tripとtips

今日新しい雑誌が創刊されたようでメルマガがきてました。
“BRUTUS TRIP”。
書店でさらっと見ただけで内容はじっくり見てないのですが・・・。
「日常を離れ、何処かへ移動する行為=TRIP」を集めた雑誌だそう。

このtripという言葉には様々な意味があるということで
私もネットの辞書でひいてみました。

旅、 遠足、 短い航海、 (仕事での)出歩き、 軽快な歩み・・・ふんふん。ここまではわかる。
つまずき、 過失、 言いそこない、 足をすくう事・・・こんな意味もあるんだ。

ついでにこんな意味も
【機】押えはずし装置、 歯止め 〔俗〕 トリップ(幻覚症状)

tripという言葉の二面性をみた気がします。なんだか奥深いですね。

でも、“旅”をいろんな意味でうまくあらわしている言葉だなとも感じました。

現在はいろんな情報が氾濫、ほしい情報が比較的簡単に手にいれられる。
事前にこれでもか!と情報収集して旅にでかける。
~失敗をおそれて?時間がかぎられているから?二度といかないであろう土地だから?~
もちろん事前に最低限知っておいたほうがいい情報があるのも事実。

果たしてそれは旅なんだろうか?
オリエンテーリングのようにただ事前に収集した情報をなぞって確認しているだけ?
そんな疑問が心のどこかにひっかかったまま旅にでかけている。

旅にはハプニングがつきもの。

はじめての土地、町、出会い、におい、音etc。

旅から戻って時が経つにつれ、過去になればなるほど印象に残ることは、
ハプニングだったり、失敗だったり、予定外に行った場所だったり、
そこで出会った人だったり“事前に想定してない”ことだったりすることが多い。

HP(放置ですが)もblogも持っている私がえらそうなこというつもりもないですが、
ちょっと立ちどまって旅について考えるのも悪くないかな~?と。

物理的な移動を伴うtripはしばらくおあずけになりそうな感じですが、
身近なtrip~脳内trip、音でtrip、本でtrip、街中でtrip、ネットでtrip、ヨガでtripは
日常でも充分できるワタシです(笑)

で、tips(裏わざ)はどうなのよ?

a0036499_234088.jpg


11/18まで原宿の“エクスレルム”というカフェで行われていた“Tipstarr”vol3。
今年三年目だそうで、ベトナム、タイときてインドネシア(バリ&ジャカルタ)でした。
開催されていた“enjoy day&night ”という写真展では、
バリは“サーファー”、ジャカルタでは“クラブで踊るねーちゃん”に
スポットをあてたもので、数は少なかったのですが、
“見たことない世界”をかいま見れてtripできました。

無料で配布されていたマガジンけっこう楽しめます。
特にジャカルタが?!
こんなスノッビーな世界が一部だろうけどあったんだーと
失礼ながらいけてないと思っていた都市だったのでかなり驚きでした~!

もしかするとカフェにいけば、このマガジンはまだおいてあるかもしれません~。
[PR]

by warna-warni | 2007-11-28 23:54 | 日々sehari-hari | Comments(0)

ああ、泡の日々inアリラマンギス

昨年度まではいろいろとお得なパッケージもあり、
たしか2泊からでも特典がついていたはずでしたが、
私が滞在した時は2泊のパッケージはなくなっていました。

ということで今回は宿泊だけの予約を代理店経由でお願いしていたこともあり、
(実は今までマンギスにかぎってはホテル直予約ばかり。)
リピーターだからなにかベネフィットをつけてもらえない?ってことで
事前にお願いしていました。
回答は“スーペリアをデラックスにアップグレード”というなかなかしぶいお答え・・・。

お部屋はかえって滞在したことないスーペリアでよいのにね~と思いつつ
滞在もしばらくぶりだし、2泊だけだしなってことであきらめていたのですが・・・。

部屋にチェックインしてしばらくすると・・・スタッフが登場。

a0036499_2343711.jpg

アリラスパークリングのおでまし~(ハート)!terima kashi banyak!
(同じ画像ですいません・・・。)

初日は、クルーニーさんのお部屋のスパークリングをいただきにお邪魔虫!
a0036499_2311178.jpg

a0036499_23121256.jpg

昼ごはんを食べてなかった私。
途中寄りブンクスしたワルンバリのナシチャンプルを食べながらの泡。
お皿とカトラリーはレストランで用意してくれました。
すっかり冷えてもうまうまなナシチャン。私はやはりここのナシチャンが好きです。
天気もとってもいいし、しあわせですな~。

翌日は私のスパークリングをプールサイドにセッティングしていただき~。
a0036499_232839.jpg

a0036499_23281999.jpg


プールサイドでのんびりだらだらと・・・。
a0036499_23294950.jpg

今日もピーカン!プールも気持ちよし!

