penjor&canang

a0036499_12462163.jpg
a0036499_1246465.jpg
@2009.11 jl kunti  夕闇せまる時間風にゆれるペンジョールが印象的だった。
小さなほこらには朝祈りと共に捧げられたチャナンが。
ガルンガン&クニンガンは過ぎていたけど綺麗なペンジョールだったな。

よいお年をお迎えください!
[PR]

by warna-warni | 2009-12-31 12:59 | 日々sehari-hari | Comments(6)

香港甜品店

私にはありえない・・・upですが、これも香港の楽しみの一面だと思うので載せておきます。
ちょっと休憩・・・小腹がすいた時にその欲望を満たしてくれるSWEETS達。

a0036499_21372973.jpg

左上:ご存知エッグタルト@泰昌餅家。プリンのようにぷるんぷるん。4月に引き続き今回もテイクアウト。
ひとつHK$5という値段も魅力的。2回ともセントラルの店で購入しましたが、客足が絶えない。
気軽にさくっと買いにきている感じ。

右上:スタンダードにマンゴープリン@満記甜品。マンゴーも濃くて美味しかったと思う@2009.4
チェーン店のようで香港内にたくさん店舗があるようですね。ココだけはお店の造りもスタイリッシュ!

左下:ジンジャー豆腐花@人和豆品廠。コーズウェイベイの市場近くにある庶民の店。
凍or熱とありますが、これは熱がお奨め!ってことで助言通りに・・・。
豆腐にシロップ・ジンジャーという単純な組み合わせですが、豆腐が日本のものとは違って
ぷるんとした感じでかな~り気に入りました。HK$12。

右下:牛乳プリンといえばココ!義順牛奶公司@近コーズウェイベイ。4月に地図を頼りに行ったら移転してた?ようでもう1店舗ある店に行き、友人がテイクアウトしたのですが、私は今回初めて食べました。
ココでも熱いジンジャー牛乳プリンに。熱々すぎて火傷しました。プリンは凍がよかったかも?
今回行ったのは偶然歩いていてみつけたおそらく移転したのではないか?と思われる
トラムが走りそごうもある大通り沿いの店でした。HK$21。
[PR]

by warna-warni | 2009-12-30 22:19 | hongkong | Comments(0)

old jade

今回はゆっくりと中環~上環の小道を歩く時間があったので渦巻き香で有名な文武廟まで歩きました。

a0036499_23275472.jpg
とすぐにキャットストリートがある。本当の骨董はちょっとのぞくのは勇気がいるし、それほど興味がない(笑)のでスルーしたけど、ここなら気軽にガラクタがありそう!ってことで露天を冷やかすことに!

a0036499_23282954.jpg
でも思ったより閑散とした感じ・・・。とはいえどこかの撮影隊がきてました。

a0036499_23285519.jpg
露天を冷やかしているとjadeの石を選んでその場でネックレスにしてくれるという店がけっこうある。

2往復したのちにこの店は値段が表示されていたし、私が前回Baliのスミニャックの店でショウケースから出してもらったけど購入を見送った似たようなJadeに出会ってしまう。
やはり出元は中国だったのねと・・・。

お店の人によると100年前のdynastyなものだという・・・。のわりに安いし話は信じてないけど・・・。
そのOld Jadeの山の中からBaliでみかけたデザインと似たものをふたつ購入。

その店は加工云々はなかったので、石だけ購入してBaliでシルバーの加工をほどこしてもらおうと思っている。

そこの店番の人とはもちろん片言の英語で会話していたけど、熱心にガラクタの山から探している私を見ていたからかなのか?香港に住んでいるのか?とまた言われた・・・。

今回の香港は皮フェチとしてはその方面に物欲をぶつけるつもりだったけど、ナゼか"石"に縁があったような気がする。
この翌日愛用している店でバーゲン価格ということをいいことに!私にとっては久しぶりに清水な買い物をすることに・・・。
(実は今年日本でも試しているものだったから安さに驚き!!)

