかわいそうな姿になってしまった。

2代目はプチベベを連れて帰りました。
[PR]

by warna-warni | 2013-07-18 00:53 | bali zakka | Comments(0)

jamu-jamu pandanの香り

CENTROでみつけたjamu-jamuというブランド。
GWに寄ったジャカルタのALUN ALUNでも見たような記憶があるので、
大きなショッピングセンターなどで取り扱っているブランドかな?と。
a0036499_2247359.jpg


ナゼこのブランドに注目したかというとめずらしいパンダンの石鹸があったから。
種類はそれほど多くないものの、Pandan&Cinnamon、Pachouli&Lime、WildRice&Coconut(あともう1種類あったけどそれほどひかれず)
というなんとも美味しそ~な香りのラインナップにぐぐっと吸い寄せられたわけでして。

ちなみにまるっきり同じ形のキャンドルもあります。しかも値段がとってもお手頃なところも二重丸。
使用感についてはまだ報告できませんけど、ありきたりじゃない香りを探している人やバリ好きさんには
なかなかいいお土産だと思いました。万人受けはしないとは思いますけどね。。。

今回あまりの美味しさに感動したワルンでいただいたナシクニンに混ざっていたパンダン。
それとホテルでいただいたアイスクリームにもパンダンが入っていたはず。ああ、思い出すだけでヨダレが・・・(笑)

ちなみにパンダンの葉ってどんなもの?って思った方は
過去記事のこちらでどーぞ!
トゥガナンのウサバサンバで使われていたじゃーん!。但し小さいわ画像は悪いわであい、すいません・・・。
[PR]

by warna-warni | 2010-09-29 23:11 | bali zakka | Comments(2)

Sensatia&Alam Zempol石鹸工房めぐり

Sensatiaの工房って結局一度も行っていなかった。
5,6年前だったか一度行きたいと思い、マンギスで聞いてみるも当時見学はできない?と断られ断念。
その後なかなか足をのばすチャンスもなく、今回久しぶりに東部滞在だったから行こうかな?
と思っていたところ同時期にバリ滞在が重なったSちゃんがタイミングよくこちらまでくるという!
ということでずうずうしく同乗させてもらい、初センセイシア訪問となりました。
正直たどりつけるか不安だったので、連れていってもらえてとっても感謝!

a0036499_1332812.jpg
工房はマンギスから車で30分走らないくらいの場所。看板もないごくごく一般的な民家。しかも工事中だった模様。
これははじめて行くにはきびしい・・・。ちらっと写っている2階の建物に販売用の製品が並べられていました。
手前のピンクの建物は石鹸の熟成庫。

a0036499_13394545.jpg
石鹸はもちろんのことボディ&フェイス&バス用品等一通り揃っていました。私はあらかじめHPでチェックしていた石鹸や虫除けクリーム・エッセンシャルオイル等を購入。
値段は、25gの石鹸で$0.55、115gで$2.5、シアーバター入りでそれぞれ$0.98、$4.5でした。

工房だからしかたないのですがテスターがないのは残念。エッセンシャルオイルは香りを試してみたかったけど、オイルの配合を見て、Tropical Flowers blendをチョイス。
エッセンシャルオイル(ボタニカルブレンド)はものによって$5~$10でした。
支払いは$の方がいいかもしれませんね。ルピアもOKでしたけど。換算率はどうでしょう?

a0036499_13574732.jpg
石鹸の熟成庫も見せていただきました。ずらっと並んだ石鹸は圧巻!ひとつひとつビニールにつつまれているものあり、裸のものあり、アリラのものありと。
兄ちゃんアリラに出荷するものを気前よくくれたのだけどよかったのかな~(笑)

a0036499_142184.jpg
工房を後にし、そのまま海に直進すると行き止まり。Jasriという場所。Irine homestayというホームスティが海沿いにぽつりと。

この後マンギスからも近いAlam Zempoleへ。こちらは途中看板もあるので迷うことなくいけるかな~?
大通りから入ってすぐだったはず。
a0036499_141741100.jpg

a0036499_1418345.jpg
a0036499_14181219.jpg
こちらはキュートなパッケージが特徴。石鹸の他にバブルバス、ひとくちサイズのゼリーのようなマッサージソルトやバスパウダーなどお土産にできそうなものがいっぱいありました。
a0036499_14181932.jpg
気になったのはこちらのモリンガという木の葉を使った石鹸。アトピーや肌荒れにもいいそう。オーナーさんが肌荒れに悩んでいらしたらしくこちらの石鹸でかなり改善されたということでした。
私は肌荒れなどの悩みは特にないのですが試しに購入してみました。使用はまだですが・・・。

