ブラックに惹かれて・・・

春先というと思い浮かべる花は?チューリップ、スイトピーといった花や、パステル系の色の花が多いような気も。私の場合ですが、パステル系の色って好みじゃないんです。花ははっきりした色が好きで、白も好きな色。

昨日、たまたま花屋を見た時も感じたのですが、意外とこの時期、ほんわかした色の中に主張する濃い色の花達が多いことに気づきました。

ということで、ブラック系の色を集めたアレンジ。

a0036499_16491266.jpg


花の世界では、ブラックといってもいわゆる“黒”ではありません。
カーネーションも変わったパープル系で、この花はある決まった生産者(企業)しか作っていないのだとか。
スイトピーもパープルだと大人な印象ですね。

花器は、紙袋を使用しました。よーく見ると、どこかの・・・。
[PR]

by warna-warni | 2007-02-24 16:56 | 花 bunga-bunga | Comments(4)

二期倶楽部~ディナー@ガーデンレストラン

今年もいっしょに行ったクルちゃんの満腹で満足、満足。 = 二期倶楽部 ディナー編 =にTBしつつ、内容は・・・いっしょですわ。

毎年、東館泊なら、ガーデンレストランというしばりがあったのですが、今年のプランは本館のラ・ブリーズも選択も可だったので迷ったのですが~個人的にラ・ブリーズのお食事が美味しくかつレストランの雰囲気も好きだったので~初めて行く友人もいるし、移動も面倒かもということで、今年もガーデン・レストランでいただきました。

ガーデンレストランはグリル料理が中心、ラ・ブリーズ(本館)はフレンチです。

今年もコースをいただきました。

a0036499_15362347.jpg

アミューズは、スモークした鱒の野菜巻き?とパンチェッタの一口キッシュ(だったかと)。

ワインは、部屋ですでにウェルカムスパークリングワイン(カリフォルニア産)をいただいていたので、この時はジンファンデルをチョイスしてみました。
ジンファンデルは、カリフォルニア独特のぶどうの品種。普段、カリフォルニア産って飲むことがほとんどないので、新鮮でした。香りはフルーツ系の甘さがきわだった感じなんだけど、タンニンはほどよくしっかりあり、この時“カベルネほど重すぎず、中重くらいのワインが飲みたい!しかもコスパフォよしな”にぴったりあっていたかも。ソムリエに聞くものですね。ちなみにガーデンレストランのワインリストはカリフォルニア産が中心です。

a0036499_15455482.jpg

“ドンブ産のウズラ、フォアグラと森のキノコのプレッセ ポルチーニの薫るソース
那須高原で採れた彩り冬野菜のクリュディテとフルーツを添えて”


長い名前です(笑)テリーヌも美味しいけど、野菜が美味しいの~!!いちじくも美味しかった。

a0036499_15492935.jpg

“ゴルゴンゾーラチーズ、栃木コシヒカリのリゾットと放し飼い那須御養卵
比内地鶏と椎茸のツクネ セミドライトマトとローズマリー風味のソース”


リゾットはいえ、付け合せが凝っていて楽しい~!この卵、翌日洋食を選択した友人の卵を見たのですけど、黄身がめちゃくちゃ濃いのですわ。

ここからメインです。チョイス可。ものによってプラス料金設定あり。
まずは、魚。
a0036499_1552396.jpg

“魚河岸より本日の冬の鮮魚と那須高原野菜の“ボルシチ仕立て”2006 冬
ハーブグリッシーニとディルサワークリームの香り”


ボルシチって通常肉ですよね?でも、なかなか美味しかった。里芋もなかなかいけてましたわ。このあたりでかなりおなか・・・きてます。

お次はお肉
[PR]

by warna-warni | 2007-02-24 15:59 | 旅 perjalanan | Comments(2)

溜息のDalem Jiwo Suite

最終日、GAのディレイでホテル出発が予定より遅くなり、散歩していたらここにたどりつきました。*これは、Dalem Jiwo Suiteを背に見たところ。

a0036499_23534694.jpg


警備と思われる人がいたので、見れる?と聞くとOK!と。

ちょこっと潜入
[PR]

by warna-warni | 2007-02-21 22:50 | yogyakarta&borobudur | Comments(0)

