ハイアットリージェンシー京都~お部屋編

泊まったお部屋は、ツインのゲストルーム。ホテルHP記載によると部屋の広さは、28-33㎡。せまい部類に入るものの部屋でのんびりが目的じゃないのでまぁゆるせる範囲でした。

a0036499_0365045.jpg

ごくごくシンプルな造りの部屋ですが、着物の古布を用いたタペストリーがアクセントに。この部屋は落ち着いた色調のタペストリーでした。

a0036499_0391454.jpg

ちょっと暗いですが・・・、デスクもありいすも2客用意されています。TVは液晶。

a0036499_0411041.jpg

入り口付近から。クローゼットは全身映るガラス張り。珍しいのが、HYATT REGENCY KYOTOのロゴ入りのダンボール箱と物流会社の伝票が用意されているところ。おみやげ買いすぎても気軽に送付可能。私は、今回は利用せずすみましたが(笑)

バスローブ&ゆかた式の寝間着もあります。

a0036499_044535.jpg

やはり京都らしさなのか、和を意識した陶器の湯のみが用意されてます。

a0036499_045795.jpg

DVD、ホテルインフォ、セーフティーBOXも収納されておりすっきり。

a0036499_1224142.jpga0036499_123676.jpg


左:ベット脇の電源コントロールパネルも表示があり使いやすい。
右:古木を使用したオブジェが壁に。



a0036499_0484222.jpg

洗面もすっきりとまとまってます。伏見の水が用意されてました。

a0036499_050611.jpg

アメニティも引き出しに入って。この部屋はハイアットブランドのものでしたが、もっといいお部屋ですと海外でも人気らしい京都発コスメブランドの“chidoriya”のものがあるらしい。スパRIRAKU でも使用されているもよう。
ちなみにフィットネスのジムとサウナなどは宿泊者は無料で利用できるようでした。

a0036499_0575943.jpg

バスルームは、トイレ、バスタブ、シャワールーム一体型ではなく、珍しい日本式のお風呂。トイレも別室。しかも、このヒノキのいすが秀逸。よくあるお風呂用のいすって高さが低いですが、こちらのいす使用してみてとってもラクでした。

バスまわりは部屋の広さのわりにはスペースが確保されているのはいいのですが、日本式故の欠点があり。部屋との仕切り戸がほしかったかも。着替えもへたすると丸見えになってしまうってことに。一人泊まりなら問題ないですけどね・・・。
[PR]

by warna-warni | 2007-03-31 23:30 | 古都pelan-pelan | Comments(4)

sunset in Legian beach

忙しい毎日ですが、しばし現実逃避・・・。夕焼けシリーズ第三弾(笑)

久しぶりに訪れたジャラン・ダブルシックスどんずまりを左折したあたりは、なにやら大きく様変わりして・・・。たしか新しくアウトリガーができるあたりかな?ビルディング建設中でした。

a0036499_23505573.jpg


雲が多いほうが沈んだ後の余韻は楽しめるのだけど、これこそ正しきザ・サンセット!
見事に海に落ちてゆきました。

それからレギャンビーチの人出の多さに本当にびっくり!!

a0036499_2353489.jpg


a0036499_23564880.jpg

サンセットを見たのはこのレストラン。どこかで見たことある看板。
そうスミニャックにあるワルンのレストラン版。

この素敵なサンセットを一緒に堪能したのは、美男美女の素敵なご夫妻。イタリアンをつまみにビール、スパークリング・赤ワインとススム、すすむ~。

この時他にも同席していた子達
[PR]

by warna-warni | 2007-03-29 23:46 | bali warung | Comments(6)

お気に入りの夕焼けbar

前回のバリ滞在時、いよいよ帰国時、スパでさっぱりした後ひとりむかったのはこちら。

a0036499_083286.jpg

私が南部でリピートしているあのホテルのレストランのbar。カジュアルなbarなんだけど、スタッフがきびきびと働いている様を見ながら、夕陽を待ち、ぼけーとする時間が私にとっては貴重。

a0036499_0124429.jpg

やはりまずはこれでしょ!

当初ひとりディナーの予定だったのですが、さみしがりな私は在住友人を誘い(いつもつきあってもらって感謝!)にぎやかにディナー。

a0036499_0134072.jpg

この日も綺麗な夕陽を拝めたな。雨季にもかかわらず、三日連続で毎日それぞれ違った夕陽を見れたのはよかった!