そしてこちらに来て一番驚いたのは、オーナーさんが私が10年前初めてセライ滞在時に働いていてお世話になっていた日本人スタッフだったのです!
場所も近くといえば近くだけどまさかこんな偶然ってあるんですね~。

Alam Zempoleは東部へ行った際に、気軽に寄れる場所にあるのでお土産を購入するにもいいかもしれません。
[PR]

by warna-warni | 2010-07-04 14:36 | bali zakka | Comments(4)

戦利品@BALI 2010GW編の一部

残念ながら腰をすえてupしてる時間がないのでコネタで・・・(笑)
今回の私的buyingのあくまで一部です。

a0036499_23323195.jpg

順不同・・・。
名称不明のココナッツの楽器(pipi好反応)&マンギスのキーホルダー@マンギス
おおぶりのウッドペンダント、サンダルウッドの扇子@スーリ
筒状のストンとした花瓶にソープディッシュ@鳥毛さんのガラス
スタッキングOKの北欧デザインちっくなティーカップ&大好きな形の器@グダンケラミック
SISI型押しインドファブリックの手ぬぐい、アスタリスクのピアス、maanのやわらかな籠バック。
BatikWayangのメガムンドゥンのシルクスカーフはプッチっぽくて新鮮!

その他まだまだあるよ・・・。それなりに買い物してたね。
[PR]

by warna-warni | 2010-06-10 23:52 | bali zakka | Comments(2)

My更紗をしあげる

a0036499_1863785.jpg
以前UpしたMy更紗を育てる。“しあげる”が正しい表現。
ようやく最後のしあげにとりかかってみました。

3度お湯で洗う・・・と聞いた通りに試してみました。

温度は50~60℃ほどのちょっと暑めのお湯の中で洗い、一度お湯を捨て再度洗いと三回繰り返してみました。

蝋は“溶かす”というよりも“はがす”といった感じ。

お湯の温度をもっと高くすれば落ちもよかったかもしれませんが、給湯の温度が最高60℃。
手をいれて揉み洗い、ふり洗いを繰り返してみました。
当然バスタブの中に前屈するような姿勢のまま・・・。結果少々腰にきました・・・。
a0036499_1844678.jpg

たかが最後のしあげの蝋を落とす作業だけでも大変なのに、
Batik Tulisは手書きで蝋で文様を描き伏せ蝋をして色をつけ、また蝋を落として色を重ねてと
その作業を何度も繰り返して最後完成される。
気の遠くなりそうな工程を経て布一枚が世に送り出される・・・。
値段が多少高いのもあらためて納得です。
機械によう工業生産ではなく、まさに人の手によって手塩をかけて作られていくもの、
手工芸品の伝統を絶やさないためにできることといったら購入すること。
そしてそれに愛着を持って接すること。飾ること、使うこと。

それしか私にできることはないんだなってあらためて思いました。

まだ完璧に蝋は落としきれてませんが、思った通りのこなれたような色になったので、
サロンかスカートなどに仕立ててもらおうかと思います。
[PR]

by warna-warni | 2009-07-23 21:02 | bali zakka | Comments(0)

My更紗を育てる?

a0036499_1321172.jpg
前回のBaliのoleh-olehの一部。
下の布はバティックです。でもちょっと違うと思いません?

