yoga@bali

yoga beauty vol.4が本日手元に届きました。
発売日は明日かな?バリヨガの特集が組まれているので事前に取り寄せてしまいました(笑)

まだじっくり見ていないのですが、IBAHでヨガをした時のリンダ先生やスミニャックのolop先生のクラスも紹介されていて、バリへ行きたくなってしまう内容。
リンダ先生はダブルアリラのヨガツアーもあるらしく、参加できるものなら参加してみたい・・・。

しばし、バリを連想しながらヨガをすることにしますか・・・。
パワーヨガの朝編、夜編も紹介されていたので参考になりそうです。

a0036499_135497.jpg

内容とは全く関係ないワルン・オチャのナシ・チャンプル(笑)
[PR]

by warna-warni | 2005-11-29 23:54 | bali macam-macam | Comments(4)

ネコもヨガする?

少々腰を痛めたこともあり、数週間ヨガから遠ざかっておりましたが、今朝おそるおそるちょっぴりヨガをしてみました。
そうしたら、pipi(我が家のネコ)が近くに寄ってきて、まずは、私の足にじゃれはじめ、
しまいには椅子の足にからみつきながらからだをぐるんぐるん・・・。
まるでいっしょにヨガをやっている気になっているでしょうか?こんなポーズで・・・。
a0036499_21265530.jpg


先日雑誌でも紹介されていて興味を持ったのですが、猫がおしえるヨガという本があるそうです。絵本のようで"ヨガネコ"というキャラクターがいるそう。買ってみようかなと。

@yogaよりTBデス。
[PR]

by warna-warni | 2005-11-21 21:45 | YOGA | Comments(6)

バルなMaru

すっかり新規開拓をしていなかった最近ですが、久しぶりにリピートしそうな店をみつけました。
場所はとっても地味な八丁堀。ブルータスの"いつでもどこでもワイン好き!"に掲載されていた
店です。平日の6時半過ぎに店に着くと、すでにものすごい熱気で満員・・・。
MARUは、1Fが立ち飲み、2Fは座席スタイルのカジュアルな酒場。というかスペインバルの雰囲気に満ち溢れていました。けっして広くない店内に人・人・人。それに輪をかけるように音楽も大音量!

メニューは、基本はバル風ですが、生ハムも数種類、サラミやチョリソー、炭火焼、それからアジア風のチャーハンまで、デザート含めてなんでもござれという感じ。なんといってもアルコールの安さに舞い上がってしまいました(笑)ワインの種類も豊富かつ、小売価格に500円+だけという非常に良心的な値段。
1Fは半分が酒屋でそこから持ち込みも可能だそうですが、2Fにはひと壁一面にずらっとワインが・・・。ワインリストの代わりに、そこから選んで飲むスタイル。値段はついているのですが、味についてのコメントがあればなおよし!お店の人に尋ねればすぐに好みのワインを選んでいただけましたけどね。

この時飲み食いしたリスト。生ビール、モエ・エ・シャンドン~4000円ちょいで飲める♪、オーストラリアの3,000円台のシャルドネ、スペインの赤ワイン2,000円台。
生ハム&サラミの盛り合わせ、鶏レバーカナッペ、トリッパのトマト煮込み、イイダコのカルパッチョ、玉ねぎをあめ色に炒めてパイ生地で焼いたもの(名前?)、イベリコ豚の炭火焼、アスパラのラクレットチーズ焼き他数品・・・。
お腹いっぱい、アルコールも充分いただきとっても満足で帰ってきました。

ちなみにシャンパンも自分でワインクーラー(というか冷蔵庫か?)に選びに行くという~。
ドンペリも1本入ってましたが、果たして売れたのでしょうか~?
a0036499_0244355.jpg

店の画像はないので、hattenのtunjungのマグナムボトル(中味はからだそう)で。
バリでいつの日かあけてみたい・・・。
[PR]

by warna-warni | 2005-11-19 23:54 | 飲み食い minuman&makanan | Comments(6)

フォルムで楽しむ器

a0036499_2393185.jpg
ブラックはハーフボウル。ブラウンはウォータージャグ。
どちらも独特なデザイン性を感じさせるフォルム。それだけで存在感を感じさせる器。
用途となると多少使いにくさは否めないかと思います。
ハーフボウルも器の大きさのわりに鉢として考えるとそれほど盛り付けられません。
ジャグはその構造ゆえ、洗うのが若干難儀かと。
それでも、遊びがほしいじゃないですか!!
整然としたテーブルセッティングなんて普段そうそうするものじゃありませんよね。
そんな時こんな器があれば。
ジェンガラのブラック(艶なしタイプ)は、意外と和食器ともしっくりとなじみ個人的にも好きな色です。

