「ほっ」と。キャンペーン

脱アジア!な旅

ここ10年程の間どっぷりとアジアに浸かっていた私。
久しぶりにアジア圏を抜け出します。
しかも長年行きたかった彼の地。昨年は行きたくてもタイミング悪く行けずじまいでようやく!

まるで遠足前の子供の頃のようにワクワクしすぎて眠れない~?って気分ですが、
実際はというと仕事疲れで少しでも寝たいけど、準備等で眠れないってのが現実・・・。

初めて行く大陸に。国に。街に。

果たしてどんな出会いがあるのか?どんなハプニングが待っているのか?

いつものバリではなくパリに向けていざ出陣!
[PR]

by warna-warni | 2009-05-30 06:58 | 旅 perjalanan | Comments(2)

昼下がりのMA JOLY@山のkupukupu

昼下がりのMA JOLY@KUPUKUPU BARONG UBUDです。
ひょんなことからKUPUKUPU UBUDの日本人スタッフさんと私の友人が以前からの知り合いだったということが発覚。
また9月の滞在時にお会いできなかったこともあって、インスペクションという名の元にランチにご招待してくださり、
私もちゃっかりそのご相伴にあずかることに(笑)

a0036499_11393590.jpg
雨季真っ盛りの12月。今にも雨が落ちてきそうな雲行き。新しい赤のドーム型の布に変わっていました。
増築され数日前にopenしたばかりという新しいAyung River Pool Villaを見せていただけるということで
楽しみにしてました。インテリアも少しモダンなテイストに変わっているというお話です。
a0036499_1144497.jpg
予想通り雨がぽつりぽつりと・・・。先にランチをして後ほどお部屋にということに。

前回滞在時にはランチはいただく機会もなかったのですが、メニューはディナーと同様のようです。
1皿のボリュームもたっぷりということで前菜を2品選びシェアしつつ、メインは個々に1品ずついただくことにしました。

a0036499_11514115.jpga0036499_11515796.jpg

アミューズはカナッペとコーンのムース。パンにつけるオリーブオイル・バルサミコ等。
オリーブオイルはこの時期に変わったばかりだそうです。

a0036499_11593147.jpga0036499_11595284.jpg

シーザーサラダとマンゴー&エビ&ホタテのサラダ。ボリュームもたっぷり。シーザーサラダは焼いたエビにパルメザンチーズも大胆にゴロっと入っています。

a0036499_124534.jpg
メイン集合~!
私はラムラックをいただきましたが、やわらかくて味もしっかりでとっても美味しかった。
やはりラムとくれば赤ワイン。シラーをいただきたくなりました(笑)
この時もビンタンで我慢でしたが。ランチとはいえ、遅めの時間だったこともあり、この日の夕飯はたしか抜いたかと(笑)

TubanのMajolyのメニューも変わったとことですので、現在ubudのメニューも変わっているかもしれませんね。
渓谷ビューが楽しめる山のMajolyのランチもお奨めです。夜は何も見えないですしね・・・。
特にUbudの街中に滞在している時、ロクシタンに変わったというスパ&ランチで利用するというプランいいかもしれません。

話に花も咲きあまりにランチをのんびりといただきたら4時をとっくにまわっているという時間になってしまいました。
年末の繁忙期だったこともあり、新しいヴィラにすでにゲストが入ってしまったとのこと。
見せていただく予定のヴィラはayun川とライステラスも見えたそうでとっても残念。
これはまた滞在しに来なさいというBaliの神の指令かもしれませんね・・・(笑)

初めてKupukupuに訪れた旦那もすっかり渓谷ビューに惚れてしまったようですので、きっと滞在の機会もあることでしょう。

Ayung River Pool Villa たしかNo10
[PR]

by warna-warni | 2009-05-24 13:17 | bali hotel | Comments(8)

いよいよ・・・!

