「ほっ」と。キャンペーン

henna day spa@seminyak

jl oberoiを歩いているとスミニャックスクエアが一部オープンしてました。
場所はスミニャック方面から来るとレストラン連立地帯を抜け左に道がカーブしていく場所の右側にある2階建てのショッピングモールです。
ここにはCASAだったかな?(名前はっきり覚えてません)一番奥にデリができるようで、残念ながら年明け早々はまだ工事中のようでした。
またディスカバリーにもあるタイのブラックキャニオンコーヒーの文字も。

お店もまだ半分くらいの営業でしたが、2階にspaの文字をみつけたので見にいってみました。
a0036499_20445849.jpg

このインテリアどこかで見たことある・・・!Dala Spaのインテリアと似ている・・・と思ったら
By Villa Balquisseの文字。何よりインテリアが素敵。
ちょうどマニキュアがぼろぼろになってきていたので塗り直したいなと思いつつ何処にしようか?
時間の都合上遠出はできないし近所にないかな?と思っていたので、
これ幸いと試してみることにしました。ちょうど客の姿も見かけなかったし。

a0036499_20531755.jpg
メニューはいたってシンプル。
フットマッサージorリフレクソロジーそれぞれ30分60分
Rp80,000、140,000。
マニキュア・ペディキュアRp100,000。
ハンドマッサージ20分Rp60,000。
KID用フットマッサージ(10歳以下)が30分でRp50,000。
残念ながらボディマッサージはありません。
ボディマッサージがないってことで帰っていく客の姿を何度かみかけました。
オープンは一ヶ月ほど前という話でした。(2009.1)


a0036499_214156.jpg

a0036499_2151485.jpg

ゴージャス感もあるけど落ち着いたトーンの色使いが素敵。なにより心がおちつきます。
もっと手軽にできるフットリフレの町スパはあるけど、多少お値段が高くてもいいわ。

マニキュアは、orlyを使用していました。種類はそれほど多くはないけど肌に馴染みやすいトーンの色が何種類か用意されていたので、ベージュ系の色を選びフレンチにしてもらいました。

手を洗う時の塩もレモングラスかクローブやシナモンブレンドのものから選びます。
私はレモングラスをチョイス。クリームはモロッコからきた何とか・・・(がわかりません)。

マニキュアの腕自体はいたって“バリで受ける”ってことで普通な仕上がり。
甘皮処理や爪にオイルをすりこんだりと一通りのことは行ってくれます。
私は値段なりに満足できる仕上がりでした。

使用してる小物も洒落ているし、タオルもふかふか・・・。
あくまでDaySpaだけど、設備的にはホテルスパ並といっても過言じゃないかも?

そして翌日・・・
[PR]

by warna-warni | 2009-01-25 22:04 | bali spa | Comments(12)

BCCOとWの関係はないけど・・・

9月、ちょうど近くの町スパに行った際、甘いもの好きな友人のためにケーキを買おうと初めて立ち寄ったBCCO(bali catering company)。
a0036499_22104242.jpg

午前中に行ったこともありケーキやパンなどの品揃えのよさにびっくり!しかも値段も意外にお手頃。

a0036499_22102586.jpg
ケーキも本格的で美味しそう。マカロンも売っている。実はこちらに二度も行っているにもかかわらず、結局購入したものは食べていない。但し以前友人宅でいただたマカロンはこちらのものだったような・・・?

スィーツ系はめっきり弱い私。ダロワイヨのマカロンは友人からお土産でいただいて以来のファンに。マカロンって美味しかったんだーとはじめて思えたから(笑)

a0036499_22155241.jpg
フランスパンもとっても美味しそう。他のパン類もけっこういけそうな感じ?キッシュなどもありました。

朝なし滞在の際は、ここでパンやサラダを調達するのもよさそうじゃない?というお店のストックが増えたことも収穫。

結局この時購入したケーキの試食はしてないので味は正直わからないのだけど、美味しかったのかな~?
小ぶりだけれどタルト類はRp10,000もしなかった(2008.09)

この時すぐ隣にあったこの看板が気になった。
a0036499_2223093.jpg
Wってココにできるんだ!って・・・。

そして2009.01・・・
[PR]

by warna-warni | 2009-01-21 22:47 | bali macam-macam | Comments(2)

tandjung sariで朝食→bubur ayam 対決?

