ELLORA VILLAS

サヌールのタムカミ北に位置するエローラヴィラを見学してきました。
歩いていて偶然見つけたこと、友人からもできれば見てきてとの指令もありまして。

パブリッシュレートで1bedで$195net、2bedで$250net。部屋数を聞いたのですが、すっかり忘れてしまいました。
プライベートプールはもちろんあり。しかも1bedと2Bedとプールの大きさはそれほど変わらないように感じました。
今ならかなりお得な料金で滞在できるようなので便利な場所ですし、なかなかお買い得かもしれません。(あくまでハードのみ)

a0036499_22422897.jpga0036499_22443235.jpg


左 うすいグリーンの壁に植物がいい感じで映えてます。やっぱり無機質な感じよりは生のグリーンがあるほうがいいですよね。

右 2bedのベッドルーム。2Bedのお部屋は同じ作り&設備だそう。

a0036499_22474185.jpg

ダブルシンクはお約束。

a0036499_22483984.jpg

バスタブはまん中にででーんとあります。バスルームもフローリング。

a0036499_22502986.jpg
隣のシャワールームも同じタイルがはめこまれています。
シャワールームは、レインシャワー&手動式とふたつあり。外シャワーもありました。


a0036499_22532058.jpg

小さいバレもありました。

a0036499_2256799.jpg

リビング&キッチンはプールの隣に。

a0036499_22572738.jpg

こちらは1bed villa。1bedの作りも2bedとほど同じ。バスルームのバスタブが黒でした。

そして、ベットの後ろには
a0036499_22591348.jpg

かなり大きなクローゼットがあります。これは便利だし、ガラスを使用してなかなか洒落てますよね!

個人的にベッドルーム&バスルームにフローリングを使用しているところが気にいりました。
インテリアは、特に目新しさは感じませんでしたが、画像の角度だとわかりにくいですが、
プールの大きさもまずまず泳げるくらいはありますし、他にビーチクラブもありとスミニャックのヴィラと比べてもお手頃ではないでしょうか?
[PR]

by warna-warni | 2006-11-29 23:07 | bali hotel | Comments(2)

ワルン礼賛~Part4 Warung Wapo 

サヌールでシーフードといえば、ご存知昼間は車修理工場らしい~実際に確認したことはない~チャイニーズ系のワポに何年ぶりかで久しぶりに行ってきました。普段サヌールに滞在する機会がないので、なかなかいけないのですが、好きなワルンです。

a0036499_032484.jpg

この画像だとあまりおいしそうに見えないのですが・・・、普通にシンプルに頼んだ Ikan bakar。ライムをしぼりつつ、サンバルとクマンギで食べる魚はうんまい!魚はもちろん選べます。レシートをみるとこれでたったのRp35,000でした。
お皿はジェンガラのリーフモチーフを彷彿とさせますが、プラスチック製です。(がんばってますね。)

a0036499_073359.jpg

こちらはudang。オイスターソースの味付けでやはりほっとする味。

a0036499_08366.jpg

もちろん、cah kangkungも。これに nasi putih とbintang besar1本、 es teh, es juruk などで1,000円くらいです。

らいださんところにもワポが紹介されてまhしたので、TBさせていただきました!

2次会はぐっと雰囲気も違うこちら
[PR]

by warna-warni | 2006-11-28 00:30 | bali warung | Comments(0)

tandjung sari 続部屋編

続編です。

a0036499_218529.jpg
ベットの隣は、化粧ができるデスクといすと鏡があります。
わかりずらいのですが、鏡に映っているのがクローゼット。収納力もバッチリです。

ここから先は、バスルーム。カーテンで仕切るタイプ。このお部屋、部屋内に一切ドアがないのが特徴。


a0036499_21141948.jpg

バスタブ&シャワー。お湯の出も問題ありませんでした。
このタイプですと気をつけないと気がつけばバスタブ外がびしょびしょ・・・ってなことに。

坪庭に外シャワーもありますが、夜は・・・。
a0036499_21363452.jpg

もちろんタンジュンサリに使われている陶器はいうまでもなくジェンガラ。
石鹸は、バリらしいチュンパカの香り。



a0036499_2191017.jpga0036499_2132185.jpg


反対には洗面台。洗面も蛇口のとっても古いものです。めずらしい作り。
タイルが変わっていますね。バリのものではなさそう??
そしてなぜか洗面台の脇にビデがありました。

