「ほっ」と。キャンペーン

ASTON SUNISLAND バスルーム

ベットの後ろがそのままバスルームという造り。
女同士やまだまだ付き合い初めのカップルでの滞在だとちょいと気になるかも・・・ですね。
やはり女子たるもの、舞台裏は見せたくない・・・ですよね?
a0036499_1002225.jpg

バスタブはベットの後ろ・ダブルシンクの洗面台にトイレにシャワールーム。
シャワーはレインシャワーのみ。

a0036499_959501.jpg

この深いグリーンのガラスシンクがツボ。でもこのスタイルって水がはねるんですよね・・・。
アメニティもいたれりつくせりってくらいキッチリそろっているところはASTONブランドなんでしょう。ブラックを基調にしたインテリアなので、カラーがバッチリきまります。

a0036499_1073515.jpg

ひとつだけどタオルハンガーもあるし、引き出しもあり収納もしっかり。
ちなみに引き出しの中の箱には、
a0036499_10113071.jpg

ソーイングセットまで完備。

a0036499_10125986.jpg

バスタブは大きすぎずにちょうどいいサイズ。バスソルト&シャワージェルもあります~!

a0036499_1031568.jpg

逆サイドから。ドアがあるのでプールから直接バスルームへ入ることも可。
クローゼットは、
a0036499_10323639.jpg

バスローブや写ってないけどスリッパもあります。
奥は、棚になっているタイプで、セーフティボックスはこちらに!
ハンガーがちょっと少ないかな?と感じるけど、
収納スペースはあるので、スーツケースを広げておくスペースがない分はカバーできますね。

いたずらに広いBALI RICHよりバスルームはこちらに軍配かな?
やはり大手ブランドは造りも細かい部分まできっちり仕事してます。
[PR]

by warna-warni | 2007-10-30 10:38 | bali hotel | Comments(2)

立地は最高!ASTON SUN-ISLAND

さかのぼること半年。。。GWに滞在したASTON SUN-ISLAND。
プールはプランジプールだけど、立地と値段(100ドル台前半。オープニングレート)を考えれば悪くないんじゃない?と思えるホテルでした。

スタッフはまだ慣れていないこともあったし、朝食で利用したレストランでもスタッフによっては融通が利く利かないなどの差があるのは、バリの新しいホテルだからということも考慮しつつ。

ただ部屋にホテルインフォメーション類が何もない・・・。
ホテルを出ればいくらでもタクシーを捕まえられる環境もあって、定時運行のシャトルは一度も利用しなかったので問題は全くなかったのだけど。

滞在したのは、 1 BDRM Pool Villaです。
a0036499_22431235.jpg

ブラックタイルにベットがあるモダンなスタイル。
ソファ&物置き兼用になる籐に似せた造りの長いすも流行りのスタイルですね。
バリ式の隙間があいている扉ではなく、ぴたりと閉まるサッシは、
アイランドヴィラと同じスタイル。
どうしても虫や蚊が入ってきてしまう環境なので、これは気になる人にはポイント高し。

a0036499_22484846.jpg

デスクと大きい液晶TV(サムスン製)。
部屋でベット以外で座れる場所はデスクか、長いすか。
友人達が遊びにきた時も私はデスクのいす、友人達は長いすでと問題はありませんでした。

a0036499_22512789.jpg

このカテゴリーは、アウトドアに二人用の小さいダイニングテーブルといす、キッチンと大きな冷蔵庫があります。

a0036499_22574468.jpg

猫の額のようなつかるだけのプールです・・・。
(とはいえ、FSジンバランも同じような感じ・・・。初めて滞在した時はそれでもプール付ヴィラってことで感動したし・・・。)
プールの壁からは水が流れるようになっていて、リゾート気分はちょっぴり楽しめます。

a0036499_231787.jpg

こちらのヴィラは、午前中日が燦燦と照りつける向きでした。


以前、アストンの約半額(やはりリニューアルレート)で滞在できたクロボカンのBali Rich
同じ1BDRMでもヴィラのスペースは余裕があるし、プールも大きい。
しかもジャランラヤクロボカンに位置し、交通の便もけっして悪くない。
同様にパブリックプールもレストランもある。(スパはない!)

さて、現在のレートも考慮して、どちらがいいでしょうか???