いよいよオープンなこちら・・・。
ラックレートを見ると・・・。溜息ですね。
Three-Bedroom Cliffside Pool Villaなんてどんな人が滞在するんでしょう?

プロモーション価格ですと安く滞在できるようですけど・・・。

パブリックプールも50Mあるそうですし個人的にはopenが楽しみですが滞在は難しいかな・・・。

話は変わってこちらはすでにopenした
[PR]

by warna-warni | 2009-05-23 00:09 | bali hotel | Comments(6)

油麻地をぶらぶら・・・

a0036499_17262957.jpg
上海街で蒸籠を買おうと思い油麻地へ行ってみました。
地下鉄Cの出口を出て小さい道を選んで上海街へむかう途中こんな風景に出会いました。
店先にタイ産のドリアン(においはあまりあまりませんでしたのでまだ熟れてないのかな?)の果物屋隣で昼間からサンミゲールを飲んでいるおやじ達。平日の昼なんですけど-。
その他写真は撮っていませんでしたが、公園のベンチはすべてオヤジ(おじいさんといった域か?)で満員御礼。
男性陣が平日の昼に働かずのんびりしている図を偶然見てしまい、ここはバリと同じですかー?とつっこみたくなった私です。

そしてサモサやチキンとナシクニンが売られていた店。後で気がつきましたがカレーも売ってるんじゃないかな?という雑貨屋を兼ねたまさにWarungぽい店。
ナゼここに目がとまったかというとIndo mieが置いてあったからなんですが。店主はインド系のようでしたがナゼ?(奇しくもこの後もっとインドネシアを身近に感じることになろうとは・・・。)

下の画像は上海街にて。もっと庶民が使えるものがたくさん売っているかと思いきや、
プロ用の厨房機器など幅広い品揃えで想像より蒸籠が売られているというわけではなかったかな。
仏具やお線香などいろんなものを扱っている通りでした。私の探し方が足りなかったのかも。

一軒のお店は全くその存在に気がつかずに店に入ろうとすると・・・“えっ猫いたの~”。ってくらい店に馴染んでいる猫。微動だしない様子に驚き!店先にいたのでまさに招き猫です。
というのも理由はわからないのですが、他の店に比べてもその店だけ明らかにものすごく客が多かったから。
キャットフードも置いてあり、どうやらかわいがられている様子。さわっても逃げない人慣れしている猫でした。

アヒルのそのままの姿が焼かれているのも見てもあまり驚かなくなり、飴色のテリが美味しそうです。

と目的は達成しつつそろそろ小腹もすく頃。むかった先は1950年創業、昔ながらの雰囲気を残しているという美都餐室(Mido Cafe)で休憩です。
a0036499_2147351.jpg

a0036499_23591815.jpg
2Fの窓際の席がひとつだけちょうど空いていました。街中ですがかなり大きな木のある公園が見えます。
a0036499_23595056.jpga0036499_002773.jpg
オーダーしたのは、パイナップルパンのバターサンドとコーヒー+ミルクティーというチャレンジャーメニュー。
それから牛肉入り炒めきしめん。漢字のメニューを解読するのが面倒で、日本語メニューにあったものをオーダーするという安直ぶり。
このコーヒー+ミルクティーは、コーヒーはコーヒーで、紅茶は紅茶でいただくのがやっぱり美味しいに決まっている!と思いつつも。
一口飲んで“微妙・・・???”と思っていたけど、飲み進めるとそれなりに意外といけるじゃん?と思えるように。
(但しけっこう甘いです・・・。)もちろん飲んでいませんが、ホットレモンコーラよりは随分とマシかと思われます。

パイナップルパンは普通に美味しかったし、絵的に全然美味しそうに見えない麺が実は後を引く美味しさ。
味も全然濃くなく、お醤油ベースだとは思うのですが。
他のテーブルも見渡すと皆さんいろいろなものを食べておられるようで。cafeとはいえ食事メニューの種類は豊富。ドリアを注文している人を多くみかけました。

a0036499_0142278.jpga0036499_0144178.jpg
2階にあったレトロなレジは飾りのようで、お会計は1階。入り口に銭湯の番頭のような感じでおじさんが座っておりそこでお会計です。

