「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:jakarta( 6 )

cafe BATAVIA

手軽で美味しい中華があるとのことで知人に案内していただく予定が中途半端な時間だったので営業していない・・・。
代わりにkotaにあるcafeBATAVIAにかな~り遅いランチで出かけました。
a0036499_12565485.jpg
洋食メニューだけかと思ったらDIMSUMの文字が♪もちろん広場を見渡せる2階に案内してもらいました。
a0036499_125712100.jpg
階段には沢山の写真が飾られています。19世紀初頭に建てられたというクラシックな建物。2階の床はかなり磨きこまれたフローリングにもその歴史が感じられました。
a0036499_12572268.jpg
a0036499_12573248.jpg
コロニアルでクラシックな店内に白いテーブルクロスがマッチングしています。

a0036499_1258864.jpg
a0036499_12583844.jpga0036499_1301386.jpg

a0036499_1303088.jpg

もちろん中国茶をいただきながらいろいろいただきました。サイズも小&大と二種類。
すべて小をオーダーしたはず。なかなか美味しかったですよ。お値段も三人で3500円くらいと手頃で満足でした。

食事を終えて1階に下りるとルー大柴似のおじさんが歌っていました。加山雄三を・・・(笑)

a0036499_1304341.jpg


食事の後広場で見た
[PR]

by warna-warni | 2011-02-19 13:24 | jakarta | Comments(2)

憧れのTHE DHARMAWANGSAへ

ジャカルタ滞在にあたり行きたいshopやレストランなど事前にネットで情報を収集していたものの
いかんせん場所が全く把握できない・・・。
詳細な地図もなく今回は1軒のみ寄ることにして、~それもタクシーで向かったものの降りてみたら全く場所もわからず・・・お店に電話して場所をうかがいながらようやく・・・という状況~
ただそのお店からもほど近くにあったTHE DHARMAWAMGASAだけは外せませんでした。
a0036499_19543257.jpg

THE DHARMAWAMGASAははじめ他の方のBlogで見かけ、そして"ajian style hotels"で見てからというもののジャカルタへ行ったら絶対に寄りたいと思っていたホテル。
アリラ(中心北部)からダルマワンサのあるジャカルタの南部kebayoran Baru地区まではタクシーで向かいました。
多少の渋滞もあり時間にして40分程度、タクシー代はRp55,000くらいだったかと。バリと比較しても安いです。

まわりは落ち着いた静かな住宅街。ジャカルタの街の違った一面を見ることができました。そんな場所に貴婦人のような邸宅ホテルはひっそりとあります。
私が思ったのはインドネシアンエレガンスという言葉がぴったりなホテル。それほど古いホテルではないとは思いますが、時を経つつ脈々と積み重ね受け継がれていく伝統や品というようなものを感じたホテルです。"凛"とした・・・。

休憩がてらMajapahit Lounges and Barでお茶をいただきました。
a0036499_19544739.jpg
a0036499_1955641.jpg
a0036499_19552379.jpg
a0036499_19553716.jpg
a0036499_19554841.jpg
a0036499_1956274.jpg
KOPI TUBRUKの中から
オーダーしたのはKopi Jahe。トラジャにジンジャー&ハニーをブレンドしたコーヒーでした。

素敵すぎるホテルでいつか滞在できるチャンスがあれば!とは思いますがなかなか厳しいでしょうかね・・・。
[PR]

by warna-warni | 2011-02-16 20:14 | jakarta | Comments(2)

Public@Alila Jakarta

翌朝近くのモスクから流れるアザーンで目が覚めてうとうと・・・。
a0036499_21401242.jpg
部屋からの眺めは地味め。おそらく逆サイドの部屋の方が街のビル群の眺めが広がっているのかも?

a0036499_21432552.jpg
エレベーターホールから。アザーンはここから流れていたのね。

a0036499_21451626.jpg
プールもあり。何階だったか?スパ&ジムもあり。この眺めどこかで見たことある!と思ったら・・・。
PERIPLUSのasian style hotelsの表紙でした。

a0036499_215291.jpg
LobbyLoungeからは中庭を見ることができます。2階までぶちぬいているようで天井が高く明るい雰囲気。
そして中庭をはさんでbuzz Restaurantがあり、朝食をいただきました。

a0036499_2285167.jpga0036499_229547.jpg

朝食はビュッフェスタイル。しかも洋食・インドネシアン・中華と種類も豊富で充実度はかなり高いと思います。
想像以上な内容でかなり満足でした。

a0036499_2211394.jpg
私の滞在時は客層は圧倒的にドメが占めていて、西洋人がちらほらって感じでした。
場所は中心部から多少離れているもののどうせ車を利用しての移動になるのならそれほど問題なし。コスパフォはよいホテルだと思います。またジャカルタに滞在する際は利用するかも!

