「ほっ」と。キャンペーン

sedap malam

a0036499_0442217.jpg
香しきこの花と共に過ごした友人に捧ぐ!
[PR]

by warna-warni | 2008-10-28 01:04 | 花 bunga-bunga

秋色の花達

今日月イチの花のレッスンだったのですが、paris旅行の写真をみせていただき、
parisの町並みってシックで、マルシェでも野菜のディスプレイでさえ芸術を感じる
素敵さにやはりバリばっかじゃなくパリにも一度は行ってみたいな~という気持ちが強くなってしまいました。
円高でかなりのユーロ安だしなおさらですね~!

a0036499_21535364.jpg
少し前に友人達よりいただいた花を例のワインクーラーに飾ってみましたよ。
ユリは最後のつぼみが今日咲ききりました。オーニソガラムも綺麗に咲きました。
少し蒸し暑ささえ感じるくらいの最近の気候だけど、やはり花持ちはぐーんとよくなりましたね。

a0036499_21573437.jpg
ユリも枯れ始めてさびしくなりそうだったので、
ドラセナのピンクにリンクする珍しい咲き方のガーベラを追加してみました。

a0036499_2231653.jpg
本日は深紅のバラをメインにコックリと秋らしい花の組み合わせ。

BALIでデジカメを壊してしまって今修理中。代替で今年いただいたCyber-shotで撮影。
このスマイルシャッター機能けっこういいかも♪なかなか楽しい写真が撮れますよー。
[PR]

by warna-warni | 2008-10-25 21:59 | 花 bunga-bunga | Comments(6)

Duplex village villa@kupukupu barong

kupu2で滞在したVillaは、一番お手頃価格のDuplex village villa。
ルンブンスタイルの2階建てのVillaとなります。このカテゴリーだけはプライベートプールがありませんが、
すぐ近くにメインプールがあるのでプールがない不便さは感じませんでした。

a0036499_19301516.jpg
黒い石を積み重ねたエントランスの壁が印象的で、一枚板に彫られた花の文様も素敵です。

a0036499_19494963.jpg
1階はリビングとバスルーム。クローゼット&セーフティBOXも1階に設置されています。

a0036499_19595453.jpg
DVDはもちろんのことi-podのデッキもあるのがうれしい。
DVDソフトも部屋に数枚用意されていましたが、フロントでストックがあるようです。
ワインは新しいHattenWineのシラーズのTWO islandがミニバーメニューにあります。
オーストラリアとバリ産の葡萄のブレンドで造られているようですね。

今回kupu2でこちらのシャルドネをオーダーしたら残念ながらなく、シラーズをグラスでいただいてみました。
あまりシラーズぽくない軽めの赤という印象でした。

a0036499_20394933.jpg
1階からの眺めはこんな感じ。段差はあるものの2列並んで建っているVillaの屋根越しにayun川を眺めるの図。
やはり屋根が邪魔ですな。

a0036499_2053146.jpg
バスルームはかなり広いスペースがとられています。
壁が少し空いている造りですのでちょっとだけ野外バス。
この大きなバスタブがあるのはいいんですけど、湯量に非常に問題が・・・。
一度入ろうと思い貯めたのですけど、途中から予想通り水に・・・。
バリではよくあることとはいえ、それならこんなに大きなバスタブはいらないですよね~。

a0036499_2133233.jpg
洗面はシングルシンク。この奥がトイレで洗面の背面にシャワーがあります。
長椅子は着替えを置くのに便利でした。
そしてシャワーは時間帯によっては全くお湯が出ない・・・。しかも水量も少なく、夜シャワーを浴びると寒い・・・。
固定式シャワーで、浴びやすいように方向を変えると水がほとんど出てこないんですよね。
たまたまこのヴィラだけだったのかもしれません。
ただ安いホテルなら我慢できますがKupu2クラスのホテルならぜひぜひ改善してほしい点です。(ホテルへコメントしっかりと残しました。)

a0036499_2112623.jpg
螺旋階段を登り2階へ行きます。

a0036499_21195093.jpg
ツインの部屋をリクエストしました。それぞれ別々に天蓋がついています。

a0036499_2121250.jpg
午後は陽があたりちょっと暑いのですが渓谷沿いにテーブルセットがおいてありここからの眺めはなかなか。
a0036499_2122219.jpg
1階よりも高さがある分こちらの方が眺めは断然いい。この時焼畑していたのかちょっと煙ってましたけど。

