「ほっ」と。キャンペーン

成田1ビル

a0036499_1082430.jpg

自宅から道が空いていたので、NARITA第1ターミナルチェックインカウンターに一時間半後につきました。時間があるので最近新装したNWAのラウンジにいます。1ビルはかなり久しぶりで、新しくなってから初めてかと…。すっかりお上りさん状態です(笑)なぜにNW?もちろん搭乗するエアラインは別です。出国者多そうですが、ほぼ待ちなし。スムーズでした~!
[PR]

by warna-warni | 2008-04-29 10:08 | 日々sehari-hari | Comments(2)

GAYA VILLAS&SPA Villa1&リビング

VILLA1は外から撮影した画像のみですが・・・。
a0036499_21593976.jpg
パラボナアンテナがあるってことはTVがあるようですね。villa1には。
villa3はTVはありませんでしたし、villa2にもたしかなかったかと。
どうやら設備面ではvilla1が一番充実しているようです。
でも値段はどのvillaも同じですので、空きがあればvilla1がお奨めかもしれませんね~。
ちなみにヴィラすべてを貸切っても代理店価格でしたら$300かかりません。

a0036499_2202339.jpg
ガラスに景色が映りこんでしまってわかりにくいですが、窓側(プールサイド側)にバスタブがあり、とっても明るいですね。もちろんダブルシンクのようですし。 部屋も一番広いかも。

a0036499_2251330.jpg
広々としたリビング。他のゲストと共同利用ですね。
朝食もこちらでいただくことができるかと。毎日レストランでいただきましたけど。

a0036499_2274292.jpg

a0036499_228473.jpg

ごろんとくつろげるスペースがたくさんあるのがうれしい。このクッションいすからだにフィットして気持ちいいんですよ。
ここでうたた寝もバッチリできますよ~。
上と下の画像ほぼ同じ場所ですが、上は午後から夕刻にかけてのもの、下は朝のもの。
東向きにvillaがあるので朝の陽射しがとってもまぶしい。すがすがしい感じ。

a0036499_2213477.jpg

villa3にあった同じローソファも。後ろの女性の顔のアート、こちらがクギをうって描かれたものでした。
(前回紹介していたものは違っていたようです。)同じ壁に2枚飾ってあるんですよね。

そこかしこにくつろぎスペースがあるのが秀逸。
私は塀で囲まれひとつひとつが独立しているvillaよりも、パブリックスペースのあるvillaがやっぱり好みのようです。

a0036499_22175461.jpg
リビング前にあるプールには残念ながら一度も入らなかったけど。

他のゲストを気にせず、仲間で貸切で過ごすのもよさそうです。
但しvillaの部屋割りが微妙なところでしょうかね~??
[PR]

by warna-warni | 2008-04-27 22:23 | bali hotel | Comments(2)

GAYA VILLAS&SPA Villa3

飛び石ながらGWに突入。
出発間近になってホテル側の都合で滞在ホテルも急遽変更に・・・。
今年の雨季の天候かなりひどかったようですね。
ホテル設備の都合上ということでしかたありませんが。
実は今回の変更これが初めてじゃありません。二度目・・・。(涙)
とはいえ、到着してからわかるより事前に案内があってよかったですけどね。
果たして吉と出るかどうか・・・?

前回の続きです。
プールから階段を下りていくと、小さな渓谷沿いにヴィラがひっそりとあります。
a0036499_20401028.jpg
ヴィラ入り口からお部屋を。手前がベット、奥にローソファとローテーブル。三方はガラス張りということもあり、
villa2より明るい印象。

a0036499_20421632.jpg

a0036499_2044957.jpg
このソファはこのままゴロンもできてけっこうよかったですね。

a0036499_20455424.jpga0036499_20461143.jpg


扉が布張りってところがかわってる。右はクローゼット。左はバスルームへの入口とクローセット。なんと裏からもクローゼットにつながっています。スーツケースも横にふたつ並べて広げるとスペースはなくなってしまうけど、裏方も充分。

a0036499_20504665.jpga0036499_20512532.jpg


ダブルシンクです。真ん中にある棚に化粧品などなんとかおくことができました。
villa3はシャワーのみです。窓の外は一面のグリーン。

結果、外を見るとジャングル!なvilla3が気に入り、一度はvilla2に苦労して荷物もいれてもらったものの移動することにしました。

ある夜は部屋に蛍が舞い込んできました。

気になった点。
近くに鶏小屋?があるのか(鶏がすぐ近くまで散歩にきてましたから)風向きによってはすこーしにおいが漂ってきたことでしょうか。戸を閉めていれば問題ありません。
[PR]

by warna-warni | 2008-04-26 21:01 | bali hotel | Comments(6)