油麻地に来た際はレトロな雰囲気を味わいに休憩するにはいい場所かもしれません。

そして美都餐室がある通りは男人街だったようで夜になると“土鍋炊き込みご飯”の屋台がたくさん出る場所だったのかな?と。屋台の準備がちらほらとはじまっていましたし。

余談ですが、“美○女画報”なんていうポスターがはってある日本人専用のビデオ店もありました(笑)
[PR]

by warna-warni | 2009-05-17 00:37 | hongkong | Comments(6)

昼下がりのMA JOLY@海のkupukupu

久しぶりの訪問となったMA JOLY。ランチ利用は何年ぶりだろう~?
スミニャック滞在ホテルは海沿いではなかったためやっぱり海が見えるロケーションは気持ちよさ何倍にもなりますね。
a0036499_12354261.jpg
フロントからホテルへ向かう小道

a0036499_12382712.jpg
大波の影響を受け造りなおしたそうですが、Barの場所もスタイルも変わってませんでした。よかった~!

同時期Baliに滞在している友人夫妻と現地で頑張っている友人達とにぎやかな遅めのランチとなりました。
a0036499_13363089.jpg
アミューズはカボチャ(だったかな?遠い記憶で違っていたらごめんなさい。)のパイとブラックオリーブのペースト。
ビールにしたけどワインが飲みたくなりますねー。ブラックタイルをお皿代わりにしているのが変わってます。

a0036499_13423519.jpg
小さく載ってるマグロのタルタル・カラマリフライ(画像なし)にフォカッチャのサンドイッチ、それに友人推薦のフォアグラ。
サンドイッチ以外は完全にアルコールのアテ状態です・・・。

画像下左右のメニューは新しい若いシェフが就任したばかりとのことで、新しいメニューだとか。
この時期一部新メニューも登場していたようです。
料理の名前は覚えていませんが、スープもお肉も以前と比べると繊細な味わいに変わって、
より美味しくなった気がしました。
それから以前はボリュームたっぷりでしたが、日本人にとってはちょうどいいポーションに。

より進化しているMA JOLY。私にとっては、高級すぎずリラックスしてお食事できる好きなレストランのひとつです。
蝋燭の灯がともる夜のMAJOLYも雰囲気あって素敵だけど、昼下がりの遅めのランチを時間を気にせず、スケジュールに追われることなく過ごせる贅沢を感じたひとときでした。
これも旅先ならではのひとつの過ごし方。

ってことでMA JOLY海編でした。実はご縁があって同時期お山にも再訪してます(笑)

ご一緒したlulurさんもUpされてます。
[PR]

by warna-warni | 2009-05-16 11:50 | bali warung | Comments(14)

Waka di Ume~ラナイルームNo11 

窓を開けると自然の息吹をたくさん感じることができるWakaのお部屋の様子など。
a0036499_1835150.jpg


a0036499_18353546.jpg

a0036499_18374392.jpg

このファブリックはThe Wakaですね~。
ベット脇のミニチェストには冷蔵庫が入っています。

a0036499_18495011.jpga0036499_1850919.jpg大きさも充分なクローゼット。台はスーツケースはひとつしかおけませんが、私は荷物をすべてスーツケースから出すので問題なし。
窓があるのがうれしいですね。
そして荷物置き場となっていたガラスのテーブル。高い天井にはあかり窓もあるので多少は明るいでしょうか?撮影時は晴れとはいかず、すべてどんよ~り曇り空の状況下です。



a0036499_18575390.jpga0036499_18582364.jpg
大きめのサンケンバスにはお湯もたっぷり貯めることができ、泡風呂も楽しめました。
シンクはいたってシンプルです。