画像は花をアレンジしてみました。ハーフボウルは水をいれてフローティングキャンドルを浮かべてもいいかもしれません。

BALI雑貨WarnaWarni
[PR]

by warna-warni | 2005-11-17 00:19 | bali zakka | Comments(2)

AZVEIL part2

a0036499_22451254.jpg
温泉の釜風呂です。女性専用で、作務衣を着て入ります。
釜風呂の外には水タンクも完備されていて、まずは水分補給して、陶器の枕を持って、
中に入ります。温度は50度ほど。静かに横になってじっとして、しっかり汗をかきます。
ちなみにスパ施設はセントグレゴリースパ内となります。


a0036499_224717.jpg
フロントもシンプルシックモダンなしつらえ。後ろのオブジェのベルはひとつひとつ形が異なってるようでした。
[PR]

by warna-warni | 2005-11-16 22:49 | 旅 perjalanan | Comments(4)

bangkok初日

今さらですが、バンコク滞在の記録を綴っておきたいと思います。

10:55発 JL717にてバンコクへ。この便だと夕方には入ることができ、マッサージ1本&タイ料理に舌鼓ができる。a0036499_9225483.jpg
 ホテルまではタクシーで移動。車があまりなく、乗るまで20分ほど待たされただろうか?乗ってしまえば、空港内の混雑と市内で渋滞に少々巻き込まれたくらいで高速道路を使うので30分強でホテルへ到着。 宿泊は、ラマ4世通りから入ってすぐのTHE DAVIS BANGKOK。スーペリアからスイートへアップグレードの申し出があり (但しツインベットではなくキングサイズのベットに)そんなことよりアップグレードがうれしい。

 チェックイン後、BTSプロンポーン駅までホテルのトゥクトゥクでエンポリウムへ。ここで、携帯の番号を購入。(タイでは1-2-3コールという会社が通話をカバーしている地域も多く大手らしい)店員さんに開通してもらって使用できるように。
ついでに使えるし、バンコクで購入したほうが安いと聞いていた“歩くバンコク”を東京書店(日本出版の本がたくさん売っている。さすが駐在も多いバンコクならでは)にて購入。この本はその後大活躍!


a0036499_9241978.jpg
これでバンコク滞在の準備も整ったということで、むかった先は、やっぱりマッサージでしょ~!ということで、タイ式マッサージの講習があることでも有名なWAT・POのポー・マッサージ スクンビット店。 店は、スクンビット・ソイ33を入って徒歩5分右手側。こちらで、角質取り&フットマッサージを選ぶ。料金は350バーツ。この角質取りがすごいことになってしまいました・・・(汗)
旅の疲れもあって、足湯にひたした時は気持ちよかった。そのあと黒いタオルの上に足をのせられ、かかとや足裏の細部までがしがしこすられる。。。お手入れしてないのがありありとわかってしまう角質のでかた。黒いタオルの意味はこれだったのね~!(画像撮ってませんでした) さぞかしやりがいもあったことでしょう~(笑) そのあとはクリームもぬりながら恐怖の棒を使用しての足ツボ刺激。 台湾で涙が出るほど痛かった経験をしてからというものの実はけっこう恐怖・・・。あの時ほどでもないにしろやっぱりある箇所がぬきんでて痛っ!ただ足全体のマッサージは痛い部分もあったが気持ちよく、終わった後はむくみもとれてすっきりしたことは間違いありません。 わずか1,000円ほどでこの内容でしたら充分満足!

マッサージの後は腹ごなし。イサーン料理(タイ東北料理)を食べたいと思っていえチェックしたいた店が近くにあるようなのだが住所のみで場所がわからなかった。“歩くバンコク”に場所が掲載されていたので行ってみることに。BTSトンロー駅ソイ36から脇道に入ったところにあるオープンエアの店BANE LAO。 お店は時間が遅かったにもかかわらずそこそこジモティや白人系の客でにぎわっていた。
激辛だったソムタムをはじめ、トムカーガイ・ビーフジャーキなど美味しい!辛い料理にはちょっと甘いスティッキーライスがぴったり合う。もちろんシンハービールで乾杯!
その他に、魚の炒め物(これは泥くさくて駄目でした)・空心菜・シンハー大瓶2本でふたりで2,000円でおつりがくる値段でお腹いっぱい食べてホテルへタクシーで帰った。
a0036499_9312388.jpg


a0036499_9314343.jpg
ソムタムとトム・カーガイ
[PR]

by warna-warni | 2005-11-12 09:55 | bangkok thai | Comments(8)