ベットの脇には鏡台もあり、女性二人なら一緒に準備もできます。
それから2階にもトイレがあり、夜中にトイレに行く際は下まで降りずに済むので便利。

元々古い建物なのでしょうけど、お湯問題以外はうまくリノベーションされているなと思いました。

話は変わって、真夜中にスタッフにリクエスト
[PR]

by warna-warni | 2008-10-19 23:15 | bali hotel | Comments(7)

kutaのluxury spa~DaLa Spa

以前はVilla de daunってkutaの中心部にあるし、あくまでHPで見る限りだけど
あまり興味の持てなかったヴィラのひとつでした。

オーナーも変わっていたそうで、ヴィラの改装も行い素敵なヴィラに変わっていて
おまけにDaLa Spa のような今までのBaliにはないエレガントでゴージャスなインテリアのSpaもあるということで
GWにいそいそと行ってきました。
a0036499_12231166.jpg
Villa de daunのフロントのすぐ隣にSpaはあります。

葉の形をしたゲストカードには、肌タイプや問題ある身体の部分のチェック、マッサージの強弱の好みなどを記入する他に、室内の温度設定を指定する質問もありました。
これは従来のSpaにはありそうでなかなかなく、一歩先を行っている感があります。
室内の温度設定が低すぎて寒すぎる・・・なんてこともありません。
個人差もありますから温度指定できるのはうれしいですよね!

それから室内に流れる音楽はクラッシック、チルアウトにイージーリスニングの三つから選択可能。
通常なら迷いなくチルアウトを選択しますが、この時はインテリアにあわせてクラッシックにしてみました。
a0036499_12471237.jpg
マッサージオイルも6種類の中から選べます。
私が受けたメニューは、トゥティ・フルーティー・スパ。本来ならオイルもトゥティ・フルーティーを使用してマッサージを行うそうですが変更してもらいました。
どれに変更したかは忘れてしまいましたけど・・・。

a0036499_1372294.jpg

a0036499_13816100.jpg
私が受けたスパルームは一番奥にあるオレンジを基調としたCattleya。
a0036499_13125977.jpg
着替えをすませた後、こちらのロマンティックな椅子に座りまずはフットリチュアルからスタート。

アロマテラピーマッサージは、ゆるやかで丁寧なマッサージ。とってもリラックスできました!
a0036499_13252328.jpg
ウォーターメロン&ハニー・フェイシャルもなかなか満足。ビタインEを使用しているとか・・・セラピストが言ってましたわ。
最後にリップバームを塗ってフェイシャルは終了。このバームがジンジャー&ハニーで気に入ったので購入。
〆はオレンジ&ライムミルクバスでした。

a0036499_13444489.jpg
もちろんスパルームの中にトイレもシャワールームも完備。シャワーにはラクに座れる高さのあるイスがおいてあるのも珍しかった。
鏡台も用意されているので、化粧直しといきたいところですが照明が暗いゆえにちょっときびしいでしょうか?

a0036499_14105246.jpg
パパイヤシャーベットとスイカ。お土産にフェイシャルで使用したふき取りスポンジもいただきました。

2時間半でお値段は90ドルくらい。
ゴージャスなインテリアだけならリピートはないですが、Dala Spaは技術もたしか。
コスパフォもいいし、バリにいることは忘れて(笑)ヒトトキうっとりとした空間に身をゆだねるSpaもいいなと思いました。
いつかまた再訪したいな。
a0036499_14314342.jpg

*照明を落とした部屋なので全体的に画像が暗くなってます・・・。ご了承ください。

実際にVilla de daunに滞在されたmeroさんは赤~ixoraと緑~midoriの部屋で体験されています。
次回は違う色の部屋を指定してspaを受ける楽しみもありますね。
もちろん予約状況にはよるのでしょうけど、リクエストは受け付けてくれるそうですよ。
[PR]

by warna-warni | 2008-10-18 13:45 | bali spa | Comments(6)

Baliならでは贅沢空間Villa~Sitara padi

↓のホテル集合写真の左上のプールは、クロボカンにあるSitara padiのロイヤルビラのもの。
最終日、もちろんホテルのチェックアウトは12時。しかも1時には新たなゲストがくるという。
友人達がこれから滞在するというSitara padiに私もちゃっかりとお邪魔させていただいたというわけです。
ですから残念ながら宿泊はしていません。