サイクリングでちょうどお腹もすいてきたことだし朝ご飯でございます。
ホテルにもかかわらずお値段はかなり良心的な設定。
bubur ayamが食べたかったのでオーダーしました。
a0036499_13111048.jpg
シンプルなbubur ayam。やさしい味でするするっとお腹に入ります。
お代わりっ!っていいたいくらい。このbubur ayamは弱った時にでもいけそう。
Es jeruと一緒に。
a0036499_1313944.jpg
それからカプチーノをオーダー。ちょうど向こうに写っている白人男性。待ち合わせしていたようでこの後、ご婦人が現れました。そのご婦人がちょっと大きめの長袖のストライプのシャツにバティックのサロンをまとって登場。
その装いに目が釘付けに!
私がマネしたところで絶対に似合わないけど、年は50後半くらい?の背が高くすらっとした容姿のその女性には非常に似合っていた。
大きな皮の鞄を持って現れたのでおそらく宿泊客ではないはず。

a0036499_13224770.jpg
こじんまりした海辺のレストランはやっぱり気持ちいい。

宿泊時(2006.10)の朝食の様子はこちら
同じくbubur ayamを食べたけど今回ちょっと具の量がさみしくなかったかな~?

最近食べた他のホテルのbubur ayamはというと?
[PR]

by warna-warni | 2009-01-17 23:46 | bali hotel | Comments(6)

一面のグリーン!グリーンに惹かれて

ここ最近全く手に取っていなかった“日経おとなのOFF”。
見開きいっぱいのライスフィールドの写真に手がとまった。
OFF-ROAD 旅は寄り道 文・写真 沢木耕太郎。
バックパッカーのバイブルとなったあの深夜特急の著者。(残念ながら読んでませんけど)
ぱっと見る限りBALIの字はどこにもないけど、これはBALIでは?と思い読んでみるとビンゴ!
すぐにプラマ社の文字が。

調べたら4月から連載しているようで、これは以前の記事も読みたい!と思い、
ダンナに聞いてみると先月号も買っていると。
なんで教えてくれないんだ!!!

1月はチャンディダサ、2月はウブドでした。

氏はバリ滞在は初めてのよう。どんな視点で紀行文が綴られていくのかかなり楽しみなので
来月からも立ち読みでチェックしようかと(笑)

バックナンバーも読みたいな~!連載が終わったら本になることを願いつつ。

a0036499_21413182.jpg
Yogabarn手前。9月は稲刈り後の枯れ草の中、カモが仕事していた同じ場所。
見事に一面青々としたライスフィールド。成長早すぎる!!



そういえば、ハノマン通りから眺めたカフェキタの向こう側もそれは見事な青々とした世界!
眺めを楽しみつつ昼食事に行こうと思いながらチャンスがなく残念ながら行けなかったっ!
[PR]

by warna-warni | 2009-01-15 21:51 | 好きなもの saya suka | Comments(6)

チャリで巡るsanur散歩

しばらく9月と今回のバリ旅をおりまぜながら。

サヌールは朝の散歩が気持ちいい!ってことでpuri ayuからtandjung sariまで
ホテルのボロチャリを借りて行ってきました。

その様子はクルーニー嬢もアップしてますのでどーぞ!

a0036499_11264244.jpg
プリサントリアンのあたりでまずはご来光を見に。厳かに静かに朝陽が上っていきます。何度見てもいいもんですね。
サヌールに滞在したらやはりこれは外せないでしょう!となるとやはり海近くに滞在するのがベストかな~。

a0036499_11283641.jpg
犬も朝陽を見にきたのかな?とはいえ逆向いてますが・・・何か?

a0036499_1136271.jpg
ペニダビューのレストランも改装してるようで居心地よさそう。

a0036499_114044100.jpg
個人ヴィラだと思うけど、遠目から見てもこなれた感じの素敵なインテリア。ワヤンクリもさりげなく飾ってあったりして、
長い年月バリを行き来していてヴィラを建てて住んでいる西洋人かな~?それともビジネスで成功しているインドネシア人のお宅かな~?などと想像するのも楽しい。
海沿いだから手入れも大変そうだけどね・・・。

a0036499_11521170.jpg
大木が砂浜に迫り出すように茂っている場所もあったりして。photo by クルーキー

a0036499_12101197.jpg
このヴィラは何処でしょうね~?
a0036499_12151821.jpg
などとチャリでゆっくり時間をかけながらtandjung sariに着きました。
[PR]

by warna-warni | 2009-01-12 11:12 | bali hotel | Comments(8)

dua tahun yang lalu・・・dua tahun yang akan datang

a0036499_036428.jpg
この画像でココがわかった人はかなりの通!ですね・・・。
ちなみにこの画像はちょうど2年前に食事に行った時に撮影したもの。

a0036499_0513632.jpg
大波の影響もあって侵食されたという海岸。護岸工事が行われた後、どう変わったのか楽しみにしていたんです。
ホテルの名前が変わってからはじめての訪問。

