印鑑作りに上環のハンコ横丁へ

順序関係なく~!というのも土曜日放映の“世界ふしぎ発見!祇園祭に秘められた日本最強のパワースポット 京都誕生の謎”を見て、目からウロコが!
祇園祭りの由来も非常に興味深く一度は行ってみたいな~!とは思ったのですが、
京都に平安京を遷都した際に中国の風水に基づく四神相応の考え方を元に都が造られたというその四神に釘付けになった次第でして・・・。
恥ずかしながらその四神のことはほとんど理解していなかった私・・・。

実は前々回の訪港の際には、某ホテルのショッピングアーケードに入っている有名なハンコやに作成目的でいったものの、たまたま偶然かもしれませんがあまりの日本人の多さになんだか躊躇してしまい、
作成意欲も失せつつスゴスゴ退散したという経緯もあり、機会があれば作ろうと思っていました。

今回は相方が印鑑作成してよかったよ~。しかも値段も良心的だし~。ってことで印鑑を作りに香港島上環文華里(ハンコ横丁)へ出かけた次第。

そこはなんの変哲もない細くて狭い路地に屋台のような店構えが連なっている見落としそうな通り。
果たして何処で作成していいやら~?という感じだったようですが、唯一ニッコリ笑いかけてくれたお兄さんの店で作ったそう。

ということでその店を目指してたどり着き。
文字をどうするか聞かれつつ、私は角印を作成したいということで、何個が見せられた石は龍が彫られているいかにも中国ちっくなものでイマイチ・・・。
普通にシンプルに比較的安価な水牛にしようかな~?と思っていたところ“ラッキーストーン”ということで見せられた石がこちら。
a0036499_20552411.jpg
黄芙蓉石という石だそうで、まさにこれがその四神が彫られているものだったのですよねー。
これを選んだ理由はアンティーク風な彫りと躍動感あるユーモラスな動物に惹かれて、
これよ!これ!という私のいい加減な第六感?によるものなのですけどね・・・。もちろん四神とは知らずに。

この四神は、青龍(東)、朱雀(南)、白虎(西)、玄武(北)←これは脚の長い亀に蛇がまきついている神で成り立っています。
この中で龍・虎(獅子と思いましたが)、亀はわかったものの、鳥だけは説明の英語も理解できず、鶴かな?と勝手に思っていたのですが、TVを見て納得!

もちろんまずは自分が気に入ったものに出会えたってことが一番よかったのですが、
おまけに縁起もよさそうということで本当によかったです。

ちなみに午前中に店に行って、夕方5時の仕上がりOKでした。料金は彫り代朱肉セットも込でかなりお得な値段だと思います。
[PR]

by warna-warni | 2009-09-29 00:08 | hongkong | Comments(0)

CX501&CX673にてDPSへ

CX利用のバリは今回で2回目。前回は同時期やはり同日乗継Okだったので利用したのが2007年。
前回は行きも帰りも乗継時間が1時間程しかなくけっこうバタバタしてましたが、
今回はCX501 NRT11:00→HKG14:50  CX673 HKG19:00→DPS23:45と香港でのトランジットが4時間もありかえって余裕すぎるスケジュールでした。

a0036499_1335030.jpg
ラウンジではバケットのサンドイッチを。ワインは赤・白三種類ずつのラインナップでした。

一番混雑していそうな時間帯ですが定刻に出発!さすがです!そのおかげで香港には30分も早く到着しました。
a0036499_138292.jpg
伊豆に出かけた時も見れなかった富士山。頂上が綺麗に見えました。
他関空や淡路島なども上空からバッチリ見れたそうです。

食事は・・・同時期に乗ったせいか前菜はほとんど同じメニューでしたね~。
a0036499_13114350.jpg
ウェルカムシャンパンからはじまり2杯いただきつつ・・・@気圧の影響もあり飲みすぎると頭が痛くなる傾向にあるので注意な私。
肉厚の前菜のスモークサーモン、ディジョンマスタード添えは秋のあしらいですね~。
メインは3種類から選べます。私は和食の豚の角煮をチョイス。
ワゴンサービスのフルーツ&チーズ。こちらも2種類あったチーズの中から名前は忘れましたがカマンベールタイプを。
そしてデザートはマンゴープリンです。ボリュームたっぷりなので食べる量を調整しつつ。