実はこのヴィラについては、ちょうどホテル選びをしている際に存在を聞いてはいたもののHPをみても特に惹かれることなく、他のホテルを予約してしまったということで、大きな期待もせずにノコノコとついてきた・・・というのが正直なところ。
a0036499_164777.jpg
しかし、観音式のバリスタイルの門をくぐるとそこには・・その敷地の広さたるや・・・!!
ホテルのヴィラではない限り、塀に囲まれて独立しているのがお約束な昨今のヴィラスタイル。
中に入るとここがヴィラ?ってことを忘れてしまいそうな空間が待ってました!!
そこには200年前のジャワアンティーク家屋を移築したというリビング。
くつろぐスペースもたくさんある中から選択できるし。キッチンも大きい。
独立したベットルームが3つ。もちろんプールも充分泳ぐことができるし、バレにはマッサージ台がおいてある。
それになんといってもヴィラ内に田んぼがあるのですよ~。
a0036499_16464085.jpg
最後にこんな贅沢な空間にお邪魔したこともあって、そしてVillaからの夕焼け空を眺めながら日本に戻りたくない・・・ってちょっとさみしくなってしまったわけです。
a0036499_16323250.jpg
もちろんこんな開放的な空間ですから、いろいろな闖入者も現れます。
プールサイドでのんびりしていた時、友人が“後ろ見ないでー。蛇!”という忠告にもかかわらず、
見なければいいものの好奇心が勝り、振り返ってしまった。

するとそこには、銅っぽい艶っとした色の細くて長い蛇がススッーと敷地を滑るように横切っていき、
やがて椰子の木の下に隠れました。その動きがあまりにスマートでちょっと見とれてしまったというか・・・。
いや、実際はいやですよ・・・、蛇はね。
一瞬のことでしたが、ナゼか妙に印象に残った事件となりました。
a0036499_1633594.jpg


a0036499_15555911.jpg
そして、こんなアンティーク空間に身を置くっての非常に贅沢なことのひとつだと思うのです。
アンティークってともすれば暗くて怖い・・・といった方にぶれてしまうところを
オープンリビングにしているため閉塞感もなく暗くないですし。

ただ、ナゼにこの絵を飾ったのか?とオーナーに聞いてみたい!ヒンズーインドな絵はかなり微妙・・・。
a0036499_16385944.jpg
この絵の場所にさらりとアンティークバティックやイカットなんか飾ってある方がいいのにな~と。

そしてすべてをコテコテのアンティーク仕様にしていない所もいいな!と思ったことのひとつ。
独立したベットルームはひとつのヴィラを除き、白い壁のシンプルな空間には
『Disini』ぽい木をモチーフとしたデザインの小物類が飾られていて、
半野外のバスルームもそれぞれ素材や形など凝った造りになっていました。

ヴィラはどれも同じ条件の広さではないけど、いつか気心しれた友人達とぜひぜひ滞在してみたいヴィラとなりました。

できることなら本当にそのまま私も滞在したかった・・・(涙)

*シタラパディについてはカンナさんのビバ☆のんのんで紹介されています!
[PR]

by warna-warni | 2008-10-12 16:54 | bali hotel | Comments(2)

kupukupu barongのタイムトリップ空間 resort2008

Ubudでのスモールラグジュアリーホテルの先駆けといわれるKupukupu barong。
オープンからすでに20数年の歳月を刻んできている老舗ホテルですね。

一瞬遺跡の中に迷い込んだような空間。duplex village villaへのアプローチです。
a0036499_22592049.jpg

a0036499_23018.jpg


そしてすぐ隣にあるメインプールへ向かう先には、
ボロブドゥールの壁画にも彫られていそうな仏教のレリーフがあります。
a0036499_2351114.jpg
もちろんこれらがホテルオープン当初からあったものかどうかは私にはわかりません。

a0036499_237158.jpg
残念ながら渓谷には面してはいないけど、このプールも妙に居心地いいんですよ。

duplex village villaはプライベートプール付ではありませんが、
このメインプールがすぐそばにあるので全く不便は感じませんでした。
たまたまかもしれませんが、夕方になると数組が利用しているだけという状況でしたので、
ほぼプライベート状態でのんびりできましたし。
a0036499_23402870.jpg


Tandjung Sariに滞在した時にも感じた老舗ホテルならではの熟成された空間。
私が今回のホテル滞在で気に行った場所のひとつがこのタイムトリップできそうな場所でした。
[PR]

by warna-warni | 2008-10-07 23:54 | bali hotel | Comments(2)

kupukupuからサイクリングでKedewatan散策

kupukupu Barong@ubudに無料のレンタルサイクルがあるということでしたので、
これはぜひぜひホテル近辺を巡ってみよう~!ということになり、
まずは8時からのホテルアクティビティのYogaに参加後、朝食もすませてというプランを立てました。
a0036499_11372443.jpg
yogaスペースは、Mango Tree spaの“Garden spa”内にあります。
そこは、緑多き独立した敷地内にYogaスペースがあり、
その奥にはマッサージルームが併設されているなんとも贅沢な空間。

