何気に通ってる?ミコノス@スミニャック

ジャランオベロイにはたくさんのレストランがあるけど、ギリシャ料理のMykonosには現地在住友人に連れていってもらったのがきっかけですでに4・5回は行ってるかな?
わりと店も繁盛してるみたいで欧米人でにぎわっている。

他にも新しい店ができているけど、カジュアルだし、値段も良心的だし、店の子も感じがいいし、ワインはもう少し種類がほしい(オーストラリアを中心に何種類かおいてあるもののhabisってこともあり・・・。)けどやはり良心的だしってことで何度も行ってるのかと。

前回は友人三人と他の店で飲んだ後に移動して、居座ってしまって店じまいしてテーブルや椅子を片付けはじめた閉店まで話こんでしまった・・・。これもいい思い出。

a0036499_15403031.jpg

フムスなどのディップにフェタチーズやオリーブが盛り合わせてあるプレート、ベジタブルフライ、カラマリソテーにピタパンのむこうにあるのは何か~フェタチーズだったかな?~のディップ。

ワインはカラフェで何本飲んだか?ってくらいたくさん飲んだような。
もちろんボリュームある肉メニューもあるので~以前グリル系のお肉食べたけど真っ当な味で美味しかったですよ!~ガッツリ食べるもよし、飲み中心でもよし、ベジタリアンでもよし!な使い勝手のいいお店だと思います。

ミコノスはHallo!のデイバリーサービスも行ってるようですね。
以前ディアナヴィラに滞在した時には、ヴィラにレストランがないこともあり、試しにHallo!を利用したことあるのですがその時は気がつきませんでした・・・。
たしかBale Baliにオーダーしたような記憶があります。
[PR]

by warna-warni | 2008-03-31 23:21 | bali warung | Comments(4)

bungkusしてVillaで食べる

ブンクス=テイクアウトのことですが、前回たまたまスミニャックとウブドで滞在したのがヴィラだったこともあり、
ワルン飯をブンクスして食べました。
もちろんワルンで食べるのも全然OKですが、残念ながらアルコールがないってことも多々あり。
ブンクスしてヴィラで食べればビールやワインも飲める。
ワルンだと食べたらささっと去るって感じだけど、のんびり食事もできるし。ってことでこのスタイル快適でした。

a0036499_1124135.jpg

スミニャックはまたまた“ワルンバリ”のナシチャンプル。この時はあやしい雲行きだったし、ヴィラでもう少しのんびりしたかったしで、ささっと行って帰ってきてヴィラで食べました。
ビンタンビールを飲みつつのんびりと。ここのナシチャンは何度食べてもうまいし、飽きない!

ubudでは
[PR]

by warna-warni | 2008-03-30 11:39 | bali warung | Comments(12)

Yogyakartaの思い出

来月のJALの機内誌が楽しみ!中谷美紀さんがジャワ島を旅した様子が掲載されるらしい。
彼女の著書“インド旅行記”を読んでからというものファンになったから。
どうせ女優が書いているんだから・・・と思ってそれほど期待はしてなかったけど、
実際読んでみると彼女の等身大とも思われるインドでの体験にぐいぐい引き込まれていき、
次が出るのを楽しみにしていたくらいだったので。(1・2・3と三冊あります)

この本は今も友人の間を巡業中~一部強制的に貸したという話も(笑)。しかも知らないうちに私をおいてバリまで旅にもいったらしい~興味がある方お貸しできますよ(笑)

とはいえ残念ながら来月JALに乗る予定がないので、別の方法でゲットする予定ですが。

少しだけ町歩きした懐かしのジョグジャを!

a0036499_07379.jpg
マリオボロにある滞在したムティアラを出てすぐ右に出ていた屋台で買ったルンピア。
TARIF LUMPIA
BIASA Rp1000 HANYA SAYUR
AYAM Rp1500 AYAM&SAYUR
SPESIAL Rp1700 AYAM,SAYUR&TELUR PUYUN?
といたってシンプル。夕方には屋台まわりで食べている人&ブンクスしている人多数でかなり繁盛してたので私もまねてブンクス。
ちょっと油ギッシュな感もあったけど、うまっ!でした。
これにビールがあればね・・・。


a0036499_0321844.jpg

Kraton王宮の西側の入り口。何のレリーフでしょうか?鮮やかなほんのり緑がかった水色が印象的です。但し12/31(この時犠牲祭)&1/1は休館で入ることができなかったのが残念無念。


a0036499_040352.jpg

そこからガスン市場(鳥市場)をぬけタマンサリへ行く途中名前は不明だけど展望台のような場所へ。
震災で破壊されたようで朽ちた遺跡のような感じだったけどこんなおめめパッチリの石像発見!
a0036499_0465463.jpg