Cは快適ですが、不満があるとすればキャセイの場合機材によってまさかのオンデマンドじゃないんですよね・・・。
ですので今回は音楽を聴いて映画は見ることなく・・・。

a0036499_13242433.jpg
香港についたらさっさとトランジットエリアに行き手荷物検査を終えて出発フロアへ移動。
時間はたっぷりあるので、Shopをひやかした後に、ふたつあるラウンジのひとつ出発ゲートに近かったゲート66近くにあるTHE PIERを利用しました。
前回も思ったけどかな~りの広さをほこるラウンジです。そしてもちろんファーストとビジネスは別。
ノートパソコンがあればもちろんワイヤレスでインターネットは使えますし、設置されているパソコンもかなりの台数が用意されています。もちろん日本語入力もOKでした。

そして今回こちらにきた目的のひとつが麺好きにははずせない!そうヌードルバーです。
a0036499_13425720.jpg
カウンターでオーダー後に渡されたのがこの円盤。出来上がりを知らせてくれるようで・・・。
ちなみに種類は中華麺は雲呑麺と坦々麺、他にじっくり見なかったのですが3種類用意されてます。
おそらく日本蕎麦かうどんもある模様・・・。

a0036499_1347099.jpg
点滅すれば出来上がり。
再度カウンターに取りに行きます。

a0036499_13491111.jpg
私は雲呑麺にしました。
ワンタンに包まれたたっぷりの海老はお約束。あっさりした上湯スープもなかなか美味。
ようやく独特の食感の麺にも慣れてきたかな?
ちなみに坦々麺も美味しかったそうなので、帰路食べることに決定!

a0036499_14113835.jpg
そろそろ夕暮れタイム。いよいよバリに向けて出発です。
ちなみに成田→香港の飛行時間は4時間をきるくらい。香港→デンパは4時間半ということでちょうど半分ずつのフライト時間。

a0036499_1414414.jpg
ブロイラー第二弾!
時間があいているとはいえ、Cの食事2回は正直きつい・・・。
それでもメインで選んだシーフードカレーは機内食とは思えないかなりの美味しさ!辛さも本格的で汗が出るほど(笑)
お腹がすいていれば完食間違いなしでしたね~。

ちなみにデザートのケーキは私ではありません(笑)ホールごとワゴンサービスで運ばれていたデザート。
とっても感じのよいベテランCAに勧められ“No”とはいえない日本人。マスカルポーネ&チョコレートのムースにベリー系のソースが添えてあり、一口だけ食べましたがけっこう美味しかったです。

ということで食事の後は2時間ほど寝て、若干出発が遅れぎみだったのですがほぼ定刻にデンパに到着!

順調だったのもココまで、やはりというか入国で今回も1時間15分ほどかかりました・・・。
おそらく前に到着している関空発JALとアシアナと重なり・・・遅い時間にもかかわらずカウンターも5箇所は開いていたはずなのにです。

実は今回アリラウルワツの特典として、VIP入国サービスが含まれていたのですが、
ジャカルタテロ事件のおかげであえなく中止に・・・。一度利用してみたかったので楽しみにしていたのです。
しかし、実際に到着してみるとあれ?何人か名前の札を持った係員がいる??ということで再開されていたのかも?
そこはやはりインドネシア・・・。ホテル側としては不安定な運用はさけたいでしょうし、ツアーということでしかたないですけどね。
そもそもそういうサービスがあること自体が大きな疑問ですしねぇ。

年末に引き続き入国だけはもう少しなんとかならないものかな~?と強く思いました。

ということで、ホテルへ到着したのは“selamat pagi!”と挨拶されたもうすぐ夜中の2時になろうという時間でした。
[PR]

by warna-warni | 2009-09-27 13:34 | 旅 perjalanan | Comments(4)

