古都りっぷ 京都@2013年Mar① 

購入した雑誌の付録に京都bookがついていました。
中を見ると昨年偶然に行った場所や店が掲載されていて・・・。
見返したくなり記録として残しておきます。

a0036499_22233567.jpg


More
[PR]

by warna-warni | 2014-02-12 08:07 | 古都pelan-pelan | Comments(2)

Hyatt Regency Kyoto

a0036499_1402275.jpg
a0036499_1403417.jpg
a0036499_1404792.jpg
a0036499_141138.jpg
a0036499_1411350.jpg

京都に行ったらまた滞在したいな。伝統を取り入れつつ現代的なインテリアのデザイン 好きです。
[PR]

by warna-warni | 2011-01-29 10:06 | 古都pelan-pelan | Comments(0)

ハイアットリージェンシー京都~ダイニング編

ハイアットブランドに泊まったからにはやはり食事も食べたい!今回予約は部屋のみだったので、せめて朝食はいただこう!と思ってました。しかし、魅力的なプランを発見!チェックインしてから予約したプランは、THE BRUNCH。1階にあるメインダイニング「ザ・グリル」でいただきます。

内容はといいますと、以下ホテルHPより抜粋。

Glass of Sparkling Wine
スパークリングワイン

Appetizer Buffet
お好きな前菜をブッフェから

Choice of Main Dish
メインディッシュをお選びください

 Grilled Hiyoshi Pork, Sausage, Braised Lentiles
 日吉豚のグリル レンズ豆添え

 Braised Lamb Shank, Pommes Puree
 仔羊すね肉のブレゼ マッシュドポテト添え

 Today's Pan-Fried Fish, Sauteed Asparagus, Aioli Sauce
 京都中央市場より本日の鮮魚のグリル ソテーアスパラガス添え アイオリソース

 Steak Frites - Cafe de Paris Butter
 ステーキフリット カフェド・パリバター

Dessert Buffet
お好きなデザートをブッフェから

Coffee or Tea
コーヒー 又は 紅茶

この日はたまたま土曜日。レディースデーにつき、2,950円(サ別)ということで充分お得感ありだと思いません?

こんな感じでした
[PR]

by warna-warni | 2007-04-01 02:21 | 古都pelan-pelan | Comments(2)

ハイアットリージェンシー京都~お部屋編

泊まったお部屋は、ツインのゲストルーム。ホテルHP記載によると部屋の広さは、28-33㎡。せまい部類に入るものの部屋でのんびりが目的じゃないのでまぁゆるせる範囲でした。

a0036499_0365045.jpg

ごくごくシンプルな造りの部屋ですが、着物の古布を用いたタペストリーがアクセントに。この部屋は落ち着いた色調のタペストリーでした。

a0036499_0391454.jpg

ちょっと暗いですが・・・、デスクもありいすも2客用意されています。TVは液晶。

a0036499_0411041.jpg

入り口付近から。クローゼットは全身映るガラス張り。珍しいのが、HYATT REGENCY KYOTOのロゴ入りのダンボール箱と物流会社の伝票が用意されているところ。おみやげ買いすぎても気軽に送付可能。私は、今回は利用せずすみましたが(笑)

バスローブ&ゆかた式の寝間着もあります。

a0036499_044535.jpg

やはり京都らしさなのか、和を意識した陶器の湯のみが用意されてます。

a0036499_045795.jpg

DVD、ホテルインフォ、セーフティーBOXも収納されておりすっきり。

a0036499_1224142.jpga0036499_123676.jpg


左:ベット脇の電源コントロールパネルも表示があり使いやすい。
右:古木を使用したオブジェが壁に。



a0036499_0484222.jpg

洗面もすっきりとまとまってます。伏見の水が用意されてました。

a0036499_050611.jpg

アメニティも引き出しに入って。この部屋はハイアットブランドのものでしたが、もっといいお部屋ですと海外でも人気らしい京都発コスメブランドの“chidoriya”のものがあるらしい。スパRIRAKU でも使用されているもよう。
ちなみにフィットネスのジムとサウナなどは宿泊者は無料で利用できるようでした。

a0036499_0575943.jpg

バスルームは、トイレ、バスタブ、シャワールーム一体型ではなく、珍しい日本式のお風呂。トイレも別室。しかも、このヒノキのいすが秀逸。よくあるお風呂用のいすって高さが低いですが、こちらのいす使用してみてとってもラクでした。

バスまわりは部屋の広さのわりにはスペースが確保されているのはいいのですが、日本式故の欠点があり。部屋との仕切り戸がほしかったかも。着替えもへたすると丸見えになってしまうってことに。一人泊まりなら問題ないですけどね・・・。
[PR]

by warna-warni | 2007-03-31 23:30 | 古都pelan-pelan | Comments(4)

和洋の融合~ハイアットリージェンシー京都

滞在中、ホテル内にあるSHOP(ここがまたちょっと心をくすぐるものをおいてるセレクトshop的)の方と話している時、あらためて気がついた。現二期倶楽部本館、後で増築された以前新館と呼ばれていた同じ建築デザイナーによってデザインされたホテル。

はっきり言って、部屋は狭い!けど、また泊まりたいなと思ったホテルでした。

a0036499_9371388.jpg

翌朝、トラットリアセッテのコーヒーサービスが入り口脇にさりげなくおいてあり。もちろん無料。朝食を食べていなかった&寒い朝だったこともあり、散歩をかねての寺めぐり。あたたかいコーヒーを持ち、すすりながらまわれたのはうれしかった。

a0036499_9485313.jpg

透かし組の天井がとっても印象的なロビー。まんま和を前面的に主張するわけでもなく繊細で素敵。

a0036499_9535071.jpg

フロントに飾られている花あしらいも一瞬野菜の葉のように思えるかわいらしい八重のチューリップから、翌日はぐっと雰囲気も変わり大人な紫のヒヤシンスに。

チェックアウト後、荷物を預かってもらい、京都散策を続け、夜になってホテルによりつつ荷物をピックアップ。お見送りのホテルウーマンの“またぜひお越しくださいませ!”という心のこもった言葉も印象的。

コンシェルジェデスクで京都一日バス乗車券も買えます。
[PR]

by warna-warni | 2007-03-24 10:02 | 古都pelan-pelan | Comments(2)

フラッと旅~古都を訪ねる

ナゼか急に行きたくなり週末を利用して久方ぶりにこの地へふらっと。

a0036499_113738100.jpg


碁盤の目のように張りめぐられた小道を歩いているとナゼかシーサーに出会ったり。

a0036499_1140364.jpg


ホテル近くにあったお寺を訪れるとそのお寺の佇まいと静謐さに心打たれたり。

a0036499_1144918.jpg


中国から伝わってきたという唐紙の雲文に心ひかれたり。

a0036499_11474211.jpg


祇園の町で餃子に出会ったり。

a0036499_11544547.jpg


まだまだジョグジャ&バリの旅も終わってませんが、古都も折りまぜながら。
って、ジョグジャもこちらも古都つながりだ!
[PR]

by warna-warni | 2007-03-21 11:58 | 古都pelan-pelan | Comments(6)