エクステリアは・・・

a0036499_9231648.jpg

ヴィラ内へ

a0036499_923495.jpg

ヴィラ敷地内から

a0036499_9243671.jpg

ここから室内へ入ります

a0036499_9253212.jpg

プールはそれほど大きくありません。これは朝の様子。

a0036499_9263839.jpg

バレ側から部屋

a0036499_9334799.jpg


a0036499_9353721.jpg

ごろごろしていたバレ。ようやくここから斜めにボロブドゥールが小さーく見えます。

a0036499_9364549.jpg

多少ズームを使用してこんな感じ。

a0036499_9423948.jpg

通常見ると塀の脇に小さくこんもりしたものがボロブ。元の画像サイズだとわかるのですが・・・
ここまで小さくするとなにがなんだか・・・(笑)

a0036499_951471.jpg

やはりおさえた色のバティッククッション、グレーのシートとしっくり馴染んでます。
サンブロックのローションはこちらに用意されてます。

夕暮れ時は・・・
[PR]

by warna-warni | 2007-02-18 09:54 | yogyakarta&borobudur | Comments(18)

のんびりとなにもしないリゾート

毎年滞在が恒例となりつつあるこちらに友人達と行ってきました。今年は暖冬で雪がなかったそうですが、前日に降ったそう。やはり冬枯れの時期に訪れるのであれば雪はあったほうがいい!

a0036499_10191981.jpg


いつもはこの時期クローズのはずの初めて滞在したこちらが今年はオープンしているということで見学がてら行ってみた。
a0036499_1021127.jpg

やっぱりこの天井の高いレストラン好きだわ~!!

a0036499_102269.jpg

オープンしてちょうど20年がたち、あとで増築したこちらは約10年の月日がたっているそうですが、重厚でシックな雰囲気はとっても新鮮。

デザインが全く異なるふたつの建物は本当に好対照で、まるで別のリゾートホテル。

こちらはしっぽりと訪れたいかも。
[PR]

by warna-warni | 2007-02-17 23:59 | 旅 perjalanan | Comments(6)

ベットの後ろ側は

まさにアマンともいえるシンメトリーな配置がされています。
a0036499_23135493.jpg

a0036499_23462814.jpg


オープンな造りの同じクローゼットがふたつ。収納もたっぷりできるし、ワードロープもばっちり。もちろんスーツケースをおき、ひろげてもまだまだ余裕。やはりストーゥパからモチーフをとったと思われる格子戸(こちらはフロントと違い斜めデザイン。実物のストゥーパも2種類あるんです。)は全部閉めることもできます。実は格子戸はちょっと重いのですがね・・・。ミラーもとっても大きく、それほど広い部屋ではありませんが、広く思える視覚効果もありますね。

a0036499_2319232.jpg

クローゼットの横には洗面台。タオルもすぐとれる位置にあるし、化粧品をじゃんじゃん広げても問題ありません。使い勝手はいいと思います。
今ではダブルシンクのホテルも多くなってきてますけど、10年前っていうとそれほど多くなかったのではないでしょうか?

a0036499_23243760.jpg

アメニティーも金色を使用していて宮殿さながらのジヲにはぴったり。石鹸はサンダルウッドの香り。これは形は違えどキラもいっしょでした。スパイダーリリーが必ず添えられています。

a0036499_23264091.jpg

ちょっと暗いけど、バスタブ。長いけど、幅は比較的コンパクト。

バスタブを正面に右にシャワールーム、左にトイレが配置されています。トイレは、いい香りが漂っている!と思ったら便座の後ろの床にジャスミンの花が散らされていました。バリではよくある後ろに手をのばしてトイレットペーパーをとるってこともありません(笑)

全体的にデザインに走りすぎていないのでストレスなく使えました。

a0036499_23333665.jpg

持ち帰り可能のジヲのプレゼントはこちらでした。
[PR]

by warna-warni | 2007-02-14 23:49 | yogyakarta&borobudur | Comments(6)

Borobudur Pool Suite

今回の滞在は、Amanjiwo Cultural Trailsを利用。内容は、3泊のホテル代、空港送迎、朝食(好きなものを好きなだけ選べる)、12種類のから選べる3つのアクティビティ込みで US$1,650(21%は別)。もちろん一番お手ごろなGarden Suite。
私は、AMAN利用の際は、マゼランリゾーツさん経由でお願いしてるのですが、“結婚10周年の旅なんです” と事前アピールは忘れずに。

出発もせまった頃、AMANのシンガポール事務所からの予約確認書が送られてきて、内容を見てびっくり! なんとBorobudur Pool Suiteがアサインされている??間違いでは?と思いつつ請求金額を確認するとたしかに上記の価格。これはうれしいアップグレードでは?と行く前から期待に(ない)胸をふくらませてました。

*一部Dalem Jiwo Suiteと思われていた方、期待に沿えずにI'm sorry!