美心冰皮月餅を食べながら・・・

昨日成田2ビル最終到着便にてBALI&香港旅から戻ってきました。
今回は何年ぶり?というツアーでの旅行。
キャセイホリデーの“ビジネスクラスで行くバリ島”の企画にくらっときて
本来なら出かける予定ではなかったシルバーウィークに行ってきました。
バリ3泊&香港1泊という短期滞在につき、精力的に動かず基本は“のんびり&まったり”。

a0036499_1455387.jpg
ALILA VILLAS ULUWATUでは日々空と海と水の青さに癒され~
ホテルから外出したのは一度だけ夕飯を食べに出かけたのみ。

a0036499_14592580.jpg
そしてうってかわって、W香港ではプールが76階にあることを全く感じさせない
高層ビルが立ち並ぶ様にあらためて圧倒され~

短いながらもそれぞれが印象深い滞在となりました。

しばらくはまだ終わってない年末バリ(これはかなりいい加減に!)春の香港(そこそこ)、モロッコ(こちらは記録として残しておきたいので最後まで)、そして今回の旅を気まぐれでUPする予定です。

10/3は中秋節。
[PR]

by warna-warni | 2009-09-23 14:31 | 日々sehari-hari | Comments(14)

ちょっと休息・・・

a0036499_919248.jpg
朝からいただいております♪
久しぶりにBaliにきてます。

昨日朝7時すぎに地震がありました。起きて準備開始というタイミングで、はじめ建物がガタガタしてるな?
風?と思ったのですが、細かい揺れかつ激しく揺れてきたのでびっくりしました。
ただ大きな影響はないです。

友人の子供は地震の影響で学校が休校だったそうで、なんともバリらしい話に笑ってしまいました。

今回短期につき、なーんにもせずのんびりして戻ります。
[PR]

by warna-warni | 2009-09-20 09:26 | 日々sehari-hari | Comments(8)

器・・・スリップウェア

少し前の話になりますが、7月に久しぶりに益子へ出かけてきました。
前回行ったのが陶器市だったので、今回はゆっくりと見ることができてよかった。
以前より一度行ってみたかったstarnetへ行ったり、陶器通りを歩いたりと。

a0036499_01685.jpg

ぽつぽつと店をのぞいた後に、今回は粉引きしのぎの中くらいのちょっと深さのあるお皿を購入。
名前はすっかり忘れてしまいましたが、値段がかなり手頃だったので有名な作家さんのものではないと思われます。

そして初めて見てものすご~く気になった作家さんのものが飴色の上薬がぬってある間に文様が描かれているもの。
和というよりも洋を感じるな~って思って帰ってからネットで見ているうちにそれがどうやらスリップウェアというものであることを知る。

スリップウェアとは主にヨーロッパ特に英国で造られていたものらしい。
民芸と大きく係わり合いがあるようで、たまたま借りていた雑誌に器の記事あったな~と思い見ていると
ビンゴ!ちょうどスリップウェアのことが載っているでは!
これにはビックリ!記事にあったのは濱田庄司氏。(すでに没)
器のことをほとんど知らないので、有名な方なんでしょうけど、イギリスで学び益子・沖縄と製作活動を行っていたそう。

今回私が気になったのはもちろん違う作家さんのものだけど益子で活躍されている方。
しばらく気になるようだったら手に入れるかもしれません。

前回益子で手に入れた大皿も郡司さんのどちらかというと洋風な作品。そういうものに惹かれているのかな?
その器もちょっと前に私の不注意でふちがかけてしまった・・・(涙)