そう、これはロウがふせたままのもの。

最後のロウを落としての仕上げは私に託されているわけです・・・。

スミニャックにあるいつものぞくバティックのお店でみつけた布。

実は前日に下見した他の布を購入しに朝一でお店に行った際にこの布をみつけました。

この時先客の白人の男性がお店のイブと真剣に商談中のよう。

私はイブの手があくのを待っていたわけで。。。そんな時この布に目がとまりました。

三回お湯につけて洗い、ロウをとかした後に完成すると。

その白人男性(若いなかなかのさわやか系イケメン)のバミューダパンツに目が釘付け・・・。

よく見るとバティックじゃないこれ???
私の思った通り、柄違いの同じバティックをパンツに仕立てて着こなしていたんですね。
彼は“このパンツはこの布で作った”と教えてくれました。

詳しいことは理解できませんでしたが、白のTシャツにバティックのバミューダ着用のその男性は、
インドネシア語と英語を混ぜながら、パンツの細かい部分まで注文していたよう。

ということでこんな縁あって私の手元にきたまだ未完成のバティック。
GW中は天気がよさそうなので、じっ~くりと最後の仕上げをするのもいいかと。

うまくいくかは・・・???ですが。
[PR]

by warna-warni | 2009-05-01 01:55 | bali zakka | Comments(4)

それでも、やめられない、とまらない~お買い物♪

今回私の物欲率はひじょーーーに低く、ひとつを除きスーツケース内にすべて収まり、
しかも帰りは23kgだったという信じがたい数字でした(笑)
えっ!あれでーって思ってる方が若干名いると思うけど・・・。

a0036499_17301586.jpg
到着翌日、久しぶりにクタのベモコーナーまでジャランジャラン。何年ぶりだろー?
そこでウィンドウディスプレイにシックで涼しそうなムームーのようなワンピが飾ってあって入った店がRascals。
古くからバリへ行っている方ならまず知ってる店。
今から10年前なんて素敵なブティックなんてそうそうなかった。

今回スミニャックをちょっと歩いただけでもGWと比べてもブティックの数が増えているのに驚いたし・・・。けっこう値が張る洋服を売ってる店も増えているような・・・。

ということで、私もここは地味なバティックの水着を扱っている店とインプットされていたので、
全く興味がなかった。
入ってみるとリゾートでよさそうなワンピースなどもあって値段も手頃。
水着の上にいいかなと思いチュニックを購入。ついでに貝素材のアクセも安いので何点か購入。
友人が私以上にヒートアップでお買い物に熱が入っていたけどね。

ただしこんな老舗でもまとめ買いの際の会計は要注意ですぞ!
私は事前に値段をチェックして、だいたい大雑把に計算しているので、すぐに違うことに気がついたけど。
値札を切った後、その値札を知らないうちにすりかえられていたしね(笑)
面倒でもきっちりとNotaに記入してもらい計算してもらうことを強くお奨めします。

a0036499_17475310.jpg
そしてグダンケラミックでは以前よりほしかったワインクーラーを発見!
機内持ち込みにして持って帰ってきました。

他にウブドで以前から悩んで買わなかったバブーシュをようやく購入。
カシュクールのヨガウェア。
スミニャックのブティックでこれまた衝動買いのざっくり編みの籠バック。
ころんとした形がかわいくて一目惚れ。

他にお土産で細かいものはいろいろと・・・。
[PR]

by warna-warni | 2008-09-29 06:21 | bali zakka | Comments(6)

kou cuisine@ubud

石鹸ですっかりお馴染のkouが新しいお店をオープンしたと情報誌にて知り、
バグースジャティへの移動時お昼を食べつつ寄ってみました。

a0036499_20583820.jpg
白いお店はヨーロッパの街並みにでもしっくりととけこみそうな雰囲気。
場所はジャランモンキーフォレスト。サッカー場より行った際、デヴィシタを通り越して右手側にあります。

a0036499_2141949.jpg
マンゴーやパッションフルーツなどのバリならではジャムがたくさん。試食も可能です。
ジャムはBali Asliとの提携のようですが(瓶に記載されています)たしか種類が違うと思います。
それから容器が小さいのでたくさん購入してもそれほど重くならずにお土産にもいいサイズ。
甘党じゃない私には試してみるにもぴったりでした。

a0036499_21114137.jpg
瓶ものの梱包もしっかりしてくれるので安心。

a0036499_21175282.jpg
購入したものはこちらです。他にはパッションフルーツのジャムも。
クサンバの塩はローズマリー&バジル入り。塩は粒子が細かいタイプで使いやすいですよ。
マンゴージャムはもちろんすでに完食。(big tree farmsのハチミツも一緒に!) 

kou cuisine
Jl.monkey forest ubud bali
[PR]

by warna-warni | 2008-09-07 21:26 | bali zakka | Comments(2)