GAYA VILLAS&SPA Villa2

Gayaは3つのVillaとパブリックリビング&プール、spaという造りです。
どちらかというとレストラン(アートギャラリー)が有名ですよね。

実際はvilla3に滞在したのですが、当初villa2で予約していました。
というのもvilla2はメゾネットスタイルのお部屋。
女子二人滞在ということで、私達も希望していたし、実際に初めに通されたのもvilla2でした。
villa1はたまたまオーナー夫妻が滞在していたのでNGでしたけど。

まずは初めに通されたvilla2を紹介します。とはいっても画像は少ししかありませんが・・・。
a0036499_22331863.jpg
釘を使って描かれている女性の顔を描いた絵が目印。ヴィラへの入り口はバリ式の観音扉。

a0036499_2236665.jpg

a0036499_22372582.jpg
別の角度から。すぐにプールにどぼんできる場所にあります。

a0036499_22411045.jpg
a0036499_22431111.jpg
テーブルには庭にあるバショウやジンジャーをつんできて飾ったという趣のアレンジ&ウェルカムフルーツ。
もしかして花瓶もGayaで作成されたセラミックかもしれませんね。

バスルームは、半野外のバスタブがあり、ダブルシンクです。

メゾネットの画像はないのですが、行ってみた印象は暑い!(笑)
熱がこもっていて、実際こちらで寝るのは少々躊躇してしまうかな?と。
ACを効かせれば多少はよくなったかもしれませんが・・・。

そこでvilla3も空いているということで、見てから判断することにしました。続く・・・。
[PR]

by warna-warni | 2008-04-23 22:55 | bali hotel | Comments(4)

緑に囲まれて・・・

a0036499_23272953.jpg

外を見ると熱帯の色濃いグリーン。ウブドらしいこんな環境を満喫するのも時にはいい。
雨季であればもっともっと艶やかで水水しいんだろうな・・・。

di sayan GAYA VILLA3にて。
[PR]

by warna-warni | 2008-04-19 23:35 | bali hotel | Comments(10)

cherryな気分

a0036499_23165298.jpg

指先まで美しくkeepし続けているって心の余裕の表れだと常々感じている。憧れである。
しかーしズボラ&余裕がない私には到底無理なお話・・・。トホホ。

そんな私がessieのとある色に惚れて、安く売っている海外サイトから取り寄せてしまった。
あまりにも安すぎて大丈夫かな?と心配していたのだけど、届いてみればなーんだ!簡単じゃない。全くの杞憂であった。

このネイルとの出会いは“ネイルが趣味”という有難き友人にネイルしてもらったのがきっかけ。

見た目、ちょいと派手?と思いきや実際に爪にのせてみると不思議。
まさにcherry!桜貝を連想させる艶感のある美しいピンク。

一緒にフレンチにもよさそうなあわ~いピンクとうすーいグレーも購入。
美しい手を目指してがんばることにいたします。。。期間限定!だろうけどね。
[PR]

by warna-warni | 2008-04-17 23:40 | 日々sehari-hari | Comments(4)

続々 ゲストハウス ティンガーラ@石垣島

まだまだ?海編です。
ティンガーラの敷地、けもの道をくだっていくと入り江に。
まわりは崖なのでだぁれもいない海~♪です。

海水浴場&キャンプ場がある米原海岸からも少々距離(2kmくらい?)があるのでたどり着くのは厳しいかと。
ですのでほぼプライベートビーチを堪能できます。

海の画像については“タグ 八重山@2007”から以前アップしたものがご覧になれます。

なにぶん素人につき水中写真は難しく、また多少深い場所ですと光が届かないので、
画像でお伝えしきれないのが歯がゆいのですが・・・。実際はもっともっーと綺麗ですので~。
雰囲気だけも伝えることができれば!ということでご了承くださいませ。

a0036499_21281295.jpg

a0036499_21283438.jpg

ほんとに小さなクマノミ。下のほうにいます(汗)かなり接写してます。

a0036499_2129525.jpg
こちら実はけっこう深さがあります。ライフジャケットを着用せずラッシュガードのみだったので、けっこうビビりながらでした。でもシャッターは押してるし(笑)

a0036499_212932100.jpg

水滴が写ってしまいましたが。。。
階段も海へのけもの道(石がひいてあります)もオーナーが作ったそうです。
潮が満ちてくると荷物も海にさらわれてしまう可能性あり!要注意です。

海中散歩中、珍しい大きな貝(しかも美味しいらしい)があったということで、奥の方においたのですが・・・。
しばらく遊んだ後戻ってみると。。。どうやら自力で自分の確固たる意志で海に帰られたらしく・・・(涙)見事になくなっていました。

a0036499_21473370.jpg
ちなみに海の地図も用意されています。が・・・なかなかこれを見ても把握することは難しく、
あくまでも時間があえばですが、海中散歩に連れていってもらうことも可能でした。
私達も何度か連れて行ってもらい、場所を覚えた後自分達で泳いでいました。