悩ましいところです。

水まわり編&パブリックスペース編は次回!
[PR]

by warna-warni | 2007-10-28 23:10 | bali hotel | Comments(0)

京都発 ブラックペイント

コスメフリークではないワタシ。
どちらかというとズボラでめんどくさがりなので、化粧品はシンプルが一番性にあってる。

もうすぐリニューアルオープンする東京大丸。ふらりと立ち寄った“black paint”という小さなコーナーの店。真っ黒な石鹸を“塗る”、しかもこれだけでクレンジング不要というキャッチフレーズにひきよせられてしまった。

石鹸って泡立てて使うものでしょ?塗るって??どうよ???

全く知らなかったけど、京都にあるお店だそうです。

黒く塗る洗顔法~20種類のブレンドされた植物オイルを石鹸成分で固めて作られた石鹸で、
肌に直接塗りつけてオイルマッサージしながら洗顔できます。メイクを落とすだけではなく、肌の内側に溜まった老廃物、化学薬品などの毒素を排出し、浄化させることができるので透明感のある肌が実感できます~説明書から抜粋。

説明してくれた店員さんの肌がこれまた透明感があり、とっても美しい。

ってことで毒素も溜まりまくり、老化の道まっしぐら。
少しでもなんとかならぬものか?と藁にもすがる思いで、トライアルセットを購入。

もうひとつ目にとまった“WATER CREAM”。こんなクリーム見たことない!

クリームを肌に馴染ませると水が湧き出てくる~!で、テクスチャーも軽く、クリーム嫌いなワタシでもこれなら使えそう。しかも、化粧下地として使えるってことでミニサイズを。

さてさて、肌は再生されるのでしょうか?

a0036499_0122319.jpg


ブラックペイント
[PR]

by warna-warni | 2007-10-26 23:48 | 日々sehari-hari | Comments(4)

まさにpeak of joyな集い


まさかまさかにあのPARK HAYTTにこんなお得なプランがあるとはつゆにも思わず~!
友人達に、感謝、感謝!
とびっきりゆかいなヨガ仲間と楽しい時間を過ごさせていただきました~!

地上を見下ろす空間で2時間飲み放題なプランはかなりお得度満載でございまする~。
主にスパークリングワインを片手に~残念ながらシャンパンとはいかないけど、このお値段なら場所を考えれば納得!というか場所代考えていいの~?と思える感じ。
ちょっと普段とは違い、各々ドレスアップした仲間が集った次第。
会話はいつも通りというのはご愛嬌!

a0036499_1233593.jpg

夜景はこんな感じですわ・・・。

a0036499_1235352.jpg

まずはサラダがこの前に。前菜三種がアフタヌーンティー形式で登場。(これは二人前)
もちろん美味しくいただきましたとも~!

a0036499_124274.jpg

で、メインは、ひとり少数派の肉食の私(これが一般的なメニュー)はこんな感じでサーブ。
私以外はシーフードメニューにて、リクエストに答えて、フレキシブルな応対。

選べるドリンク(カクテル含む)で2時間という制限ありだけど、ずーっとスパークリングを飲み続けて最後の1杯だけ赤ワインをオーダー。

このプランのせいなのか?とってもにぎわっていたパクハイでした!
[PR]

by warna-warni | 2007-10-23 01:41 | 飲み食い minuman&makanan | Comments(6)

和食レストラン?Dahana

“バリで和食を食べるなんて、考えられな~い!”
などと口がさけてもいえない年になっていました。
特に連れが和食欠乏症になることも多々あり、最近は滞在中一度は和食を食べてます。

在住者にも人気があるようですし、しかもお値段もお手頃らしいということで、
クロボカンのヴィラルンブン近くにある“Dahana”でディナーを。
こちら、スミニャックのHanaの姉妹店のようですよね。

Dahana、いい意味で裏切られ、リピートしたいレストランとなりました。

*但し今回はえ?和食でしょ?と考えずにお読みくださいませ~。
基本、アルコール~この時はビンタン~の肴です。

a0036499_22415084.jpg

“シーフードピリカラ”このピリカラシリーズは何種類かあったのですが、
タイ風にアレンジしてありナンプラーも効いてつまみにバッチリ!
普通に和食メニューの中にありました。