午前中ほんの数時間だったけど、ジョグジャの穏やかな町並みをゆるやかに歩くことができてよかった!

a0036499_0534471.jpg

この時前日知り合って親切にも案内してくれた日本語勉強中のBapak Sutarman
Terima Kashi banyak!

a0036499_0571983.jpg

お奨めのes campurのカキリマ。
汗をかきかき歩いた後のエスチャンプル。たしかにうまかった!ナンカやココナッツもたっぷり。

印象的だったのは、ジョグジャ&ボロブドゥールで出会った人。
総じて穏やかで、あわよくばといったギラギラ感もうすい感じで(中級ホテルのムティアラ従業員も)好印象でした。
[PR]

by warna-warni | 2008-03-28 23:24 | yogyakarta&borobudur | Comments(2)

パクチーlove・・・リベンジ?

先日の急性腸炎。実は外食中に急に気持ち悪くなったのがきっかけだったのですが(私の場合バリっ腹もそうですが、なぜか食事最中のにおいにやられて急激にくることが多い。)その店が本当に行きあたりバッタリとふらりと入った西安料理の店。
メニューには香菜サラダが♪同行者もパクチーが大好きだったのでもちろんオーダー。

パクチーサラダといえばポルトガル料理にもあったし、サラダではないもののペルー料理~セビーチェは香りプンプン~も使われている。
中華料理やタイ料理だけではなく、ワールドワイドに使われているんだと最近再認識することが多い。

そこで比較的安価に手に入るようになってきた(実際、束で100円で購入)ので、トラウマにならないよう家でパクチーサラダリベンジ(笑)
たしかにタイで食べるものと比べ、独特のパクチー臭さは軽減されるもののやっぱり美味しい。
よかった!美味しく食べることができて(笑)

a0036499_2215081.jpg
ペルー料理ということで、先日行った荒井商店で、ブルーチーズありますよ~ってことでワインのアテでいただいたもの。見た目も麗しい盛り付けで出てきました。
真ん中にあるのはマッシュポテト。これが!レモンの酸味やちょっぴりピリリとしたスパイシーさも加わり絶妙なうまさ。ブロッコリーの素揚げの触感も新鮮で、(おそらく家ではやらないだろうけど)マジ美味しいです!


a0036499_226640.jpg
初めていただいてピスコサワー。
お隣のテーブルの方が飲んでいて何?って友人が興味深々だったのでオーダー。

ペルーにもグラッパ、マールと同じ“ピスコ”というブドウの蒸留酒があるんですね。それに卵白とレモンなどをミキサーで混ぜて作るよう。
蒸留酒ゆえアルコール度数は高いと思われますが、口あたりが非常によく、飲みやすいのでけっこう危険で騙され易いカクテルかも?



*携帯で撮影した画像。ピントブレブレですいません・・・。Docomoのamadana携帯なのですが、カメラがイマイチなんですよね・・・。それ以外はけっこう気にいってはいるのですが・・・。以前の古い901の方がよかったくらい?
[PR]

by warna-warni | 2008-03-26 21:44 | 飲み食い minuman&makanan | Comments(0)

1986年生まれ

a0036499_12284552.jpg
ここがオープンしてすでに20数年も経過しているのが信じられない。
当時バブル初期。都内や苗場にある某大型チェーンホテルが持て囃されているような時代。
たった6室からはじまった(雑誌に掲載されてましたが、アマンがオープンする1年以上も前にオープンしているらしい)という日本におけるスモールラグジュアリーリゾートのさきがけ。
今見ても全く古さを感じさせることなく、かえってとっても新鮮に感じるくらい。


a0036499_12281226.jpg
こちらは約10年後の1997年に増設されたロビー兼アンティーク風な丁寧に磨きこまれた木艶とアイアンの装飾が印象的なライブラリー。


a0036499_12463823.jpg
同時に作られたコテージタイプのお部屋はひとつずつ部屋の大きさやインテリアなどが違うというこだわり。

今、あらためてここのスゴさを感じます。やっぱり好きだな。
*昨年の画像です!
[PR]

by warna-warni | 2008-03-23 12:51 | 旅 perjalanan | Comments(0)

Seasalt Restaurant @alila manggis

Seasalt。近くの美味しいクサンバのお塩からレストランの名前がきているそうです。
私も実際使用しているお塩は、クサンバ産のもの。
ここの塩の美味しさを知ってからは、アジシオは一切使わなくなりました。

前回は2泊だったので、朝食を2回(1回はアドベンチャーブレックファスト)&夕食を2回
レストランでいただきました。

夕食の写真は暗すぎて使い物にならないのですが・・・(^^;)