いまさながらjenggala・・・用の美

ジンバランのジュンガラ・ケラミックに最後に行ったのはいつだったかな~?ってくらい
最近全く行かなくなってしまったジュンガラ。(ジェンガラが一般的だけど。)

はじめはバナナリーフやフランジパニ、ロータスなどの自然にあるものからデザインされた
baliらしいプレートとシリーズばかりを買いあさっていたのも事実。

しかし、最近気がつくとそれらのものではなく、別なものを主に利用している・・・。

それはずばりプレートではなく深さのある器もの。

冬は鍋~♪という手抜きメニューに頼りきっていることも理由のひとつですが。

サラダやあえもの、炒め物にも万能。しかも鉢ものの器に盛りたくなるのは日本人の性?

ということでよく食卓に登場するマイコレクションの一部を!
(ほとんどがクタかサヌールのアウトレットで手に入れたものです)
a0036499_16702.jpg


黒ばっかりなんですけど・・・。ほんとによーく活躍してくれてます。

ただ、木の取っ手のティーサーバ。これだけは別!姿形は麗しいのですが・・・。
(記憶が正しければなんですが、このデザインて北欧のデザイナーがコラボしていたかと。)
お湯を注ぐのにひと苦労なんです・・・(涙)
取っ手が上についていて固定されているので邪魔で邪魔で。
口が細~いヤカンから注ぐのであれば問題ないかも・・・。
通常のケトルだとちょっとしたコツが必要。

ということで見た目に惑わされてはいけません(笑)

おまけに春を!
[PR]

by warna-warni | 2008-03-10 00:49 | bali zakka | Comments(4)

Bali Asli~Oleh-Olehあれこれ

Bali Asli。1986年からバリのナチュラルにこだわって商品を作っている老舗ブランドのひとつ。
実は、ここのガーリックソルトは以前から使用していたのですが(ビンタンやデルタデワタで売ってます。)、秋にタンジュン・サリに宿泊した時、石鹸がこちらのものだったことからあらためて認識。ちょうどelephantさんもblogで紹介していたので、今回お店へ行ってみました!

a0036499_10345790.jpg


今回購入したのが、石鹸やオニオンソルト。そしてペット用シャンプー。
ジャムも大瓶なのに意外とお手頃価格だし、マンゴーといった南国らしいラインナップで惹かれたのですが、いかんせん重い。小さめの瓶もあればおみやげにもいいと思うんだけど。

ペット用シャンプーは、ココナッツ、ニームにオリーブオイルを使用。香りもさわやかだし、早速試してみたところ、いつもよりおとなしく洗われていました。

ニームって何?って調べてみたところ、以下ネットより抜粋。

ニームはセンダン科の常緑樹で、和名を「インドセンダン」(学名:アザディラクタ・インディカ)と言います。成長が大変早く、半年で1メートル以上にも伸び3年目位から実を着けます。ハーブの一種で15~20㍍にもなります。花は白く、実は梅の実を少し小さくした程度の大きさ。赤道周辺の平均気温23℃以上が最適地ですが、生命力が強いので寒冷地や乾燥した砂漠地帯でも育ちます。
 特に原産国であるインドでは、ニームのことを「村の薬局」と呼びます。医者の居ない地域では万能薬として重宝され、アーユルヴェーダ(インドの民間伝承医療)の材料(オイルなど)としてなど、4000~5000年も前から生活の中で使われてきました。一例を挙げると、「種子、樹皮、葉には殺菌消毒作用、抗ウイルス作用、解熱作用、抗炎症作用、抗潰瘍作用、抗菌作用などの効能が証明された化合物を含んでいます」(『ニーム』:フレグランスジャーナル社)、実から取れるオイル(ニームオイル)は医薬品や石けん、化粧品などの原料に利用されているほか、農業・園芸用の病害虫駆除資材、植物活性資材としても使われています。ニームは捨てるところが無く・・・

ってことでバリでもきっとたくさん育っている木なんでしょうね。Sirih?とも思ったのですが、違うのかな?

もちろん普通にニームのリキッドソープやシャンプーなども販売してました。

場所は、スミニャックのサマヤの目の前。こんな所に・・・って所にあったんですね。
[PR]

by warna-warni | 2007-05-13 10:58 | bali zakka | Comments(10)