とはいえ、カテゴリーは、Garden Suite→Borobudur Suite→Garden Pool Suite→Borobudur Pool Suite なので、けっこうなアップグレードじゃありません?
年明け早々、幸先いいじゃない。

a0036499_1541017.jpg

フラワーガールの“selamat tahun baru! selamat datang amanjiwo”とフラワーシャワーの歓迎の儀式を受けつつチェックインです。

a0036499_1536171.jpg

ジヲオリジナルのジンジャービール。水・しょうが・はちみつetcを1週間発酵させて作られるそう。ビールといってもノンアルコールです。しゅわしゅわっと美味しい。この時のGAはTOVYさん。日本語が話せました。

とここでGMの自称ショーン・コネリーことショーンさん登場。彼はゲストがチェックインする度に挨拶にきているようです。かなりヤバイ英語でちょっと会話した後、部屋に案内されました。

*ショーンは滞在中毎日会い、会う度ごとに一言二言会話をかわしつつとなかなか働きもののようです。ホテル内をくまなく歩き回っている様子。チェックアウトもしっかりと見送りしてくれました。キラでは一切ありませんでしたから。

私が滞在した14号室
[PR]

by warna-warni | 2007-02-11 16:34 | yogyakarta&borobudur | Comments(16)

はるかなる憧憬

a0036499_11311642.jpg


私にとって、今更アマン?といわれようが、やっぱり憧れのホテル。初めてバリへ行った頃ちょうどアマンダリがオープンしていたことを後で知ることとなる。当時の情報源はFIGAROなどの雑誌から。恋焦れて初めてのアマンは2001年のアマンキラ滞在。それから5年の月日が立ち、今回念願かなって彼方にボロブドゥールが見えるここに滞在することができた。

a0036499_11313666.jpg


曲線美を誇るあなた様は、オープンして10年近くの月日を経て今なおその姿は美しく静謐で、ライムストーンの回廊をゆったりと歩いていると“穏やかな魂”に守られているような不思議な錯覚に陥ることも。

車でアマンの敷地内に入り、いよいよ到着というところで、悠久の歴史を経てきたボロブドゥールを正面に見ることができる計算しつくされた演出にわかっていてもなおだまされたい!って思わせるあなた様。

背後にきりたった丘がせまる椰子の森の中現れる長方形のプール。
a0036499_11315168.jpg


ジャンキーになりたくてもなれないのが悲しいけど、またいつか会いたい!という思いをこめてこれからお届けいたします。


a0036499_1132478.jpg

[PR]

by warna-warni | 2007-02-10 11:36 | yogyakarta&borobudur | Comments(12)

VILLA PLANPLAN

10月に滞在したスミニャックの宿はヴィラプランプラン。ヴィラにしてはお手ごろな値段とオベロイ通り近くにあるということから以前から気になっていたヴィラでした。

場所はジャランオベロイの左手以前ON THE OTHERSIDE(10月時点で別のSHOP~名前は不明~に変わってました)というインテリアSHOPの脇の道を入ったところにあります。

長期レンタルされる方が多いとのことで、朝食はついていません。ホテルというよりもレンタルヴィラという形式になりますね。もちろん毎日お掃除はしてもらえますし、ランドリーが無料というのはうれしい。
HPには記載されていないので通常のサービスなのかは不明なのですが、私が滞在した時は冷蔵庫に入っている種類豊富なジュース&ビールがサービスでした。ホテルのようにもちろん補充はありませんけどね。

a0036499_10333487.jpg
私が滞在した1bedroom standard villaの入り口。同じ敷地内に日本人のご夫婦が住んでいますので安心です。他にsuiteが2部屋というこじんまりしたvilla。



a0036499_10363438.jpg
12mあるプールは充分に泳げるサイズ。プール両脇にSuite villaがあります。



中へどーぞ、どーぞ!
[PR]

by warna-warni | 2007-02-04 11:40 | bali hotel | Comments(8)