翌日は朝から・・・
[PR]

by warna-warni | 2007-11-26 23:31 | bali hotel | Comments(8)

朝の猿森を行くpart2

さて、帰りはそのままニュークニンを下って帰るとも一瞬思ったのですが・・・
ちょっと遠すぎると思いやめときました。
ちょうど猿森を一周するような感じの道で(おそらく)帰ってきました。

a0036499_12443553.jpg

a0036499_12391233.jpg

パダンテガルのpura dalemです。
なんとなーく近寄りがたい雰囲気が漂っているように感じるのは私だけ?
ここはバイクの音も聞こえてこず、し~んと静まりかえっておりました・・・。

a0036499_1245217.jpg

日本の寺院でいう狛犬(って実は獅子なんだそうですよ。空想上の守護獣像。)もちょっと雰囲気違いますな。足元に猿?

でもこんなユーモラスな石像もあり
a0036499_12503644.jpg

豚に真珠ならぬ亀の上に豚が乗ってます・・・。

a0036499_12513518.jpg

ナーガ?というより“ろくろっくび”みたいと思いました・・・。

苔生してますが、比較的最近に作られた石像のような気がします。

けっこう楽しめた朝の猿森散歩。
わざわざ出かける必要はないけど、近くに滞在している時ならお奨めです!
[PR]

by warna-warni | 2007-11-25 13:17 | bali macam-macam | Comments(4)

モンキ-フォレスト~朝の猿森を行く

ウブドには何度も滞在していながらモンキーフォレストってかつて一度も行ったことなし。
GW、滞在していたバンガローから近いこともあり、朝の散歩がてら猿森に出かけてみました。

a0036499_1158247.jpg
すでに道路を徘徊中の子猿達。
どれが本物のサルでしょう?


a0036499_11595292.jpg
早速入ってみましょう~!
まだ入場時間前なのでもちろんタダ。


a0036499_1225816.jpg

夜雨が降ったようで、少々靄っていてうっそうとした雰囲気が。

a0036499_21532080.jpg
果たして営業しているのでしょうかね~?お店。
裏はバイクの通り道。



a0036499_2202974.jpg
ニュークニン側の入り口に到着!
レストランがありました。



ここにたくさんの猿軍団が出待ちの模様。ウブド猿軍団!お楽しみください。
ちなみに朝の猿、まだまだエンジンかかってないのか?悪さは一切ありませんでした。
あくまで遠巻きですが。

a0036499_2292893.jpg

あんたが大将!堂々たる母(父か?)

a0036499_22105214.jpg

a0036499_22114510.jpg


子ザルはかわいい~!どの動物の世界も子はカスガイなのでしょう。

a0036499_2212616.jpg


a0036499_22123345.jpg

題して“祈り” 

続く・・・。
[PR]

by warna-warni | 2007-11-24 22:21 | bali macam-macam | Comments(8)

ココに滞在する理由~アリラ・マンギス

これほどまでにリピートしているホテルはバリはもちろんのこと日本を含めてもないことに
あらためて気がつきました。

a0036499_21503125.jpg


セライ時代は2000年~2002年と毎年のように三回も行っていた・・・。
アリラにかわってからもどうやら2003年・2004年と毎年必ず訪れていた・・・らしい。

今年のGW、久しぶりに懐かしいマンギスに行きたくなり、なんと2年半ぶり(もたっていたんだ)に滞在。

今までの滞在は相方がいっしょだったけど、今回は初のひとり泊まり。
とはいえ、このお方と一緒に。

日程の都合で2泊だけだったけど、久しぶりに滞在したマンギスは私にとっては落ち着くホテルであることに変わりなく、進化もしていました。

a0036499_21555524.jpg

以前はチェックインの際おしぼりだけだったけど、ウェルカムドリンクが。

a0036499_21584637.jpg

部屋のファブリックも変わり

a0036499_22424654.jpg

レストランは“SEA SALT”という名になり

a0036499_22432577.jpg

スパは“ALILA SPA”となり海辺にスパルームも作られていたし

一時部屋の1室で営業していたSHOPも以前あった場所に戻っていました。

昼は明るく開放的な雰囲気。夜はぐっとムードある雰囲気に変わるホテル。
(狭いけど)使いやすい部屋。
3食飽きることなくいただけるレベルのレストラン。
イーストバリを体験できる豊富なアクティビティ。
カジュアルでありつつちょっぴりお洒落。
たとえちょっとしたミスがあったとしても許せてしまうスタッフ。

理由は並べたところで

結局のところ because “I like it! ” “I love this!” 理由はいたってシンプル!