香港万歳!!(笑)
[PR]

by warna-warni | 2009-12-28 00:01 | hongkong | Comments(0)

大満足なB級グルメ@香港

今回の香港で食べたもの。高級店は一切ありませんでした。いつものこと・・・ですが。

この画像のお店はほぼ日本語メニューが用意されているような有名店ではあります。
(ほぼジモティしかいない火鍋屋に行ったのですが・・・英語もあまり通じず正直辛かったです・・・。
だって広東語でまくしたてられてもね・・・。)

a0036499_1152954.jpg
左上:以前より行きたくてようやくいけた九記の牛バラ卵麺。上湯のスープが絶品で、しつこさは皆無。
そして平打ちの卵麺もうまっ!香港でいただく雲呑麺の麺とは違う感じ。

右上:ここはあくまでこの中では唯一B級とはいえない高級店(笑)。ハッピーバレーの夜飲茶で有名な誉満坊。
ここは滞在ホテルのすぐ目と鼻の先だった"有骨気"が多分移転してなかったため急遽行った店。
それなりな御値段(私は飲茶といえば蓮香楼がスタンダード)ではある。どのメニューも美味しかったけど、雑誌でお奨めされていた"ニラとエビの揚げ餃子"がうまい!
揚げているけどこれまたカリっとしていて熱々のニラとエビの香りにやられました・・・。
そしてここは種類は少ないものの貴重ともいえるベジタリアン飲茶も用意されています。
たまたまオーダーした湯葉の野菜巻きも美味!

左下:黄枝記の雲呑麺。ココも4月に店の前を通りつつお腹いっぱいで断念した店。
ここも特にスープがうまい!もちろんエビもぷりっぷり!
そしてここの雲呑はエビだけでなくツミレのようなものも一緒に入ってました。
日本のラーメン(も大好きだけど)って本当に塩分が強いんだなと思わずにいられない!
汁は綺麗にすべて飲み干せます~!

右下:ココもたまたまホテルの近くだったから行った店。強記飯店の蜜汁叉焼飯。(FRAU掲載の支店)
けっして甘すぎないタレの焼味はジューシーで、はてこんなに美味しいものだったかな?
(しかもこの前にはしっかりと甘味を胃袋に収めた後にもかかわらずに)と思えるヒット!
ご飯がパラパラしているので余計に美味しさ倍増だと思います。
一緒についてきた巨大なスープの大根が出汁がしみてこれまたうまいのなんの!

上記4品、1品が一番高くても36HK$ほど。

香港へ行くと牛のように胃袋がいくつもあればいいのにー!とマジで思います・・・。

そしてあまりスイーツ好きではない私でも美味しくいただける甘みは強すぎず、栄養素もよくかつ安価なスイーツがいただけることもうれしい。
[PR]

by warna-warni | 2009-12-27 01:14 | hongkong | Comments(2)

Merry X'mas! 第二弾

クリスマスを満喫してる時間もないのであくまで気分だけ・・・。

a0036499_23563587.jpg



a0036499_23551329.jpg


たまたまランチで友人と訪れた丸の内にて。

ねらったわけではなく偶然に!

10ウン年ぶりに復活した表参道のイルミネーションは見たいな~!
[PR]

by warna-warni | 2009-12-25 23:52 | 日々sehari-hari | Comments(0)

Merry X'mas!

a0036499_2381022.jpg
週末マイル修行目的で(バーゲンもかねて)HongKongへ行ってきました。
仕事が終わってからでも羽田から気軽にいけますから~!
(但し冬ダイヤは偏西風の影響でHND→HKGは時間がかかるのでエアポートエクスプレスの最終便には間にあいませんでした・・・。春は大丈夫だったのですけどね。)

a0036499_238481.jpg
a0036499_239143.jpg

クリスタル・・・ではないとは思うけど素敵なシャンデリア♪

@置地広場 中環
[PR]

by warna-warni | 2009-12-24 22:55 | 日々sehari-hari | Comments(0)

神楽坂に写真展を見に行く

神楽坂のアユミギャラリーというところで友人の旦那様の写真展があったので行ってきました@12月第1週
これ書いておきながらすっかりUPするの忘れてましたわ・・・(大汗)

伊藤真司さん"古い石板を打ち砕け"

仕事帰りにさくっとよっただけだったのですが、古い日本の家を改装したギャラリーは神楽坂という街にぴったり。
こじんまりした素敵なギャラリーです。

写真は和紙に花の写真をはりつけて炭を流して作成したもの。
古い廃材を額にした"輪廻転生"という蓮のモノクロの写真はやはり和紙を利用したもの。
などまるで写真とは思えない絵のような作品や