この日の担当は、クトゥ先生。ホテルのYogaだし、初心者向けの内容だと思っていたら予想外の盛り沢山な内容。
サンサルテーションでは、ダウンワードドックから片足あげてそのままチャトランガへ移行
といったアレンジもありでけっこうハード。
気がつけば、予定の9時はとっくにオーバーしていて、からだもほぐれて気持ちよく終了。
サイクリングの準備運動にもバッチリです!

朝食後、KupukupuBarong1号&2号にてサイクリングにいざ出陣!
但しホテルで地図などは用意されていないので行き当たりバッタリ。
当初、サヤン方面に下って、アマンダリでお茶でもしてみようかと考えていたのですが、
スタッフから“北へ行くと田んぼが綺麗だよ~。脇道入るとね。”というなんとも漠然としたアドバイスをもらい、
その言葉に素直に従うことにしました。

それは北へ向かうということはまずはずーっと上り坂を行くことになる。“行きはよいよい帰りは怖い・・・”よりも、
行きに頑張って登り坂を進み、帰りはラクな下り坂でイッキに戻ってこられるというもくろみも。

ロイヤルピタマハの看板を見ながら北に進んでいくとやがて左側に田園風景がひろがってきました。
a0036499_1275324.jpg
但し、畦道に入ってみると途中までしかいけなかったり、遠くに棚田が見える場所もあったりしたのですが、
そこは谷に阻まれ進むこともできず・・・。
アテもないけどもうしばらくなだらかな上り坂を進んでいくことに。

すると一面にライスフィールドが広がっている場所に辿り着きました。
この時は強い日差しもあり、ガッツリ汗もかいていたので、風が通り抜けるそこはとっても気持ちがいい。
Puri Wurandari・・・。
a0036499_12272543.jpg
ホテルへ続く道。一見してもホテルの姿は何処にもない。
もちろんこのライスフィールドビューが何処まで続いているのか知りたい。迷うことなく左へ進みます。
しばらく進むと警備の門があり、その後歩いていたスタッフに声をかけられました。
“見学する?”とうれしい申し出。“もちろん!”
a0036499_12314247.jpg
取付け道路まわりは右も左も見渡す限りのどこまでも続く青々としたライスフィールドビュー。
最後に下り坂を進んでいくとフロントがありました。
a0036499_12462380.jpg
Puri Wurandariって今まで渓谷ビューのホテルだと思っていたので予想外のいい裏切られ方でした。
こんな素敵なライスフィールドの中ホテルへ辿り行き、ホテルへ到着するとフロントの向こうにはこれまた目の覚めるような渓谷ビューありと。一粒で二度美味しい景観のあるホテルだったのですね。
ちょうど日本人スタッフの方がいらしていろいろと案内してくださり、田んぼのことを聞くと
ホテルの土地ではないけど援助はしている・・・とのことでした。
a0036499_12551945.jpg
ヴィラを見学した後、絶景が楽しめるBarong Barで休憩です。
Beerといきたいところですが、ここは“Ginger lover”というキンタマーニ産ジンジャーを利用したmocktailを注文。
少しシュワシュワ感がほしかったので、本当は炭酸入りじゃなかったらしいのですが変更して作っていただきました。
a0036499_13221995.jpg
ジンジャーの味がしっかり効き、他にパイナップルやココナッツが入った“Ginger lover”。
運動の後は何を飲んでも美味しいに違いないけど、丁寧に作られた感が伝わってきて、
本当に美味しかったし、この場所は私達にとってのオアシス・・・でした。
あまりに気持ちよくって、ここで根をおろしてしまいそうな気持ちをふり切り、
案外近くに見えたこの先のホテルまで行ってみようということにしてPuri Wurandariを後にしました。

しかしここでやめとくべきだったと後悔することに・・・
[PR]

by warna-warni | 2008-10-05 14:53 | bali hotel | Comments(10)

KedewatanでSunsetを!