その隣はトイレ。こちらにも同じタイルが使われています。


a0036499_2139448.jpg

床もアンティーク。よーく見るとけっこうユーモラス。いろんな動物が描かれています。
私が滞在した部屋は、床もタイルも青バージョン。茶色バージョンのお部屋もあるようで、
雰囲気もぐっと変わりそう。

a0036499_21424518.jpg

10号室の概観。たしかに古い建物ですが、お部屋はとっても清潔だし、壊れているなどの問題もなくメンテナンスもきっちりされているのではないかと感じました。

a0036499_2143542.jpg

外にはバレがあります。門などでしきられているわけではありませんが、ヨガもできる充分なスペースがあったので、ちょっぴりヨガも行いました。

お部屋にないもの、テレビ&セーフティBOX。もちろんCDプレイヤーなどもありません。
アメニティもごくごく最低限のものしかありませんしね。

個人的にテレビがないのは問題ないのですが、音はほしかったかなと。
実は、i-pod用の小さいスピーカーを持っていたのですが、あわてて家を出るはめになったため、肝心の本体を忘れまして・・・。とほほ。。。
[PR]

by warna-warni | 2006-11-23 21:58 | bali hotel | Comments(14)

1962年生まれ~tandjung sari

実は初めてタンジュン・サリに行きました。以前近くのグリアに泊まっていた時、朝の散歩で
海側からプール、レストランを見たことはあります。その時、人気が全く感じられなかったので、さびれている・・・。と思ったもの。
やはり第一印象(も大事だけど)だけでは騙されてはいけませんね。a0036499_23353030.jpg

こんなに歴史のあるバリのホテルに滞在したのは初めて。温故知新。古いもの=使い勝手が悪い、設備が整っていない、ぼろいなどとマイナスイメージもあります。しかし、タンジュン・サリは、たしかに古い!趣味も昔のバリ風、イマドキじゃない!と感じる面もありますが、それを覆すほど、古い=年季の入ったアンティーク、バリ風=それほどコテコテじゃないからOK!、イマドキじゃない=逆にモダンヴィラ乱立のご時勢、しっかりバリを感じるインテリア、いいんじゃな~い?となぜかプラスに思えるような、私にとっては、滞在して大好きになったホテルです。

何か特別なサービスがあったわけでもありませんし、特別にスタッフに親切にしてもらったというわけでもありません。さすが!と感心することはありましたけどね。

普段出歩く私が、ここはのんびりしたいと思い、日差しの高い時間はビーチで、プールで、レストランで本を読んだり、眠くなったらまどろんだりと、予定に追い立てられることなく、なんにもせず過ごして感じたこと。

きっとここは、静かにそれこそいろ~んなゲストや出来事を見てきたんだろーな~、けっして派手じゃないけど、円熟した大人の色気、魅力があるホテルと感じました。
ってそう感じる私もしっかり年をとったってことですね・・・。
10年前に訪れていたら・・・、こうは感じなかったかもしれません。

と前置きが長くなりましたが、

滞在したヴィレッジバンガロー10号室へ
[PR]

by warna-warni | 2006-11-21 23:51 | bali hotel | Comments(6)

老舗の魅力~伊豆玉峰館

昨日、友人と飲んでいた席で伊豆の峰温泉の玉峰館の話が出て懐かしく、思い起こしてみました。2002年3月に滞在した時のものです。

玉峰館といえば、和とアジアの融合がうま~く溶け合っている旅館。けっして新しい建物でも、流行のヴィラスタイルでもありませんが、やはり年月を経てきた味わい深い、年輪を重ねてきた風情あふれるお宿でした。

a0036499_21332610.jpg

2階建てのまさに日本の旅館!玉峰館は湯もいいんですよ。自家源泉櫓からひいているかけながしの温泉。

a0036499_2136366.jpg

お部屋は畳の和室。バリのアンティーク家具が配置されたお部屋はひとつひとつ違うようです。

a0036499_21393647.jpg

温泉は全部で5つ。貸切形式と男女別のお風呂など。画像は半露天の貸切風呂。

a0036499_21441970.jpg

庭からロビーを眺めた図。

a0036499_21444714.jpg

上は、書斎。下は温泉へ続く廊下。

a0036499_2145287.jpg

蔵を改装したというバー。間接照明のほの暗いとっても落ち着ける空間。

a0036499_23555568.jpg

バリからもってきた家具や小物やオブジェがいっぱいのスペースもあります。
オーナーは西城秀樹のバリの別荘をコーディネートした人物のはず。それこそ何十年もバリへ通っている方らしいです。