ニューオープンのホテル@熱海

週末を利用して熱海へ行ってきました。
宿泊は、AZVEIL HOTEL&SPA ATAMI今年7月にオープンしたばかりのホテルです。
たまたま某旅行サイトの案内でこのホテルの存在を知り、ちょうど温泉な気分だったので、行ってきました。

一番安い部屋でも42平米あり広さは充分。ただし宿泊したのは2Fの部屋。ロビー階、1Fとなっていたので実質3F。傾斜した場所に建っているとはいえ、残念ながら眺望はなし。
オープニングのプランだったのでしかたないでしょうかね。とはいえ、事前にメールでリクエストしておけばよかったかなとも思いましたが、全く情報がなかったためしかたないですね。

泊まってみて、このホテル6F以上の眺めはよいはずです。
ちょっと変った作りなのですよね。5Fでエレベーターの乗り換えがあったりして。

a0036499_2243248.jpg
ツインのはずなのですが、もしかしてダブルの部屋だったかも?なベットでした。
お部屋は申し分ない広さです。入り口付近のスペースが無駄なような気もしましたが。

ユニットバスがついていてアメニティはロクシタン(シャワージェル、シャンプー&コンディショナー、大小ソープ)。バスローブ&作務衣もあります。



a0036499_22492988.jpg
TVはパ○ソニックの液晶。有線放送も入ります。
飲みませんでしたが、コーヒー&紅茶のティーパックあり。
コンプリメンタリーでミネラルウォーターは、ボルビックがありました。



a0036499_22532238.jpg
ロビーにあるバーラウンジ"アルケミー"お茶とアルコールがいただけます。


スパはシンガポールを拠点としているセントグレゴリースパが入ってます。
こちらは残念ながらもたもたしているうちに、時間があわずチョバできませんでした(涙)

スタジオもあるそうです。HPでは準備中となっていましたので、スパスタッフに聞いたところ、ヨガのレッスンの予定もありとのことですが、まだ決まっていないようでした。

5Fのテラスが気持ちよさそうで、実際眺め(熱海の山方面)もすばらしく、この季節は、花火大会日のみの営業だそうで利用できなかったのがとっても残念!テラスも大きなポイントだったものものですから~。
[PR]

by warna-warni | 2005-11-08 23:09 | 旅 perjalanan | Comments(8)

ナマステ

10月、終わってみればヨガのレッスンに9回行きました。
けっこうがんばりましたね、私@自我自賛(笑)
いろいろな種類のレッスンを受けたり、いろいろな先生のレッスンに出て思ったこと。
ひとことでいうとヨガの先生って個性的で人間的にも素敵な方が多い気がします。
男性も女性も。
やはりそれは、ヨガがたんなるエクササイズではなく、精神的な世界にもかかわっていること。

優しさと静けさと明るさに満ちたバランスのよい生き方、物事をありのままに受け入れる強さと寛容さが身につくにはまだまだ時間がかかると思いますが、いつか実感できるようになるのかな~と思いつつストイックにならず、楽しんでヨガをやっています。

先日出たクラスで、逆立ちのポーズがありました。私逆立ちできないんですよね。腹筋もまだまだ弱いしささえるなんてとんでもない~!って。参加している人数も少なかったせいで、ひとりひとりが順番にやることになってしまいました・・・。先生もとても明るい方で"Let’s try!"大丈夫だから、やってみる~?と決して押し付けるわけではなく、結局私もやることに(笑)
結果全然駄目駄目でしたが、足もあがらない自分に半分あきれ笑いしながらも無理やり足をあげてもらってなんとかかんとか(苦笑)
でも、終わるとひとりひとりにみんなで拍手!なんですよ~。できるできないではなく、チャレンジする心意気に拍手ってことなんですよね。

そんな空間でヨガができること、最近とてもうれしく思います。
終わった後いつも気分よく帰ることができます、元気をもらっていますね、しっかりと。

ナマステ~私の光があなたを照らし、あなたの光が私を照らすというような意味だそうです。
(インドのあいさつの言葉だと思っていましたが奥深い意味があるのですね。)