さて、朝食。以前はメニューの中から好きなものをオーダーできましたが、
今回はあらかじめ決まったメニューから選ぶスタイルに変わっていました。
*追加料金を払えばその他のものもOKでしょうけど。

a0036499_234174.jpg

基本セット。タンジェリンジュース&フルーツプレート&コーヒー。
ジュースはフルーツジュースの他、キャロット&ジンジャーなどの野菜ジュース系もあり、
ティーはレモングラス&ハニー、ジンジャー&ハニーなどのフレッシュハーブティーなども。
他にクロワッサンやデニッシュ・マッフィンなどのバスケットがつきます。

選べる一品ということで、卵料理とソーセージ、ナシ・ゴレン、ブブール・シリアル・オムレツなどあり、
私はその中からサケの照り焼きと味噌汁とチョイスしてみました。
a0036499_23462174.jpg

ナゼか目玉焼きに海苔が・・・。カップに入っているのがそうです・・・味噌汁(汗)
サケの照り焼き、味はまぁ美味しかったです。
ただこのメニューだとやはりご飯が食べたいかなって思いました。
そこまで考えればよかったですね・・・。

夕食は、イーストバリのメニューからサラダやベジーメニューってことで豆腐バーガーなど
あっさりしたものをいただきました。
a0036499_23555249.jpg
a0036499_23561720.jpg

画像暗すぎ、ブレブレですが一部を。
大好きなウンピンが個人的にすっごくうれしかった。
アルコールいただきながらつまみになりますしね!

マンギスのレストランは朝と夜と雰囲気が全く変わるし、天井が高くて、何度利用しても居心地よいですね。
a0036499_04282.jpg

[PR]

by warna-warni | 2008-03-22 23:45 | bali hotel | Comments(4)

那須で蕎麦を食す~山里料理とそば ほし~

おかゆ・うどんなど消化にいいものを食べていた先週。
1週間がたち、すっかり揚げ物も食べる気になり、通常の食事(&アルコール)生活に戻りました。美味しく食事をいただけるのはやはり幸せなことですわ~!

おそばの美味しい店らしいということで、12月、別邸回へ滞在した際によったお店、“山里料理とそば ほし”。
営業時間は11:30~15:00。

お店の方が自ら、山菜やきのこを山に採りに行かれているそう。
そして、いただいたものすべて“やさしい味”。
もちろん添加物や化学調味料など一切使われていません。

秋の“きのこ鍋”の文字に激しく惹かれつつ・・・。天然もののきのこ鍋、ぜひ食べてみたいものです。

a0036499_22275721.jpg
薪がたくさん積み重ねられ、縁側には干し柿がつるされていて、懐かしいような。
冬枯れなのでさみしいですが、季節がよければ緑に囲まれた場所のようです。
那須の御用邸へ行く道の途中。まわりは別荘地でとっても静かな環境。
実はお店を探すのにもちょっと苦労しました。



a0036499_2231125.jpg
お昼のメニューは三種類。手頃な山里をいただきました。
他にも若干単品メニューありです。



a0036499_22394613.jpg

お蕎麦は十割。もちろん手打ち。こちらの特徴は、二種類のそばをいただけること。

くろがね・・・殻をむいたそばの実をそのまま挽いて打った細めのそば。
しろがね・・・そばの実の芯の部分の粉で打った独特の触感のそば。

見てどちらかおわかりだと思いますが、白銀が更科で、くろがねがいなかそば?って感じかと
思いきや、全然違いました。

白銀は、初めて食べた触感。これってそばのコシなの?って思うくらい。コシが強い強い!
私はたまたま信州や山形などのそば処でそばを食べた経験が少しはある方だと思いますが、こちらのしろがねは初めての触感でした。

そしてくろがねももちろん美味しい。

他のそばの実いりの雑穀ごはんといい、お豆の煮たもの、ぬか漬けといい、すべてが手作りでやさしく上品。

パンチが効いた味でもなし、見た目派手でもないけど、じんわ~りと、だけどそれぞれの素材がしっかりと印象に残る素食ながらも美食でした。

a0036499_22573245.jpg
食後のお菓子ももちろん手作り。絶妙な甘さ(私は甘ったるい菓子はNG。)で
美味しくいただきました。

こちらはまたぜひぜひ訪れたい御蕎麦屋さんです。



[PR]

by warna-warni | 2008-03-17 23:01 | 飲み食い minuman&makanan | Comments(6)

spa alila@manggis

月曜夜中から急性腸炎になり、昨日は水分以外一切摂取できず・・・。
今朝ようやくおかゆを食べ、思いがけずのプチ断食を体験してしまいました・・・。

断食といえば、週末断食できるホテルや温泉施設もけっこうあるようですよね。
病院の待合室で読んだ雑誌に掲載されていたのはこちら

さて、マンギス。今回の滞在で大きな変化のひとつにスパがありました。
以前はマンダラ系だったスパが、ALILA独自のスパに変わり、
手頃な値段かつシンプルなパッケージの独自のスパプロダクツにも興味深々でございました。

a0036499_13471226.jpg

SPAの奥(建物の裏)に大きなトカゲが鎮座しているのをご存知ですか?
朝、ibuがチャナンを供えていました。守り神なのでしょうかね?