ということで、そろそろバッテリー切れ。この夕陽を見に(充電しに)また出かけたくなってきました(笑)
[PR]

by warna-warni | 2007-03-25 00:06 | bali hotel | Comments(10)

和洋の融合~ハイアットリージェンシー京都

滞在中、ホテル内にあるSHOP(ここがまたちょっと心をくすぐるものをおいてるセレクトshop的)の方と話している時、あらためて気がついた。現二期倶楽部本館、後で増築された以前新館と呼ばれていた同じ建築デザイナーによってデザインされたホテル。

はっきり言って、部屋は狭い!けど、また泊まりたいなと思ったホテルでした。

a0036499_9371388.jpg

翌朝、トラットリアセッテのコーヒーサービスが入り口脇にさりげなくおいてあり。もちろん無料。朝食を食べていなかった&寒い朝だったこともあり、散歩をかねての寺めぐり。あたたかいコーヒーを持ち、すすりながらまわれたのはうれしかった。

a0036499_9485313.jpg

透かし組の天井がとっても印象的なロビー。まんま和を前面的に主張するわけでもなく繊細で素敵。

a0036499_9535071.jpg

フロントに飾られている花あしらいも一瞬野菜の葉のように思えるかわいらしい八重のチューリップから、翌日はぐっと雰囲気も変わり大人な紫のヒヤシンスに。

チェックアウト後、荷物を預かってもらい、京都散策を続け、夜になってホテルによりつつ荷物をピックアップ。お見送りのホテルウーマンの“またぜひお越しくださいませ!”という心のこもった言葉も印象的。

コンシェルジェデスクで京都一日バス乗車券も買えます。
[PR]

by warna-warni | 2007-03-24 10:02 | 古都pelan-pelan | Comments(2)

フラッと旅~古都を訪ねる

ナゼか急に行きたくなり週末を利用して久方ぶりにこの地へふらっと。

a0036499_113738100.jpg


碁盤の目のように張りめぐられた小道を歩いているとナゼかシーサーに出会ったり。

a0036499_1140364.jpg


ホテル近くにあったお寺を訪れるとそのお寺の佇まいと静謐さに心打たれたり。

a0036499_1144918.jpg


中国から伝わってきたという唐紙の雲文に心ひかれたり。

a0036499_11474211.jpg


祇園の町で餃子に出会ったり。

a0036499_11544547.jpg


まだまだジョグジャ&バリの旅も終わってませんが、古都も折りまぜながら。
って、ジョグジャもこちらも古都つながりだ!
[PR]

by warna-warni | 2007-03-21 11:58 | 古都pelan-pelan | Comments(6)

ボロブドゥールのゴッドハンド

a0036499_22475650.jpg

初日、この旅でまだ全身もまれてないぞ!ということで夕刻スパの予約をお願いしました。

今回のプランで選択できた“jetlag treatment”を申し込んでいるつもりでした。
SPAはヴィラのひとつを使用しているので、そこで受けるかヴィラにきてもらうことも可能。私たちはスパヴィラで受けることに。セラピストの性別・マッサージの強さなどもちろん事前に確認されました。

a0036499_22582424.jpg


さてさて時間になって、ヴィラに行ってみると年配のibuがふたり待っていました。
ここで、???と気がつくべきだったのかも。サロンに着替えて、ベットにうつぶせになった時もまだ気がつきませんでした。たしか首・肩・背中のマッサージの後、オイルで足のマッサージといった内容だったはず・・・。マッサージオイルがしっかりとベットの脇に用意されている?

と足から軽やかな手さばきのマッサージが始まった時の驚きといったら!
このibuタダモノ者じゃないことは、素人の私でもすぐにわかりました。それからの1時間は、イタ気持ちいい、しかもからだのスジの流れにさからうことなく、びっくりするくらい的確にツボに入っていくマッサージにただただ1時間身をゆだねるばかり。とにかくツボをぐいぐい押すだけのマッサージではなく、なんというかリズミカルでまさに“jari menari”という表現がぴったり!強弱具合が絶妙!終わった時にはもっともっとマッサージしてほしい!という気持ちでいっぱい!