シンク後ろはトイレがあり、バスルームもいたずらに大きすぎず使いやすい広さでした。
a0036499_1973347.jpg
もしかしてWakaって開業当初よりエコ意識が高いホテルグループかもしれませんね。以前よりこのボトルは雑誌などでみかけることが多かった気がします。今は当たり前になってきた詰め替え方式です。

部屋にはTVはありません・・・。この空間にはTVの存在は野暮ってことでしょう。

お隣No12に滞在されたmeroさんもお部屋の様子をupされてます。
造りは見事に同じですね~(笑)
[PR]

by warna-warni | 2009-05-15 19:26 | bali hotel | Comments(4)

いろんな音やにおいや気配

暑かったので、pipiと久しぶりに夜涼み。

猫と同じ目線で私も。

たしかにベランダの塀は彼にとっては高い・・・。(軽々とジャンプできる高さだろうけど。)

そして、車の音・人の声・虫の声・光の動き・いろんなにおいや気配など小さい身体全体でキャッチしようとしている。

瞳孔は全開、耳は瞬時に前後・左右に細かく動くこと動くこと・・・。鼻も常にヒクヒクさせている。

そんなこんなを観察しているうちにポツリポツリと雨音。

それを合図に部屋に戻りましたとさ!

a0036499_22273154.jpg

[PR]

by warna-warni | 2009-05-12 22:29 | manis! ネコ | Comments(8)

JL8739利用の香港・・・寝るだけの宿

羽田を20:30発、00:05香港着。イミグレに荷物の受取をすませホテルへの到着は何時になることやら?
ということで初日は寝るだけと割り切ってできるだけ経済的なホテルを選択。

実際は予定到着時刻よりも早く香港到着。
前回ANA利用の際は広い空港の端の方のゲート着いたため、かなりの距離を歩かされたこともあって
空港内の移動も時間がかかるかも?と思っていたのですが、ラッキーなことにイミグレ近くのゲート!

夜中に到着する他の便もそれほどなく、飛行機もすいていたこともあって、すべてがスムーズ。
12時すぎには荷物受取りも済んだので、これはうれしい誤算でエアポートエクスプレス(最終は00:48発)で移動できる!!
ってことで00:16発に乗りそのまま九龍駅へむかいました。
エアポートエクスプレスの乗り継ぎも荷物受け取って空港出るとすぐ乗り場。バリアフリーで楽チン!
九龍までは20分強ほど。ホテルへの無料シャトルバスは運行終了しているので、そこからはタクシーで移動です。
もちろん空港からダイレクトにタクシーで移動する方が楽だとは思いますが、
この方法が時間&経済的にも割安かと・・・。

有名ホテルに滞在なら問題ないでしょうが、私達が滞在するのはビジネスホテル・・・。
ホテル名は英語は通じないかも?ということを想定して、漢字でホテル名と通りをメモしておき、運転手に渡しました。
一瞬似た道と間違えられたけどすぐに気がつき引き返してくれたので、スムーズにホテルへたどり着くことが
できてよかった。

滞在したホテルは、Hotel Benito。尖沙咀駅へも徒歩数分でとっても便利な場所でした。

a0036499_1639826.jpga0036499_16443074.jpg
滞在したのはStandard rooms。ラックレートは今初めて見て驚愕!!な値段ですが、
実際はこの半額強の価格で予約できました。

予想通りの部屋の狭さでしたが、荷物を広げるスペースは大丈夫(笑)スーツケースもひとつはおけるようになってましたし。
部屋のわりにクローゼットが大きいかも。バスローブ&スリッパも用意されてましたね。

a0036499_1650341.jpga0036499_16585599.jpgミネラルウォーターとインスタントのコーヒー&ジャスミン茶などは用意。
バスルームも狭いですが、シャワールームは引き戸で仕切られているので他に水漏れしないようになっているなど工夫はされていました。