a0036499_1356526.jpg

海沿いにスパ小屋がふたつ建てられていました。

a0036499_13574439.jpg

マッサージを受けたのが夜だったので、蚊の存在は気にはなったのですが・・・、
せっかくですのでこちらで受けることにしました。

受けたのは、デクレオールのフェイシャル。成熟した肌用の“リフト”を選択。
1時間半で$59(++21%)とホテルスパにしてはお得かな。

正直受けた印象は可もなく不可もなくっていった感じではありましたが、
波音を聞きながらうつらうつらとまどろみの中受けたフェイシャルはとても心地よかったです。

他のメニューは、
バリニーズ 1時間 $52
アリラ・リカバリーシグネチャーマッサージ 1.5時間 $66
インディアンヘッドマッサージ 1時間 $45 などなど。

アリラウブドと同じメニューのようで、マンギスでは設備がないせいなのか、
残念ながら、ウォームストーンやシロダラなどは受けられないそうです。

a0036499_14103955.jpg

最後にアンケートに答えながら、お水とソルベ(味なんだったか?美味だったかと。)をいただき終了です。
[PR]

by warna-warni | 2008-03-12 13:38 | bali spa | Comments(4)

いまさながらjenggala・・・用の美

ジンバランのジュンガラ・ケラミックに最後に行ったのはいつだったかな~?ってくらい
最近全く行かなくなってしまったジュンガラ。(ジェンガラが一般的だけど。)

はじめはバナナリーフやフランジパニ、ロータスなどの自然にあるものからデザインされた
baliらしいプレートとシリーズばかりを買いあさっていたのも事実。

しかし、最近気がつくとそれらのものではなく、別なものを主に利用している・・・。

それはずばりプレートではなく深さのある器もの。

冬は鍋~♪という手抜きメニューに頼りきっていることも理由のひとつですが。

サラダやあえもの、炒め物にも万能。しかも鉢ものの器に盛りたくなるのは日本人の性?

ということでよく食卓に登場するマイコレクションの一部を!
(ほとんどがクタかサヌールのアウトレットで手に入れたものです)
a0036499_16702.jpg


黒ばっかりなんですけど・・・。ほんとによーく活躍してくれてます。

ただ、木の取っ手のティーサーバ。これだけは別!姿形は麗しいのですが・・・。
(記憶が正しければなんですが、このデザインて北欧のデザイナーがコラボしていたかと。)
お湯を注ぐのにひと苦労なんです・・・(涙)
取っ手が上についていて固定されているので邪魔で邪魔で。
口が細~いヤカンから注ぐのであれば問題ないかも・・・。
通常のケトルだとちょっとしたコツが必要。

ということで見た目に惑わされてはいけません(笑)

おまけに春を!
[PR]

by warna-warni | 2008-03-10 00:49 | bali zakka | Comments(4)

Alila Manggis again again again... 

アリラ チャアムに続き、同じグループのアリラ マンギスを。
何度も出していてしつこい!かもしれませんが、私はここがやっぱり好き!

マンギスでの泡三昧はこちら

セライ@GHM時代からお世話になっているホテルなので、初めての滞在から7、8年ほど
年月がたっているはず。

新しいホテルやヴィラが続々と誕生する中、10年後、20年後とそのままのマンギスで、
今ある老舗ホテルといっしょに残っていってほしいな~と願っています。

a0036499_14214822.jpg

以前はおしぼりのみだったのですが、ウェルカムドリンクが出てきました。
天井が高く開放的なフロント。椰子と芝の緑の間から青い海が望めます。

お部屋は210号室。2Fデラックスへupgrade。
昔の画像を見ていてら、前回滞在時と同じ部屋だったことが判明!

a0036499_1455432.jpg

ファブリックが変わりましたね。
以前は、ベージュから薄モカのグラデーションのクッションにサシ色でチェック柄のクッション。濃紫のカバーでした。
オレンジというよりは、和な印象のトーンダウンしたような柿の色。

a0036499_15124733.jpg

ソファも統一されています。マンギスの部屋は、けっして広くはないのですが、
ソファがあるので座れるし、時に荷物を広げることもできるしで、狭いなりに機能的に作られていますよね。

a0036499_15154741.jpg

洗面まわりの小物はジェンガラらしい温かみのある白の陶器は変わらず。
センセイシアの石鹸とジヲでも飾られていた繊細なランの花。

ターンダウン後は
[PR]

by warna-warni | 2008-03-09 14:02 | bali hotel | Comments(2)