ここにいると夢中で遊んでいた子供の頃のようについつい時間を忘れてしまいます。

*海の天気は変わりやすく、遠雷が響いた時もすぐにあがったり、急に風向きが変わった際も
すぐに海からあがりました。
シュノーケリングをする際には、海のコンディションについてアドバイスいただくことができます。


[PR]

by warna-warni | 2008-04-16 21:58 | shimatabi~八重山 | Comments(4)

続 ゲストハウス ティンガーラ@石垣島 

a0036499_13525461.jpg
朝、ベランダから川平方面を眺める。鳥の合唱がにぎやかな朝でした。

ティンガーラは朝食も夕食もリクエストベース。
夕食は前々回は1泊につきとティンガーラで。前回は2泊したので一度はティンガーラ、
一度はもちろん石垣牛を食べに外に出かけました。
石垣の市街地へは車で30分もかからない距離です。
近所にも数軒あるようなのですが、夜営業しているお店がないようです。

夕食は家庭料理ですが、ボリュームたっぷり。
前回失礼ながらも、“こんなにお安くて大丈夫なんですか?”と聞いたところ
“え、そうですか?だいじょうぶですよ~。”というお答え。
こんなところからもオーナーの人柄がおわかりいただけるかと。

自給自足できるものは(野菜や果物など)敷地にある家庭菜園で育てて、食事でも提供しているそうです。
オープンほやほや時は、島バナナをいただいき、昨年滞在した時は野菜やパイナップルなど何品か自家菜園で収穫したものが提供されていました。

それから、パクチーは育って育ってしかたないというなんともうらやましい発言。

夕食です。この内容で1,500円でした・・・。(飲み物はもちろん別。でもこれがまた安い!)

a0036499_14225388.jpga0036499_14231324.jpg

まずは、オリオンビールで喉を潤しながら、大好きな島らっきょうを。
他に、もずくとジーマミ豆腐ときゅうり・ニンジン・セロリなどのサラダも量たっぷりと。

a0036499_14274479.jpg
地元で取れた魚です。初めて聞く名前で忘れてしまいましたが、中華風の味つけでとっても美味しかった。

a0036499_14293913.jpg
石垣牛のハンバーグ

a0036499_14303853.jpg
冬瓜と豚の煮物


これにもちろんご飯もありますが、私はいっつもご飯はパスです。

a0036499_14342163.jpg
デザートは、パイナップルとパッションフルーツ。たしか自家製?だったかと・・・。

かなり満腹、満足な食事でした。

a0036499_14452062.jpg
日の入りの時間も遅いため、夕食時サンセットがレストランから見えます。この日は雲が多かった・・・。

ほぼ同じ時期の前年は・・・
[PR]

by warna-warni | 2008-04-13 14:51 | shimatabi~八重山 | Comments(8)

ゲストハウス ティンガーラ@石垣島

昨日CREAの特集が沖縄だったので立ち読み。とうとう全国誌に掲載されてしまったのね・・・。
2006年の八重山旅の宿選びの時流れに流れついてオープンしたてのティンガーラをみつけ、宿泊料金の安さとどうやらシュノーケリングもできるらしいしってことで1泊。この時は西表がメインだった。
でも、ここの海がどうしても忘れられずに昨年夏に今度はティンガーラに滞在することが目的で再訪。

ということで本当は内緒にしておきたかった宿。たった2室しかないので予約が取りづらくなってしまうから(笑)

ただし、昨今沖縄で続々とオープンしているゴージャスホテルでもなんでもありません。

シンプルなお部屋。手作りの料理。
八重山椰子が群生している森のある静かな環境。
目の前にはまだまだ荒らされていない綺麗な珊瑚が広がる竜宮城。
川平方面へ沈みゆく夕陽。夜は圧倒的な量の星。鳥や虫の合唱。
オーナーの素朴だけど暖かいもてなし。そしてラブラドールレトリバーのびりびり。

a0036499_12392758.jpg


どぞ!
[PR]

by warna-warni | 2008-04-12 12:20 | shimatabi~八重山 | Comments(6)

果てしなく続く・・・旅の煩悩

半年の間海外脱出をしていないせいもあり、悶々とした日々を送ってます。
冬眠生活もそろそろ終了。ハイ!そろそろ旅に出たくてうずうず・・・。
今年は脱!アジアを目指し、はじめはお初になるParisへ行こうか?などと思ってはいたものの
ここにきて以前から気になっていて、もちろん“いつか行きたい国リスト”の上位にある彼の地が気になりだし・・・。

不思議なもので全く関係ないようなサイトを見ていてもビンゴ!ってな場所にぶち当たるもので・・・。
a0036499_23205743.jpg

近いうちにココ行ってみたいな~!
*サイトから拝借・・・。ごめんなさい。
[PR]

by warna-warni | 2008-04-08 23:22 | 旅 perjalanan | Comments(8)