そういえば~先日友人に誘われ、ジャワのワヤンを見てきたのですが、ワヤンの歌(詩でしょうか?)の最後が必ずオーン(って言っているように聞こえました)というマントラで終わっていました。ワヤンを見たのは初めてと言ってもいいくらいで詳しくはわからないのですが、もともとワヤンも"ラーマヤナ"や"マハーバーラタ"からの演目らしいですので、サンスクリット語と関係あるのでしょうね!きっと。

a0036499_0113552.jpg

ということでこんな気分でしょうかね~。
[PR]

by warna-warni | 2005-11-05 00:13 | YOGA | Comments(8)

手軽にステイ~tegal sari

前回のウブドはひとりで滞在&徒歩圏内で食事ができ&ウブド内無料送迎がついているということで再度トゥガル・サリに宿泊しました。

希望していたおニューの部屋は予約がとれず、唯一予約できたので一番安いスタンダート@Rp250、000朝食付きのお部屋でした。おまけに2泊+1泊の移動つき(汗)
但し理由はわからないのですが、結局移動せずに済みましたのでよかったですけどね。
a0036499_22372334.jpg
シングルベッドがふたつ。ひとつは荷物置きと化していました。



a0036499_22374358.jpg
シンプルな洗面台。奥にちらっと見える棚が案外便利です。手前のドアはトイレ&バス。
バスタブもあり、お湯の出も大丈夫でした。さすがにシャワーだけにしましたけど。ドアはベニア板のようで以前ロスメンだった名残がしっかりあります(笑)


a0036499_22445875.jpg
ここが泊まった部屋。1号室です。フロントに近く便利でした。このテーブルで朝食を食べたり、ぼけ~としながらビールを飲んだり。暮れなずむ空の色の変化をじっくり眺めることができなかったことが心残りでしょうか?



a0036499_22445077.jpg
目の前は、小さな池があり、ウォーターリリーが咲いています。その奥にタンボが広がっています。残念ながら滞在時は禿げタンボでした。

TVはないですが、このクラスでセイフティ-BOXが部屋に完備。さすがに水は有料ですが、バリコピや紅茶がいつでも飲めるようにポット(水は入っています)とカップが部屋にセッティングというのもやるな~と。
多少ぬけたところもあるスタッフもいますけど、いつも笑顔で、要求したことはしっかり対応してくれるし、いつも気持ちよく滞在できるアコモだと思います。
9月中旬で朝食にマンゴージュースもあったのが嬉しい誤算でした♪

フローティングフラニーよりTB。
[PR]

by warna-warni | 2005-11-04 23:03 | bali hotel | Comments(2)

ビュッフェもなかなか~!

ウィンザーの朝食つながりで、今度はコンラッド@バリ。
たんたん日記ウマウマな朝ごはんからトラバ。

実は私ビュッフェっていまいち好きじゃないかなって思っていました。でも、今回コンラッドに泊まってから考え方が変わりました。好きなものを好きなだけいただけて、でも、選択肢が多くなければ駄目ですよね~。

a0036499_2225652.jpg
生ハム、サーモン、チーズ、ピクルス、オリーブはもちろんのこと、ナゼかキムチがあったのは不思議。
生ハムは、メロンならぬパパイヤに巻いて食べてみました。マンゴーがあれば・・・。
卵はオーダーで作ってくれますが、他にもワッフルを焼いてくれます。
滞在時人がとっても多かったのでいつも列になっていましたが・・・。
他にローストチキンもあり、とりわけてくれます。



a0036499_22293215.jpg
それから、なんと ミーバッソがありました。お願いすると作ってくれてトッピングは自由。
これが思ったよりプダスでしたので、スディキ!とお願いしたほうがいいかも~。
このメニュー、ミー好きな、但し、朝からミー・ゴレンは食べたくない私にはとってもうれしかったです。もちろん、ブブ-ルもあります。

残念だったのは、ジュースがオーダー製でこちらが要求しないと有無をいわさず、オレンジジュースが出てくること。但し、他のものが飲みたい場合は、オーダーすれば大丈夫でした。
オレンジ・ジュースでいい?と聞かれるので、選択肢がないのかと思ってしまいました。



a0036499_2235137.jpg

朝食は、SUKUにて。メインプールの前です。喫煙席はどうやら外のようでした。
ホテルのキャパのわりには、レストランが小さいかな?という印象。時間をずらして遅めに行くと比較的すいていてのんびりできると思います。
[PR]

by warna-warni | 2005-11-01 22:45 | bali hotel | Comments(4)