お次からは最後の方にあった無国籍メニューコーナーから。

“カラマリサラダ”を注文したら出てきたのがこちら、
a0036499_22461538.jpg

海藻?ってな様相で、残念ながら全然美味しそうに見えないし、
期待していた料理とは全く違っていたのですが・・・。
へたなイタリアンより美味しいんじゃな~い?と思えるほど、
濃い目のバジルソースが効いてビールぐびぐび~っと!
ワインとの相性はいうまでもなく・・・。

a0036499_22513567.jpg

“ベトナム寿司”。生春巻きに包まれているからベトナム・・・だったようで。
創作寿司ということなら、全然OK!シャリも美味しかったし。

ということで、和食メニューの参考には全くならないのですが、
きっと他のメニューもいけるのでは?と思ってます。

私が行った時もお店は白人系の外国人を中心に大にぎわい。
造りもプールあり、バーコーナーあり、ギャラリースペースあり(私が行った時は陶芸)で、
ゆったりした空間。

和食を食べに行くのはもちろんですが、
軽くつまみながら飲むにもいい店だと思った次第です。

a0036499_230313.jpg


a0036499_2334654.jpg
Dahana
jl.petitenget no.98x

ヴィラルンブンに入る道のカーブ沿い反対側


[PR]

by warna-warni | 2007-10-17 23:15 | bali warung | Comments(10)

ベジーな店~earth cafe

しばらく、GWと9月とごっちゃになります。まずは、昨年10月にプランプラン滞在時に近かったこともあり何度か店の前を通り気になっていたZulaの姉妹店らしい“earth cafe”。
実はお目当ての店がランチ営業していなかったため、同行の友人共々気になっていた店だったので、急遽ココに行くことに。

a0036499_2335584.jpg

昼間は人通りも少ないジャランオべロイです。。。

a0036499_23381467.jpg

ジンジャービアを。こちら自家製のようでした。私にとっては少々甘かったけど、おそらくハチミツの甘さだったのでそれほどイヤミのない甘さ。実は、今回最初にこれを頼んだのがきっかけなのか、滞在中にオーダーした飲み物は、ビール以外ではヘルシー系のドリンクばかりだったかも。テボトルとかコーラとか一切飲まなかった。

a0036499_23414726.jpg

いわゆるナシチャンもベジタリアン系だとこうなるのか?量が不明だったので、スモールで。
お奨めの“planet platter”
ひじきは日本人感覚だと煮付けで、こちらは少々違っておりましたが、さっぱりしたものを欲している時、野菜を食べたい時、胃が疲れている時にはやさしい味付けのこんな店があるといいかも。

a0036499_2347598.jpg

papaya salad。これはちょっと想像と違っていて、私はソムタムや沖縄のパパイヤのように青いパパイヤだと思ったら、思いっきりオレンジのパパイヤでした・・・。
でも、見た目より全然甘くなくて、ちょっとピリ辛で、すべていただきました。
女子ふたり、ガッツリ食べないランチなら、充分な量です。というかサラダ量多すぎ~!

tax&service15%込みで、約Rp74,000。ここはまた行きたいかも。

ちなみに途中で店に入ってきて、ガラガラな店なのに、なぜか隣に座ったヨギーと思われるちょっと得体の知れない~修行してる人みたいな、世捨て人のような風貌~の外人が気になりました。

ここからは別の話・・・
[PR]

by warna-warni | 2007-10-07 23:30 | bali warung | Comments(4)

CATHAY PACIFIC~HKGからDPSへ

成田の出発が案の定遅れぎみだったので、これは香港のトランジットの時間がなーい!と内心あせっていたけど、よくよく考えてみると時差が1時間あったので大丈夫そうとひと安心。

結果、トランジットは予定通り1時間確保できたし、62ゲートにつき、70ゲートへ移動と近いこともわかり、しかもラウンジが移動途中にあり~、晴れてちょっとだけラウンジによることができました。
ちなみに到着は5Fで、トランジットエリアを目指していくと、乗り継ぎのカウンターが。私の場合はスルーだったので、そこを通り過ぎていくと、荷物検査を受けて、エレベーターで6Fの出発ホールへむかいます。
a0036499_2340230.jpg

ということで“THE PIER ”という今年できた新しいラウンジへむかいました。

a0036499_2341674.jpg

ここが一番行きかったラウンジ内にあるヌードルバー。
なんとペニンシュラがやっているそうです。食べたかったのですが・・・どうしても無理。

a0036499_23425920.jpg

そこで、時間もないし、ロングバーでワインをいただきつつ、目についたトルティアチップスを。

残念ながら時間がなく、探検しきれなかったのですが、かなり広いラウンジ。
ここなら時間をつぶすこともでき、トランジットの時間も有意義に過ごせそう。

a0036499_2351859.jpg

出発ゲートへむかう途中、フリーのインターネットが何箇所がありました。気軽に利用できて、有難いですね。日本語が使えるかどうかは不明。少なくとも読みだけはできそうですけど。

15分前にゲートへついた時にはほぼ搭乗はすんでいたようで、定刻より早めにドアが閉まりました。

いざ、デンパサールへ!
[PR]

by warna-warni | 2007-10-06 00:02 | bali macam-macam | Comments(0)