食事もとっても美味しいんですよ~。基本は懐石なのですが、私が宿泊した時は、エスニックや洋の味も混じっていて、味に変化があって最後まで楽しめるお食事。

久しぶりにHPを見たら、以前よりも値段も安くなってい案外泊まりやすい。
ここはまた行きたい旅館。

但し、これといった眺望がないのが惜しいところ。
[PR]

by warna-warni | 2006-11-18 22:03 | 旅 perjalanan | Comments(4)

お・せ・わ~に なりました~♪

a0036499_125483.jpg

結局このカウンターに座ってだらりと過ごすことはできなかったけど・・・。

a0036499_126847.jpg

レモンスカッシュをいただき、ビーチでまったり~。

a0036499_1282019.jpg

もちろんビンタンをぐびーっといただいたり~。

a0036499_1292424.jpg

月夜に誘われて、お茶をいただいたり~。(ろうそくの灯りのみで写真は断念)

なにかとお世話になったtandjung sari のbar。

いつももれなくついてくるウンピンがうれしい~!

私がカウンターで飲めなかった変わりといってはなんですが、夜のカウンターでビールをいただくの図はフラニー嬢のところで気分を味わってくださいまし!
[PR]

by warna-warni | 2006-11-15 01:35 | bali hotel | Comments(8)

batik~ジャワの更紗に魅せられて

たった一枚、たかが布、されど布・・・ですが、バティックなどの染織・イカットなどの織物にナゼか魅せられてしまいます。持っていたところで飾る場所も限られているし、かといって民族色の強すぎるコテコテのものは、所詮うさぎ小屋の我が家~マンション暮らしにはとけこまないことも多い。。。

それでも、出会うとついつい手にいれたくなる・・・。私の布の買い方は直感型。
布は好きな方だとは思うが、かといって熱狂的でもない、たまには日本でも展覧会などあれば、できるかぎり行く努力はする程度、今までもそれほど多くの布を見ているわけでも目利きでもけっしてない。

今までの買い方をたどると・・・、店にすいよせられるように入っていく(ガイドブックに掲載されているような有名店ではあることは稀)→ぱっと見て目にとまったものが必ずある→自分が納得できる価格だったら買う@要交渉。だから相場がいくらか?などは知りもしない。

とにかく気にいったら、これはよばれているんだわ~っと都合のいい解釈の元、お持ち帰りしてしまう。

ジャワのトゥバンといえば、手織り布にトゥリスで作成された厚みのある素朴な感じのバティックで有名な産地。ウブドのとある店がその専門店だった。地味な店ながら今でもきちんと健在している模様。
“100年も前のアンティーク!”といわれた布は、“絶対うそ!だってそれほど布が歴史を経てきているように見えなかったから”と思ったものの、そういわれる前から目をつけてしまっていた。

結局、真偽のほどはよくわからないが、丁寧に作成されていることは素人の私でも見ればわかるし、いわゆるみやげものやで売っているそれらの布とは一線を画している、綺麗な藍に魅せられて、気がつけばその場でハイ!交渉成立!
もちろん後悔はしてません。だって、布は出会いが大切だから@都合のいい解釈

と前ふりが長くなってしまいましたが。。。
私が出会ってしまったけど、所詮私には高嶺の花すぎて購入できなかったバティックをどーぞ。
分不相応と感じたものは潔く身を引くことも大切・・・。

a0036499_020152.jpg

こちらは、2006年5月。ウブドにて出会ったお宝(私にとって)
私この布、ジョグジャのものとばかり思っていましたが(でも店の人がそう言ってたような・・・。)
チルボン・プカロンガンなどいろんなモチーフが混じっているような気がしてます。

これ、ぜーんぶモチーフが違うんです。もちろんtulisです!しかも、モチーフの名前も入ってます。この布、そこそこ古いものだったこと&某有名店だったこともあり、値段はなんと4jutaをかる~く越えており、きっぱりとあきらめましたです、ハイ。。。

そうしたら、2006年10月、ところ変わり、スミニャック。宿に戻るジャラン・スミニャックを歩いていると、1軒のバティックやを発見。(もちろんあくまで戻る途中ですよ!)