最近のMy Jenggalaコレクションはすっかりモダンなラインが好みでブラック&ホワイト、そしてグリーンが圧倒的。
[PR]

by warna-warni | 2009-09-17 18:15 | 好きなもの saya suka | Comments(2)

amanjenaでThai

a0036499_23463997.jpg
プールテラスレストランでランチをいただく。
メインレストランは夜のみの営業のようです。プールサイドも気持ちよかったのでOK!
陽射しから逃れることができればそれほど暑くはないですから。
始めに渡されたメニューはサンドイッチやパスタ類などのインターナショナルセレクションだったので、
評判よさそうなタイメニューをリクエスト。
やっぱりアジアよね~!ナンプラーとはいえ醤油の味が恋しい・・・。

a0036499_23541820.jpg
パンとオリーブペーストにオイルなどなど・・・
a0036499_23542974.jpg
カサブランカビールもキンキンに冷やされています・・・。但しナゼか三本セッティングされてました。
a0036499_2354466.jpg
Laabはもちろん!豚ではなくイスラムならではの鶏。でもなかなか美味しかったですよ。
a0036499_23545649.jpg
鶏と野菜の米麺のヌードルはとっても落ち着く味でした。

鳥が数羽いたので、ついついパンくずをあげていたら思いのほかたくさん集まってきて・・・。
食事が終わり一旦パンを下げられたのだけど、その様子を見ていたスタッフがつかさず
新しいパンを持ってきてくれました。ゲストの気持ちを察するところはさすがで~す。
a0036499_2355161.jpg
ズームで接近!

鳥の力関係を観察しつつ優雅なamanjenaでの時間は過ぎていくのでした・・・。

a0036499_23553236.jpg


ちなみに・・・。
ビール2本&料理二品、それからアイスコーヒー1杯にサービス料10%加えた価格は
もしかして滞在中の食事の中でもいちにを争うお値段だったかも・・・。

野暮な話ですね・・・。
[PR]

by warna-warni | 2009-09-15 00:12 | 旅 perjalanan | Comments(6)

マラケシュのオアシス・楽園~amanjena

a0036499_1440697.jpg
マラケシュに滞在したならば、滞在は無理でもぜひとも行きたかったamanjena。
念願叶いランチがてらメディナからプチタクシーでむかいました。
amanへ行くということで足元見られ値段を思いっきりふっかけられたことも今となっては旅の思い出のひとつ。
詳細はくる嬢が記載してるので他力本願でここではふれずに・・・。

a0036499_14501944.jpg
メディナと同じマラケシュレッドのムーア式の支柱が連なったロビーラウンジ。ライブラリー・レストラン・バーラウンジなどこのあたりにありました。

a0036499_14592151.jpg
そろそろアフタヌーンティの時間。これからミントティーが用意されるよう。

a0036499_151733.jpg
アーチのむこうには・・・

a0036499_1512832.jpg
椰子の木や客室の建物に囲まれるように広い池が出現。
インドネシアのamanのようにアップダウンがないせいか広大な敷地にゆったりと建てられているという印象。

a0036499_15122429.jpg
何処までこの回廊が続いているのだろう?

a0036499_15123928.jpg
水路の先にあるプチカスバのような造りのMaisonへ。
見学をお願いして見せていただいたお部屋は独立した2bedのプライベートプール&中庭付の2階建て。
残念ながら撮影はNGだったけど、ため息がでるような美しさの素敵なお部屋だった。
もちろんもっと大きなため息がでるようなお値段でしたが・・・。

陽射しは強烈な強さだったけど、敷地に水が張り巡らされている効果、回廊を吹き抜ける風の心地よさもあって
月並みな表現だけど砂漠の中のオアシス。パラダイスといったamanjena。
そして混沌とした印象のメディナから訪れたせいもあってよりその印象が強まったに違いありません。

仮に滞在する機会があれば(絶対にないけど)私ならまずはメディナのリアドに泊まり、
その後amanjenaへの滞在を選びます。
それぞれが個性がありそのギャップを感じながらより印象に残る滞在ができると思うので。
[PR]

by warna-warni | 2009-09-13 15:35 | 旅 perjalanan | Comments(2)