何もいわなくても悪い部分を重点的にせめてくれるのはいうまでもなく、からだがとっても軽くなっているし、血行がよくなっているせいか汗もうっすらかいてる。

ibuの名前は、“Diriah”。小さくてとっても華奢なおばあちゃん。
なんとなく亡き私の母方のおばあちゃんを彷彿とさせる雰囲気も持ち合わせていて、英語はほとんど話せないらしいのですが、“またおいで!”といわれた気がしました。

後で知ったのですが、Dukunと呼ばれる生まれつき特殊な能力を持ち合わせたibuでした。
しかもホテルのインフォメーションにしっかり名前も紹介されているibu。
なにも知らずにマッサージを受けた私はとってもラッキーだったようです。
ちなみに男性のDukunもいるようですよ。
ということで、うれしい誤算のマッサージは、“pijat traditional”でした。

これはお奨め!翌日ももちろんご指名で受けましたとも。
再訪のあかつきには、絶対ご指名です。
[PR]

by warna-warni | 2007-03-13 23:33 | yogyakarta&borobudur | Comments(8)

イラスト会話ブック バリ島

最近手に入れた会話本です。この手のお気軽な本としては“指差し”が有名ですが、この本なかなかあなどれません!

a0036499_23535291.jpg


はじめよう、歩こう、食べよう、買おう、極めよう、伝えよう~と実践で使えそうな場面ごとに学べるのが秀逸。値段も1,000円(税別)だし、コンパクトなサイズも持ち歩きにはいいかも。

使えそうなので次回の渡バリの際はもっていこうかと思ってます。

a0036499_2354731.jpg


食べよう!の章ではこのように実際の写真付なのがそそられます・・・。

ちなみにジョグジャ名物のgudeg~ナンカや鶏肉等が入った甘系の煮物、ワルンでは試せませんでした。
[PR]

by warna-warni | 2007-03-09 23:41 | bali macam-macam | Comments(6)

ボロブドゥール~ミスティカル・エレメント

このツアーは絶対お勧め!ボロブ近郊に泊まってこのツアーに参加しないのは、はっきりいってもったいない!です。
ジヲに泊まらなくてもハイヤットや旅行会社のツアー、唯一taman borobudurにあるマノハラホテルでもこのツアーに参加できるはず。
公園の開門は6時なので、ツアーに参加しないと早朝のボロブドゥールはおがめません。

早速1泊目の翌朝にいこうと予約したのですが、夜は大雨・・・。もしも雨が降ったら中止ということで、4時のモーニングコールで目覚めました。幸い雨はすっかりあがっていました。

ロビーに行くとペストリー&コーヒー&フレッシュオレンジジュースの用意が。
ま、それなりにけっこうなツアー料金を払っていますからね・・・。

a0036499_21392324.jpg

私は、チョコレートペストリーを食べましたが、生地がサクサクで日本で食べるものと同じ。かなり美味しかったですわ。
まだまだ半分寝ているからだを起こし、出発です。もちろんゲストごとにドライバーと車が用意されています。

マノハラホテルによって、足元を照らす懐中電灯をいただき(これが入場料もかねているのでしょうかね?)ボロブドゥールに着いたのは5時前。
a0036499_21462554.jpg

夜はまだ明けてません。~ブレブレですが、ご容赦を!
まっすぐに階段を上って頂上へ向かいます。階段は思ったよりも急だったけど、懐中電灯は使わなくてもOK!ジヲの運転手は、頂上まで案内すると、記念撮影の写真をとってくれた後、あとは好きなだけご自由に!ということで特に時間も決められずに去っていきました。

a0036499_2149462.jpg

まだまだ暗い。ここからは変化していくボロブ&サンライズを堪能くださいまし。

a0036499_2158583.jpg


a0036499_2233379.jpg


a0036499_2235743.jpg


a0036499_2254622.jpg


a0036499_226659.jpg


a0036499_22193079.jpg


a0036499_2210502.jpg


a0036499_22111142.jpg


刻々とその表情を変えていく様はただただ言葉もなくみとれるだけ。
朝靄が時にジャングルを覆ったり、その姿を浮かび上がらせたりととっても幻想的な光景でした。
ムラピ山(もうひとつの山の名前がわかりません・・・)からの来光は7月だそうです。

1月はムラピのかなり右側からの来光でした。

ほんの数分瞑想のまねごと・・・
[PR]

by warna-warni | 2007-03-01 22:24 | yogyakarta&borobudur | Comments(24)