大磯の風景から音を連想する写真、例えば~風の通り抜ける音、キツツキの音、信号機の変わる音など・・・
のような題名がついてありとても新鮮でした。

旅から数年の時を経て撮った画像を眺める時、その時の音、におい、時に手触りだったり、肌触りだったり、人との触れ合いだったり、話したことだったり、口福だったり・・・。

そんな記憶が鮮やかに蘇るような写真が撮れればいいなとちょっと思ったりしてね。

a0036499_23364487.jpg

*時間ができて突然行ったので下調べなし・・・。帰り道に美味しそうな和菓子屋さんがあったので購入。
ポストカードは写真展の作品のひとつです。

後記:梅花亭の"浮き雲"美味しいです!ふわっとしたメレンゲにはさまれた小倉餡。

餡つながりで・・・。ひょんなことでこの週末いただき食べた荻窪にある酒まんじゅう!これも絶品!でした。
吉祥寺に行くついでにいつか買おうと心に誓いました。
[PR]

by warna-warni | 2009-12-15 23:22 | 日々sehari-hari | Comments(2)

Bayugita etc.  

チェックインの手続きをしたリビング。部屋ではワイヤレスではちょっと不安定だったけどこちらではサクサク。

a0036499_21524236.jpg
Wanakasa同様に広いリビング。
ココに滞在するとみせかけだけではない"本物"を実感できるとやはり思う。
もちろん私にはアンティークうんぬんの価値をわかる審美眼は全くないですけど・・・。
以前のオーナーが道楽で造ったとしか思えないので(笑)それぞれが細部にこだわり全く違うインテリアスタイルのレジデンスのホテルになったのだと。
前回滞在時に偶然お宝倉庫を見せていただくことができたのですが、レジデンスに飾られていないものが
ゴロゴロとあってびっくりしたんですよね・・・。

Begawan Giriについては私があれこれ書くよりもアマン滞在時にお世話になった
マゼラン・リゾーツさんの何年か前に書かれたコラムを読んでいただければよーくわかるかと思います。

a0036499_21534152.jpg
リビングは2階。ちらっと見える階段を下りても1階に行けます。
そしてあちらに見えるドアがあいていたのでもちろん見学~♪

a0036499_2218517.jpg
やっぱり広々。窓には長~いデイベットが!外はもちろん緑がいっぱいです。
a0036499_2219647.jpg
アンティークな鏡といい、シンクはひとつだけどコロニアルな雰囲気満載。外には別にジャグジーもありました。

a0036499_22323783.jpg
1階のスタディールームにはパソコンもあり。(日本語利用可かどうかは未確認です。)
パーソナルアシスタントのダンティ(彼女にはのちにお世話になりました♪)いわく日本人ゲストはたまーに!とのことらしいのでNGかもしれませんね。
隣にはなんとなんと!トイレ&シャワーもありました。

a0036499_22324899.jpg
BayugitaのPool。水はやはり冷たかった~!そしてデッキチェアの他、ひさしのある部分にはディベッドがふたつ。
くるーにー嬢すっぴん昼寝の場面もしっかりカメラにおさめていましてよ~!
a0036499_223321.jpg
開けた風景ではないものの木々越しにライスフィールド。
[PR]

by warna-warni | 2009-12-14 22:37 | bali hotel | Comments(4)

Bayugita GardenRoom

Bayugita(Windsong)はレストランやスパ等のパブリックスペースからも一番近い場所にあります。
木々の向こう越しにはそれほど大きくはないけどライスフィールドビュー。
インテリアはトラディショナルにジャワコロニアル調を加えた感じで全体的にwoody。
でもコテコテではないのでそれほど重い感じではありません。

レジデンスは2つのガーデン・ルーム+テラススイート+コモシャンバラスイートの4部屋構成。
それにスタディルームにプールがあります。
滞在中、コモシャンバラスイートだけはゲストがいなかったので、リビングルームから一番近い私達が
ほぼ独占で使っていたという・・・。
1階にあるテラススイートはデッキチェア&テーブルを含めてちらっと見るかぎり居場所もバッチリのようで、
わざわざリビングルームまで移動してまでこない。
逆サイドのガーデン・ルームからはわざわざまわりこんでの移動になるので面倒くさい。