比較の対象が全く違うのは、(リゾート地VS都市)承知の上でも、BALIのホテルって安いな~と思わずにいられませんでした。


ということで、寝るだけと割り切って滞在すれば比較的新しいしほぼ問題なしで便利なホテル。
但し次のホテルへチェックイン後、ほぼ日中は出歩いていてホテル滞在時間は少ないとはいえ
やはり少しは高級なホテルがいいな~と思うことになったのでした(笑)

a0036499_17261492.jpg
金馬倫道(Cameron Rd)から数メートル入った場所。漢方薬のチェーン店“余仁生”隣です。
タクシーの運ちゃんに金巴利街(Kimbeley)と間違われました・・・。
[PR]

by warna-warni | 2009-05-10 08:52 | hongkong | Comments(0)

Waka di Umeで迎えた朝

深夜の到着で就寝したのは3時近かったけど、朝6時頃には目覚め、まずは部屋の窓を開け放ってみました。

a0036499_13172966.jpg
全面すべてではないけど、脇もガラスなのでけっこう開放感あります。


a0036499_1330374.jpg
残念ながら予想通り緑の田んぼではなく水鏡。それでも刈った直後ではなかっただけよかったかな?
Wakaには5泊しましたが、滞在中水がどんどん注ぎこまれており、田植え近し!でした。

a0036499_13331599.jpg
滞在中この景色を楽しめてよかった


a0036499_13384260.jpg
ベランダから部屋を見る図

部屋ではほとんどこのベランダにいることが多かった。2階だと人目も気にせずダラダラできるのもよかったです。
*この部屋ではフロントで有料で滞在中利用できるパスワードをいただきインターネットもつながりました*


a0036499_13405428.jpg
そして年末ならではの挨拶!と共にクッキーも用意されてます。


a0036499_13453982.jpg





フロントにはここWaka di Umeらしいクリスマスツリーが
ディスプレイされていました。
稲穂で作られているんですよー!
けっして豪華なツリーではないもののホテルのセンスに脱帽でした。




[PR]

by warna-warni | 2009-05-09 14:04 | bali hotel | Comments(0)

ubud らしいホテル~Waka di Ume

Ubudよりはじまった年越しBali。滞在ホテルはナチュラルなインテリアの草分け的存在のWaka di Ume。
Wakaグループの滞在は、モンキーフォレストにあるバロンリゾートがWakaグループだった時に
滞在したことがあるだけで今回で二度目。
秋Baliでも滞在を試みたのですが希望日程はフルブッキングだったのでリベンジだったのです。

空港のイミグレをぬけるのに1時間半(涙)。すでに日は変わり、しかもUbudへの移動だったのでホテルに到着したのは真夜中の1時すぎ・・・。
虫の音が響き渡り、間接照明が所々にあるくらいの薄闇に包まれているホテルは、その全貌はほぼわからないまま、チェックインの手続きをした後に部屋へ通されました。
a0036499_11135961.jpg
間接照明だけの部屋はこんな感じでかなり暗いです。
a0036499_11141421.jpg
唯一明るいのはデスクとベットにある照明。そしてバスルームでしょう(笑)

暗いし、セイフティBOXは部屋にないし、いたってシンプルな造りのお部屋ですが、印象はけっして悪くないかな!
a0036499_1120113.jpg
そして部屋にはサンドイッチが用意されていました~!
以前深夜に到着した際にアリラ・マンギスでも用意されていたことがあったのですが、
心使いがうれしいですよね。
正直お腹はそれほどすいてませんでしたが、ビールと一緒にいただきました。
チーズと野菜たっぷりのサンドイッチ、美味しかった。Wakaでの食事の期待が高まりました。

そして、部屋はリクエスト通り2階の部屋。翌朝どんな景色が見えるのか?楽しみでした。
[PR]

by warna-warni | 2009-05-06 10:49 | bali hotel | Comments(6)