ちなみにLobbyLoungeの軽食類メニューはこんな感じでした。
a0036499_22171164.jpga0036499_22172283.jpg

[PR]

by warna-warni | 2011-02-06 22:21 | jakarta | Comments(3)

Al Nafoura@Le Meridien Jakarta

ホテルにチェックインした後はディナーへ。事前に調査して行きたかったレバノン料理のレストラン。
le meridienのレストランのひとつです。
ジャカルタのホテルは滞在中にアリラを含めて三ヶ所訪問しました。
どのホテルもセキュリティが厳重で空港にあるあの金属探知機がホテル入り口に設置されていました。
過去ホテルをねらったテロが何度か起こっている土地。
違和感を感じましたが、そんな背景がある場所だということですよね。
a0036499_233130.jpg
ミドルイースタンな香りがぷんぷんと漂ってくるレストラン入り口。

a0036499_2395318.jpg
オープンキッチンで石造りの落ち着いた店内。入店時はお客さんいませんでしたね・・・。

a0036499_2313727.jpg
メニューを見ても正直よくわからない(笑)のでコースにしましょう!
ということになりLebanese special menuⅡをオーダー。
ひとりRp220,000。えっ!ホテルレストランでコース料理がこの値段??本当に?
ざっくりと2,200円ですよー。値段を見て驚き!そして量にまた・・・驚き!

バリはインドネシアを代表する観光地。いまや物価はけっして安い・・・とはいえない状況になってきているので、ジャカルタの物価はどうなってるの?って思いました。

実際滞在中の移動はすべてタクシーを利用しましたがバリよりも安いと思います。

a0036499_23244412.jpg
Cold Mezze。これだけで充分。このプレートまさかの一人分です・・・。ワインをいただいていればグビグビ進んだことでしょう。この時は遠慮。

a0036499_2337684.jpg
Hold Mezzeは三種類からチョイス。Arayesを。焼いたピタパンにラムミンチ&フェタチーズ&タイム&オリーブオイル。美味しいけどパンなだけにお腹はふくれる・・・。

a0036499_23405254.jpg
スープはShorbet dajaj bil shyrya。vermicelli?にクリーム、玉葱、シナモン、黒胡椒、コリアンダー、ガルバンゾなどなどが入ったスープ。

a0036499_2341930.jpg
Tajin samak bil snobar。揚げたスナッパーをコリアンダーやレバノンのスパイスでマリネしたもの。Tahiniも使用しているみたいです。

ふたりでシェアできればちょうどよかったかも。
とにかくボリュームたっぷりでお腹がいっぱいになってしまって味わう余裕がまったく・・・。

たくさんのハーブやスパイス(オリーブオイル、ニンニクも)を使うことによって味に奥行きを出しているのはレバノン料理の特徴だとやはり思いました。

次回行く機会があれば絶対にアラカルトにします。コースでこの値段ですからお値段も手頃だったはず。
ただしワインの値段はインドネシアですから、高い!!早くあの高すぎる関税やめてもらいたいものです。

ちなみにこの後にはしっかりとデザート&コーヒーもついてます。

そしてこの日はベリーダンスーショーもありました。2回とも観ちゃいました。
a0036499_04436.jpg

もし仮にこんなお店が日本にあれば・・・リピート間違いなし!だと思います。

そして予約をお願いして案内していただいた知人にも感謝です!すでに何年もジャカルタに住んでいる方なので興味深い話も聞くことができましたし、それに翌日にはちょっとびっくりな体験もできました。
[PR]

by warna-warni | 2011-01-14 23:51 | jakarta | Comments(0)