但しもしコモシャンバラスイートにゲストがいたら・・・Bayugitaの部屋の配置では
リビングは使えなかったかな?と思うのでラッキーでした。

そしてたった2泊だけだから断言はできないことですが・・・。そして1泊目はもうひとつのガーデン・ルームはゲストがいない状態ではあったけど、
前回滞在時にも感じたようにゲスト同士がうま~く重ならないような感じでレジデンス内のパブリックスペースを利用しているような感じを受けます。

予約した部屋はもちろん一番お手頃なGardenroomでした。

a0036499_0415477.jpg
天蓋付ベットはハリウッドツイン(これは未確認ですが変更してくれたような気がしてます。
もうひとつのガーデン・ルームもベットを造り直していたようなので。)
スーツケースの置き場所をはじめはテレビの脇にしていたのですが、ベットの下があるじゃな~い?ってことでスーツケース置き場にしてました。
そしてこの部屋には中庭があり丸テーブル&いすがあります。
a0036499_04288.jpg
残念ながら部屋にはソファがないこともあり、いすはオットマン付だったのでよかったかな。
a0036499_0422672.jpg
TVもありました。ビデオも沢山用意されているようでした。以前はなかったと思ったのは思い違いかな?

オレンジのボトルは滞在中のマイボトル。お水はレジデンスに大きなタンクがあるので補給はバッチリです。
そしてミニバーには炭酸類やアルコールはなく、からだによさそうなジュースやオーガニック製品などが入っていました。

a0036499_125687.jpg
洗面台までもウッディ。引き出しがあって便利だけどコンセントがどうしてもみつからず・・・。
ドライヤーをかけるのはちょっと不便でした。

a0036499_132195.jpg
そして右に行くとトイレ&半野外のバスタブ。ターンダウン時には必ず蝋燭が灯されていました。

そして左の部屋には・・・

a0036499_133164.jpg
シャワールームなんですよココ・・・。このイスは丸太をそのまま利用しているようでかな~り重い!
そしてシャワールームにも小さいながらもシンクがあったのでので二人での利用も問題なく・・・。

半野外のバスルーム&池付&しかもウブドという条件下では、カエルの遭遇率は高い
(怖いものはなーんもなさそうなくるーにー嬢。カエルだけはNGなのであ~る。)
ってことで必然的にシャワールームはくるーにー嬢専用になったわけです。

もうひとつのガーデンルームもこっそり(笑)と少しだけ部屋を見せてもらいました。
ベットルーム正面にライスフィールドが見える。外にデッキチェアもあるしいいかも?と思ったのですが、
シャワールームはひとつしかなさそうだったので、女子二人には今回の部屋で正解!だったかもしれません。

レジデンスごとにインテリアは統一されているものの、同じ造りの部屋はない!はずなので、
何度リピートしても次回滞在する楽しみがつきないと思います。
[PR]

by warna-warni | 2009-12-13 01:20 | bali hotel | Comments(4)

COMO SHAMBHALA ESTATE BALI

Begawan Giri時代の2003年10月に滞在して以来、再訪したかったこちら。
ココ数年ubud滞在の際は何度か滞在を検討していたのだけど・・・。
フルだったり、はたまたなかなか代理店から値段が出てこなかったりで縁がなく・・・。

好きなホテルグループであるCOMO SHAMBHALAにマネージメントが変わっての滞在はとっても楽しみでした。

前回滞在したWanakasa以外のレジデンスで・・・と代理店経由でリクエストをしつつ、
ホテルへもアクティビティメニューの入手等を行うついでにレジデンスのリクエストを。
とはいえレジデンス貸切・・・なーんて夢のようなことはできないので、
予約した部屋のカテゴリーでおおよその検討はついちゃうのですけどね。

a0036499_2201240.jpg
孔雀はいなくなったけど、白のソファが印象的なフロント。スタッフがスダップマラムのウェルカムリストレットをひとりひとりにつけてくれる。

a0036499_225423.jpg
以前はなかったパブリックプールとスパ&ヨガパビリオン。アクアテラピー用プールも本格的な感じ。(6名までなので残念ながら予約いっぱいで体験はかなわず・・・。)

a0036499_22111758.jpg
マイレジデンスのリビングでヘルシーなウェルカムドリンクを。私のリストレットは残念ながら切れてしまいました(涙)

アサインされたレジデンスは2003年の滞在時には全く見学していないBayugitaでした。
[PR]

by warna-warni | 2009-12-09 20:47 | bali hotel | Comments(2)