アユン川沿いのホテル滞在は実は今回で二回目。
Ubud好きの友人が同行していたこともあり、滞在したのはkupukupu barong ubud。
今回、高級老舗ホテル御三家(オベロイ・タンジュン・サリ・クプクプバロン)のふたつ目にようやく滞在する機会が訪れました。これで、残すはオベロイのみです。

ホテルにチェックイン後、前日のフライト疲れを取るためにも、まずはマッサージでしょ!ということで、
まずはSPAの予約から。それまではホテル内で過ごすことにして友人とおしゃべり。

夕刻、綺麗なサンセットが見れるかも?ということでフロントまで出かけてみると
a0036499_1413779.jpg

a0036499_143586.jpg

a0036499_1432918.jpg

ジャングルに沈むサンセットはスミニャックの砂浜で見るサンセットとはまた違う表情を見せてくれました。
海に沈む夕陽は圧倒的で華やかな印象。山に沈む夕陽は厳かでひっそりと静かに。

ジャングルに落ちた後も静かにゆっくりと空の色が変わってきました。
私は陽が沈んだ後の空の色雲の色が刻一刻と変わり行く様を見ているのが好きで、これは飽きることがありません。

遠くにうっすらと山も見え、鳥も巣に戻っていきます。
どこからともなく虫や蛙の合唱・トッケーの鳴き声が響き渡り、気がつくとすっかり薄い闇に包まれていました。
そしてぐぐーっと涼しくなるのがUbud。

この時間を体験できたことでkedewatanにあるkupukupuを選んだ甲斐もあったというものです。
そして、旅の始まりでの体験に幸先もよさそうな予感。

Spaの時間まではもう少し。変わり行く様を身体で感じながらBarで過ごしていました。
一緒にサーブされた大好きなウンピンをつまみながら。
a0036499_14405.jpg

[PR]

by warna-warni | 2008-10-03 00:18 | bali hotel | Comments(8)

the harmony seminyak~朝食

友人からは“朝食もそれなりな内容・・・”との話。
ジュース、フルーツにパンとホットフードが日替わりで4種類のビュッフェスタイルといういたってオーソドックスな内容。
4泊中、1日だけではヨガ目的でデサ・スニに出かけたこともあり、3食ホテルでいただきましたが、
日に日に内容が改善されている?といった不思議な印象を受けた朝食でした。
それから4日ともフードの内容は違ったものが提供されていたようで、飽きないよう考えているのかな~と感じました。
そして、イスラム風の帽子を被った調理人のおじさんがいて、会う度にとっても愛想がよかったのが印象的でした。

a0036499_20145998.jpg
フロント2階部分がレストラン。階段を上るとカウンターがあり、名簿がおいてあるので、
自分でチェックします。
赤&黒のインテリアでまとめられてました。
今回知ったのですが、ケータリングのHALLO!にもハルモニのレストランが掲載されていたので、案外手広くやってる模様。


a0036499_20192382.jpg
まずは一日目。ジュースは甘味料たっぷりのオレンジジュース(選択肢なし)。
但し、意外や意外、ナシゴレンがいけてる!ご飯はパラパラに炒められ胡椒が利いて美味しい。
それからルンピアもカラッと揚がってる。

a0036499_20253428.jpg
三日目。
まずはジュースに変化が。明らかにメロンベースの生ジュース。ミキサーで作ってました。
ブロッコリー&カリフラワーのパスタ(と呼べないような野菜が主でパスタがちょっとだけ)もオイルベースで味もなかなか。

a0036499_20293633.jpg四日目。
ジュースはこれまたパパイヤベースのミックスジュース。
ブブールにミーゴレン、アヤムゴレンとこちらも悪くない・・・っていうか美味しいと思う。
日によって他にはワッフル、ジャッフルがありました。

種類が少ないし、揚げ物が多いのが気になったけど、このクラスのホテルだったら
私は充分合格点あげられる。
ゲストが増えてきたせいで、ハリキッテるのかわからないけど、おじさん頑張ってるじゃん!と。
いっつもゲストに声かけて何やら話していたし。
そしてそのおじさんの写真がなかったのが残念・・・。


a0036499_20464973.jpg

それからお部屋で追加です。
ジャワからの観光客を意識してか天井の隅にメッカの方角を差す矢印“Kibrat”がありました。
ムティアラ マリオボロ@ジョグジャで滞在した時初めて知ったのですが、バリのホテルではなかなか珍しいですよね。
午前中TVをぼけーと見ていたら、礼拝の時間だったのでしょうか?強制的に人がたくさんいるどこぞの広場の映像に変わったのにはびっくり!でした。
[PR]

by warna-warni | 2008-10-02 21:09 | bali hotel | Comments(0)