去り行く夏の思い出@2009

先週末マンモの結果を聞きに行き、晴れて“白”だったので心置きなく旅にもいけそうです~(うきっ!)
市の補助もありとっても安価な値段で検診を受けられるのでやっぱり検診は毎年行かなきゃなと思いました。
しかも今回は初めて乳腺専門医を選んだので安心。
(人間ドックでオプションで受けるのは意外に高いんですよね・・・。今回触診のしかたも違うな~って思ったし。)

夏は花火も海もプールも祭りもなーんにも夏らしいイベントがなく終わってしまいさみしいかぎり。
すっかり秋の気配を感じる鈴虫の声が響いている今日このごろ・・・。
8月最後の週末に伊豆の“氷の館”女将のご好意に甘え春に続き鬼友が集合!
今回は観光一切なし!でBBQしつつ、深夜までだらだら喋るという女達ならではのゆる~い感じで。
とはいえそれぞれがテキパキと動くさまはさすがだてに年くってないなーという(笑)
という私はシェフTぼんの助手ということで・・・(笑)下ごしらえチームで。

a0036499_20505849.jpg
ビールで乾杯しつつ、野菜や肉を焼き焼き~!
しっかし牛を誰も食べたーいといわなかったことにもやはり妙齢さが表れてますなー。
もちろん!草食系ではないのでお肉は鶏に豚にラムを。ラムと鶏がすっごく美味しかった~!
しかも焼肉のタレもほとんど使わなかったのでは?皆さんハーブソルトか塩で食べてた模様。
ホイルの中は茸集合や~じゃがいもや~にんにくなどなど。

途中秋刀魚のにおいをかぎつけてか?はたまた女クルゴロウの存在を感じてか?ノラニャンも参加。
車の下に隠れてたけど、しばらくしてしっかり秋刀魚の頭を綺麗に食べていたし。
夜においておいた食べ残しの秋刀魚の身も朝には綺麗に食べておったし・・・。

a0036499_20552840.jpg
翌朝。
前回に引き続きシェフが一番早起きで朝の仕込みを早速開始!
とはいえ昨日たんまり買ってあまったものを出す&あまった材料で作るからなんでもありーのの食卓。
さっさとしあげていくシェフはさすが!
朝ビールを飲んでるねーさんもいて、好きなもの食べよう!という。
日曜朝のTVを見ながらとりとめない話は永遠に続きそうな勢い・・・。

伊豆のやわらかないいお湯にもつからせてもらい肌もしっとり潤い、
大いに笑って心も潤い、みんなのパワーをもらって途中おみやげものを買いつつ名残惜しくも帰途に。
とはいえ来年“新たなる魅惑のニンジン”をぶらさげてっと。

一番遠くかつ選挙にいかねばならぬ!ってことで今回帰りは新幹線でねーさん方と帰りました。

行きはもちろん日本の旅ではいつも運転手役をしてくれるKっちの魔法の車で行き、早く着いたしお腹も空いたということで246道沿いに適当に入ったレストランで
a0036499_21141295.jpg
しらす丼いっときました。なかなかおいしゅうございました。

すでにこちらあちらでもレポ(笑)がUpされているのでTBしま~す!
[PR]

by warna-warni | 2009-09-09 22:41 | 日々sehari-hari | Comments(4)

ミ・レイ(MY-LE)@蒲田

東京における美味しいベトナム料理屋として誉れ高い蒲田にあるミ・レイ。
3,4年越しにようやーくお店に行くことができました。
しかも2週間前たまたまキャンセルが出たから予約がとれたらしい・・・。
ミ・レイを予約してくれたのは食べることが大好き!アジアも大好き!な友人。ありがとう~!
ここ数年このメンバーの会食は必ずといっていいほどアジア飯です。

食べた感想はまずは評判いいのも至極納得!
べトナムには一度も行ったことはないし、ベトナム料理に詳しいわけでもないけど、
今まで私が食べたベトナム料理の中ではハイレベルであることは間違いなし!と思いました。
蒲田という失礼ながら地味な場所にありながらひっきりなしに客足が途絶えないこと。
そして長きに渡って予約が取りにくいことからも人気店ということがわかりますしね。