Alila Jakarta

AlilaづくしとなったGWの旅の〆はAlila Jakartaです。
場所はムルデカ広場の北側。Kotaやチャイナタウンの南に位置し、ホテルの目の前や少し通りを歩けば屋台等がたくさん出ている庶民的な場所でした。
歩きは危険(スリ&ひったくりなどが多い)だということで今回は残念ながら買い食いはできませんでしたけどね。
在住の知人いわくなぜアリラにしたのか?と。多くの日本人はもっと便のよいより中心部に近いホテルを選ぶようです。

ホテルダイレクトのインターネットレートにて予約。Deluxe Room税サ込USD 102.85朝食付でした。
実際の支払いはルピア建てで請求だったのですが、ルピア請求だと$→ルピア→円となるので多少高くなるはず・・・・。
しかし予想に反して予約レートより請求額がかなり安くてびっくりしました。実際はRp765,100。
ビュッフェの朝食も非常に充実した内容でしたし、たった1泊だったにも関わらず駄目元でお部屋の延長利用できるか聞いたところ15時までならOK!
バリと比較してコスパフォはいいのではないでしょうか?

アサインされたお部屋は20階の2003号。
a0036499_13291739.jpg
インテリアはシンプル・モダン・スタイリッシュ。a0036499_13303361.jpga0036499_13304451.jpg

ベットの手前にクローゼットがあり、セイフティBOXも配備。スリッパは用意されていました。

a0036499_13324816.jpgバスルームはシングルシンクにトイレ、シャワーのみ。バスタブはありません。アメニティは石鹸はSpaAlilaのものでしたが、シャンプー&シャワージェル、ボディクリーム等は残念ながらSpaのものではありません。ボディクリームはレモングラスの香りでした。
ちなみにインターネットもOKです。
それからインスタントコーヒー&ティーは用意されていたはず。
広さは30㎡で広くはないですが、ごくごく一般的なお部屋の造りではあるものの一通りそろっているのでこの価格帯ならば充分だと思います。

a0036499_13452764.jpg

[PR]

by warna-warni | 2011-01-10 14:15 | jakarta | Comments(2)

GA407 DPS→CGK

GWのバリはジャカルタ(CGK)経由(マイレージでの発券だったのでバリは早々に諦め)でした。
まさか今後の予行演習になろうとは・・・あの時は予想もしてませんでしたけど。

さてバリ到着時は国際線ターミナルに着いたこともあり、勝手な思い込みで国際線ターミナルと思っていたのですが、
国内線ターミナルからの出発でした。

a0036499_9365339.jpg
GA407はCengkarengとなっていますが・・・?CengkarengはSoekarno-Hattaの別名です。

a0036499_9371313.jpg国内線も地味な空港。土産物屋はありますね。サラックが山積みで販売されていました。ナゼでしょう?えらく値段に差がありますね。
空港内のフリーwifiも不安定ながらもつかめましたby iphone。



a0036499_9452551.jpg
ほぼ定刻で、手荷物検査を受けてバスで駐機場に移動。

座席は2-3-2配列。乗客少なくガラガラでしたね。
a0036499_9522723.jpg
空港&ジンバラン&クタあたりの風景が見れました。sampai jumpa lagi!

a0036499_9501574.jpg
1時間半くらいのフライトですが軽食の機内食が出ます。
意外や意外!期待ゼロだっただけにこのファルファレのパスタいけましたよ。
a0036499_9554822.jpg
ジャワに入ったあたりで山が見えました。

ジャカルタに到着!荷物を受け取りさてさてここからは未知の世界。いよいよ市内に移動です。
ゲートを出ても国内線のせいかたまたまか?しつこいポーターの攻撃にもあわず、
すぐにシルバーバードのカウンターをみつけて、ホテル名を告げると・・・。
a0036499_1091380.jpg

車の車種により値段の高いほうから案内されますが、一番安い車種(この時はINNOVA)でRp190,000(Rp180,000だったかな?)
これも予想外な値段でびっくりでした。
拍子抜けするくらいにあっさりと車も確保できすぐに移動できました。上出来です(笑)

さてさて、ほぼ初ともいえる(私は90年の初バリ時に一度行ってはいるもののツアーの連れまわしだったため)
ジャカルタはどんな都市でしょう?楽しみでもあり不安でもあり・・・。
[PR]

by warna-warni | 2011-01-09 10:11 | jakarta | Comments(0)