この画像見ればおわかりですね。以前との違いわかります・・・よね?

a0036499_0544167.jpg
ココも以前と変わった場所。ビーチにそのまま出れるようになったから。

でもホテルができる時もそのままの姿を残しているという大木はそのまま・・・。
隠れ家のような緑濃い空間はより一層その魅力を増して。

可能だったら三度目の滞在できればよかったな~!って思ったkupukupu(旧Sandi Phara)でした。 
[PR]

by warna-warni | 2009-01-08 22:11 | bali warung | Comments(6)

常夏のバリより真冬の日本へ

今朝無事に戻りました。

5日のJL便は80%の搭乗率とカウンターのお姉さん談。
ってことで話しているうちに3列席を一人で使う席をゲットでき、帰りは横になり爆睡して帰ってきました~!

今回10泊という私にとっては長期滞在。5泊ウブド、5泊スミニャック。
ウブドはウブドらしい滞在を、スミニャックはスミニャックらしい滞在(って何だ?)になった旅でした。

私は全く異なる街である雨が似合うしっとりした田舎のウブドも、
そして沢山のお店が連なり賑やかでスノッブな香りのスミニャックもどちらも好きです。

欲張りなのでどちらが・・・とは選べません。今回そのことを再認識しました。

今回のSpa回数は、ホテルのコンプリメンタリーも含めて7回。
1ヶ月前にオープンしたばかりという今の私のツボにくる素敵な町スパもみつけました。
(ここには2回行ってしまいました。)
どのSpaもそれぞれに満足感があり、外したな・・・と感じたことがありませんでした。

Yogaにはドロップインで2回。

最後の3泊は朝食がついていなかったので、スミニャックの海沿いのレストランに毎日通って
ワクワク感がありました。

恒例のお買い物は、それほど・・・でもありませんが、最後の最後にたかが布ごときで・・・。
だってルピア安だから~と自分に言い聞かせてね。

残念ながら両替レートは期待数値の120はきってまして、117.5~114くらいの間。
お正月にむけて下がり、昨日はまたあがってました。

そしてスミニャックの両替といえば私はいつもbintang近くのマスピン。
なんとなんと!スミニャックにもう一店舗できてました。(9月は気がつかなかっただけかも?)

場所はJl Raya Seminyakとサンセットロードが交差する場所、クタ方面から行くと左に道なりに曲がり、
Jl Oberoiへむかう道沿いの右手側です。

これでオベロイ地区周辺滞在の際は、ビンタンまで行かずに両替できます!

a0036499_13191823.jpg


滞在が重なった友人も多くバリでお会いした方々や現地在住の友人。
今回の滞在ホテルではなかったのですが、日本人スタッフの方にもお世話になりました。
皆さんどうもありがとう~!

Dala spaに行った方ならご存知、マッサージベットののぞき穴にある格言は
“Friends are the most important ingredient in the recipe of life. ”
心に染み入る言葉でした。


a0036499_13332919.jpg
牛年ってことである意味今のスミニャックを象徴するような建設ラッシュのヴィラ売出広告と牛の図。
 
[PR]

by warna-warni | 2009-01-06 13:35 | bali macam-macam | Comments(4)

selamat tahun baru 2009!

昨日南部へ移動してきました。なんとか渋滞も回避できまして・・・。
本当に年末の車の多さはひどいですね・・・。

昨日はこちらの時間で年が変わる1時間前突然激しいスコールが。
10分ほどであがりましたが・・・。
隣でも打ち上げ花火やロケット花火などあげていたようで、ラッパの音と共に
賑やかな年明けでした。

私は滞在しているヴィラでナシチャン食べつつ紅白見て(笑)のんびりしてました。

今回の旅はなんでここで会うの?っていう偶然がすでに二度も(笑)
ubudのホテルではHP時代のネットを通じてお知り合いになれた知人と
偶然同じホテルに滞在。もちろんお互い知る由もなし。

そして今滞在のヴィラでは、以前某ヴィラのバトラーで、
それ以降も不思議と何度か偶然会ったりしているAさんがこれまた偶然来ていて。

しかもしばらく会っていない旦那が声をかけられたようで、これまたびっくり!
もちろん彼は私達がここにいることは知らないし。

のんびりしてる間に滞在日数もあとわずかになってきてます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

先ほどオベロイ通りを通ったらものすごーく流行っている店とそうでない店の差にびっくり!
とにかく人が多いです~!
[PR]

by warna-warni | 2009-01-01 22:17 | 日々sehari-hari | Comments(12)