このミ・レイ蒲田のピンク街にあり、店の前はラブホという抜群の(笑)ロケーション。
窓側の席だったのでブラインドの隙間からもネオンもちらほらと見え・・・。
渋谷の月世界とまわりのロケーションが酷似していて笑えました~。

a0036499_2263078.jpg
まずは333でカンパーイ!

a0036499_2292983.jpg
牛肉とレモングラスのサラダ
青いパパイヤのサラダと迷ってこちらに。これめちゃくちゃうんまい!レモングラスはどこに入っているかは?ですが、肉とセロリやナッツ・パクチーにミントのコンビネーションにやられました・・・。
a0036499_229478.jpg
春巻き&海老団子のコンボ

ライスペーパーを霧吹きでしっとりさせ盛りもいい生野菜と一緒に巻いていただきます。
ドクダミやミント・パクチーもケチってなく頑張っていると思います。現地ならもっとボリュームあるのでしょうけどね。
イサーン料理やチェンマイの生野菜がたっぷりとサーブされる流れと似ているかな?

a0036499_2210688.jpg
ヘチマの炒め煮
塩味であっさりしていてやさしい味わい。家庭の味と紹介されていました。箸休めにぴったり。
a0036499_22102398.jpg
バインセオ

a0036499_22104285.jpg
焼肉とスペアリブのせごはん
私はこの前でギブアップ・・・。
少しだけ食べましたが、スペアリブの濃い味を混ぜて食べるご飯が後引く感じでした。
a0036499_22105835.jpg
デザートのチェー集合!私はライチとドライフルーツのチェーを。

ベトナム料理ってタイ料理のような辛酸甘の主張がなく全体的にのっぺりした淡白な印象かな?と思っていて実際にヌクマムを利用している以外はそうだと思うのだけど、美味しいな~って。
とはいえここの料理は化学調味料も使われないと思われるし・・・。
アチャールのような甘酢(ちょっぴり辛い)のタレをつけつつ食べたせいかな~。

ただ惜しいのはアルコールの品揃え。カクテル類などいろいろと用意されてはいるけどワインがなーい!
ぜひともおいてくださ~い!!(笑)

私にとってはけっして便利な場所とは言いがたいのだけど、ベトナム料理を食べるならまずはココははずせないなと思いました。
メニューも写真付でわかりやすいのもポイントアップ。写真がない時はイラストも。
ちなみに一皿のボリュームがあるので(フォーなどの麺類以外は一皿1000円前後位から)ふたりだと2皿で充分にお腹いっぱいになりそう。
最低三人以上で行った方がいろんな種類の料理を楽しむことができるはずです。

a0036499_22111518.jpg
ブレてますが、このマンションの2階がお店です。
店内は想像よりも小綺麗でしたし、お店の人もこちらから要求する前に取り皿をマメに用意してくれて気が利いていました。
[PR]

by warna-warni | 2009-09-07 20:36 | 飲み食い minuman&makanan | Comments(4)

Le Tanjia

夜のmarrakechを歩く。
a0036499_1224389.jpg
男子は男子同士、女子は女子同士歩いています。女性同士が赤ちゃんを連れつつ歩いている姿も。
小さい子供が遅くまで遊んでいることにはびっくりしました。

a0036499_1284286.jpg
家の中で猫が肉をがっついていて。僕のは?と健気に待つ子猫。

a0036499_1225646.jpg
リアドからもすぐのLe Tanjiaにて。ここはモロカンランプが店内のあちらこちらにあり独特なあやしげな雰囲気。
店員の制服も軍服を連想するようなものでした。

a0036499_12344438.jpg
a0036499_12351830.jpg
スパークリングかな?と思いオーダーしたハーフボトルのワインはロゼでした(笑)

ドリンクのみだと1階に通されます。食事は2階以上で。
外から見る感じではわからなかったのですが、こちらもテラス席があったのかな?
そしてBrasserie orientaleと書いてあったのでどこの国の料理をいただけたのかな?
[PR]

by warna-warni | 2009-09-06 12:44 | 旅 perjalanan | Comments(4)