a0036499_2245397.jpg


これからもココには滞在するに違いない。BALIへ行く限りはね。
[PR]

by warna-warni | 2007-11-19 21:18 | bali hotel | Comments(12)

Bloomz on Hanoman

ubud、Bali Spiritの2軒隣りくらいに小洒落た花屋がいつのまにかオープンしてました。
(GWの時も店の前を通っていたはずなのに全く気がつかなかったし・・・。)

a0036499_045518.jpg


Yoga後私がトイレに行っている間に同行の友人が花を買ってくれていました。

私もヴィラやホテルに滞在する際、花を少し買って気軽に飾って楽しんでいるので
とってもうれしい心配り。

元々ヴィラのバスルームにジンジャー、ヘリコニアなどが飾られてはいたものの
チューベローズと大きな葉ものをセレクトしていました。

ここ最近は、胡蝶蘭を飾るホテルやヴィラが増えてきているけど、私にとっては
やはり“The BALI”といえば、フランジパニやスダップマラム(チューベローズ)。

しかもチューベローズもたくさん買ったのに値段も全部でRp20000でおつりがきたらしい。

チューベローズは日本で買うと1本400円はするので、惜しみなくガッツリ買えるのはバリならでは。
そんな環境ならばやはり楽しみたいじゃあ~りませんか!

a0036499_141151.jpg

a0036499_144281.jpg


下から咲き始めるチューベローズも日が経つにつれ先端に向かって見事に花が開き、甘い香りも充分楽しみました。

やはり気候が違うせいなのか切り花だと先端まで開くのは難しいんですよね。日本だと。
[PR]

by warna-warni | 2007-11-13 01:13 | bali macam-macam | Comments(0)

return!荒井商店

予約がとりにくい荒井商店へ。

今回新しいメニューにチャレンジ!(携帯撮影につき失礼をば!)
a0036499_15125641.jpg

見た目も麗しいアボカドサラダ。
わると・・・
a0036499_15132640.jpg

さつまいもとのコラボレーション。
ピリリとした胡椒をかけていただくとウマさ倍増~!

a0036499_1514492.jpg

ハツのバーベキュー。2種類のソースを好みで。
ひとつは(多分)玉葱をおろした唐辛子を利かせたあっさりしたソース。
もうひとつは(多分)マスタードとにんにくをベースにした洋風なソース。どちらもウマイ!

で、この美味しいソースがあまったので、しっかりわけてもらい、
今朝友人からいただいた美味しいフランスパンのディップとして食べました。

ちなみに荒井商店はペルー料理の店です。

それから目に留まったのが、FREE!とかかれてあった隣にGRATISの文字が・・・。
ペルーってスペイン語だよね・・・?インドネシア語もいっしょじゃー!!
やはりインドネシア語っていろんな国の言葉のチャンプルなのかしらん?

この時、友人からかわいらしいプレゼント
[PR]

by warna-warni | 2007-11-10 15:49 | 飲み食い minuman&makanan | Comments(4)

今宵何処で?

ビルが立ち並ぶ都会の街中でもごく稀に“はっ”とするくらい心を打たれる夕陽を見ることがある。

毎度お馴染み、私の現実逃避アイテムのひとつ。サンセットシリーズ。

残念ながら、到着がちょっと遅くて間に合わなかったっ・・・。雲も多くてイマイチでしたわ・・・。

a0036499_23432455.jpg

a0036499_23435195.jpg


a0036499_23473658.jpg

今回は、dragon tears というカクテルを。この場所、もうおかわりですね。

a0036499_2348149.jpg

ルッチオーラからのサービス♪
[PR]

by warna-warni | 2007-11-07 23:39 | bali macam-macam | Comments(2)

器に会いに~秋色益子陶器市

以前から一度足を運びたかった益子の陶器市へようやく!
きっかけは、とある作家さんの器を生で見てみたかったから。

a0036499_2354057.jpg

ご夫婦で器を作られているらしいです。

a0036499_23555159.jpg


鳥をモチーフにした花器が紹介されている作家さん。想像してたより若いご夫婦でびっくり!

今の気分は、こっくりした色ということで、深い飴色のちょっと深さのある大皿を一枚。
何枚かの中から中央に鳥がいるモチーフを選んでみました。

それから、土着なイメージの陶器と対象的に磁器っぽい固い印象の繊細な器も作られていて、そちらもかな~り惹かれたのですが・・・。

今回は羽ばたく鳥の箸置きを。ほんのりと水色。(画像白くとんでます・・・。)

もちろんこれだけに留まらず他にも違うタイプの器を少しずつ物色してきました!
[PR]

by warna-warni | 2007-11-03 23:45 | 好きなもの saya suka | Comments(2)