扉をあけてみると・・・一番最初に飛び込んできたものは
[PR]

by warna-warni | 2006-11-10 23:48 | 好きなもの saya suka | Comments(10)

サンデーブランチ@ブラッセリー「セリーズ by ゴードン・ラムゼイ」

a0036499_23481330.jpg
シャンパーニュ飲み放題に惹かれて再び行ってきました、ゴードン・ラムゼイ@コンラッド東京。鬼嫁仲間の友人といっしょに。日曜日は昼シャン。にTB。あえて違うメニューを選択したのでどーぞご覧くださいまし。

アミューズから
[PR]

by warna-warni | 2006-11-06 23:43 | 飲み食い minuman&makanan | Comments(4)

まっとうなインドネシアン CABE目黒店

突然だったのですが、久しぶりに目黒のcabeに行ってきました。
目黒駅から歩いて、ゆうに10分はかかるという道のり。
久しぶりに歩いたらところどころお店も変わっていたりして、途中アジアンインテリアの店などもひやかしつつ(しっかり買い物してしまいましたが・・・。) 夜道を歩いていきました。

画像はないのですが、ハイネケンの生ビールとウンピンで乾杯!

a0036499_0124411.jpg

まずは、なぜかトート・マンプラ。インドネシアンなのに、なぜ?って感じですが、これがまっとうなタイ料理!ハーブもしっかり利いているし、うまい!

a0036499_0162860.jpg

Tumis Kangkung でございま~す!もやしやピーマンもはいりつつ、バワン・ゴレンもしっかりふりかかっているあたりうれしいじゃありませんこと?これも文句なし!

a0036499_0181341.jpg

こちら、bunbu bali 。ご飯がすすむと書いてあるとおり、ナシ・プティといっしょにいただきました。卵・鳥・牛・魚とあり、鳥を選択。
辛い中ににほのかな酸味がかくれていて(タマリンドかな?と話していたのですが)美味しかった。バリでも食べてみたい!

a0036499_0211083.jpg
 
インゲンのココナッツフレークサラダ。こちらも美味しい!

これに、ハーフボトルのスプマンテ&赤ワイン1本で、ひとり約4000円です。
チャベってこういうエスニック料理系では、もともとアルコールは充実しているほうなのですが、今回行ったらワインもけっこうそろっていてうれしい限り。

それに、最近よくある箱だけはバリ風のインテリアを意識した、なんちゃって!という店が多い中、ここは一線を画しているお店だと思います!強くプッシュできるお店です。でも、場所がね・・・。
[PR]

by warna-warni | 2006-11-05 00:27 | 飲み食い minuman&makanan | Comments(4)

BALI BOTANICA DAY SPA@UBUD

久しぶりにSPAネタ。ヨガをはじめてからそれほどスパで揉んでほしい~という欲求が以前よりなくなってきたのは事実ですが、やっぱりスパめぐりはやめられません。

今回のバリ滞在で期待していたのがこちらの町スパ。
元々は、ノースバリでマネージメントしていたZEN Lifestyle Energy Resort Baliのスタッフがあらたにオープンさせたスパ。(現在もホテルはそのまま営業してますが、マネージメントが変わってます。)

ここのリゾートに滞在した2年前、初アーユルヴェータのマッサージ&初ヨガ体験による不思議な体験をして(担当のIyan氏は2時間半後のマッサージの後私の毒を受けて、お腹が痛く寝込んでしまったおまけつき)私がヨガっていいかも?と思い、ヨガをはじめるきっかけとなった私にとってはある意味ありがたい体験させていただいたスパということで、オープンを知り予約して行ってきました。

残念ながらご指名したかったヨガインストラクターでもあるIyan氏はカナダ旅行中ということで氏のマッサージは受けることができませんでしが、元々ZENのスパで働いていたスタッフのアーユルヴェータマッサージを受けることができました。

私が今回受けたのは、GOOD MORNING!という4時間のパッケージ。シロダーラを含む2時間半のアーユルヴェータ・マッサージ&スクラブ&フラワーバスでRp495,000という町スパならではのお得感あるパッケージ。もちろんウブド内であれば送迎も無料です。

スパへどーぞ
[PR]

by warna-warni | 2006-11-04 02:41 | bali spa | Comments(16)