「ほっ」と。キャンペーン

グルマンデリをルームサービス

St.Regis滞在のおそらく最後のUPになります。うれしい誤算がデリでした。
最終日出発ギリギリまでお部屋利用がOKとなり、パッキングしたり、最後にゆっくりとお風呂に入ったりしながらのんびり部屋で過ごすことにしました。

くる嬢が持参してきてたクリコ様♪もいただきたいし、デリで見繕って部屋で食べようってことに。

デリに行って選んだものはアンティパストミストの盛り合わせ、それにキッシュ。パンも食べたいね!ってことでオーダーするとパンも含まれていて、しかもお部屋までお運びいたします~。
・・・ということで一足先に部屋に戻って、つまみをいただきながら泡でカンパーイ♪
a0036499_3284726.jpg
やっぱり泡~特にシャンパーニュとなると最後を飾るのにふさわしい!

お互い旦那へのお土産もかねてマカロンも購入。年をとってきてからマカロンはけっこう好きなお菓子に格上げされました~!

ベランダでクリコ様をいただきくつろいでいると、颯爽とスタッフが登場!白いテーブルクロスのかかったワゴンに料理が美しく盛り付けられて登場!
予想外の演出にびっくり!!さすがSt Regisのサービス!!(もちろんリボンに包まれたマカロンも。)

a0036499_336757.jpg
パンも山盛り。キッシュにはパルミジャーノだったかな?チーズをスライスしたプチサラダもついている♪
ホントにあのお値段でいいの~?って疑ってしまったくらい。(はっきりとは覚えていませんが、すべてで3,000円もしなかったはず?)

a0036499_3443747.jpg
a0036499_3445751.jpg
アンティパストミストもケース内のものを少しづつほぼ全種類。リクエストした生ハムももちろん。キッシュも生地はさくっと!クリーミーで美味しかったし、いうまでもなくパンも美味しい。

最終日、すべてスタンバイOK!にして部屋でいただくこのスタイル、クセになりそうです。但しやはり素敵なホテルだからこそ!なのでしょう。
またSt.Regisにリピートするチャンスがめぐってきてかつレイトチェックアウト利用ができたらという条件付になってしまうけど、デリ利用はマストだわ。

この時も後ろ髪ひかれまくって帰りたくなくなっちゃいましたからね・・・。
a0036499_49273.jpg

[PR]

by warna-warni | 2010-04-29 09:30 | bali hotel | Comments(2)

鏞記酒家でガチョウのロースト

ガチョウのローストで有名な王道のyung Kee restaurntでお昼にしました。
a0036499_9425455.jpg
開店前の店。ショウウィンドウも閉まってますね。@2009.04撮影。
a0036499_943752.jpg



a0036499_949768.jpga0036499_9491970.jpg
これぞ食文化の発達した香港の代表的な風景のひとつ。右は大きな水カキ部分ですよね・・・。子豚ちゃんもぶらさがっていました。

ちょうど12時すぎ頃にお店に入ったのですが、すでにかなりのお客さんが各々食事をいただいています。
巨大なレストランの2階に通されました。
お茶はポーレイ茶をオーダー。中国茶を飲み始めた頃、カビくさいような独特の香りのプーアルはどちらかというと苦手で烏龍系ばかりをいただいていたけど、最近では家に常備しているくらい好きになったお茶。
苦味がなくまろやかな口あたりが気に入っている。油を分解するともいわれているし。

a0036499_1003865.jpga0036499_1005813.jpg

ピータンと甘酢しょうが&ヨンキーチャーハン。もしかして香港ではじめてチャーハンをいただいたかも?
腸詰やぷりぷりの大きなエビなど具沢山でパラパラっとしあがっているチャーハン。食べ慣れた味は安心感があります。

a0036499_1061063.jpg
ガチョウのロースト(半羽)
ジューシーで脂身もあって美味しかった。
しっかし、これだけで充分満腹。まわりのテーブルを見渡すと香港人?(中国人?)と思わしき女性二人でも何品もオーダーして食べているでは!
やっぱり食に対する貪欲さはかなわないなーって。(よく食べるなーってのが正直な感想(笑))

サービス料込でHK$290くらい。お高い素材の料理をオーダーしてないから妥当な価格。
ただこういうレストランはやはり大人数できていろんな種類をオーダーして楽しめたらいいなって思いました。
土鍋をオーダーしている率が高いような感じだったので気になったし。

日本語でサイトあり。もとは小さなロースト屋台からはじまってここまで大きくなったレストランなのですね。


ローストといえば・・・コーズウェイベイにある強記飯店の蜜汁叉焼飯♪
a0036499_10284844.jpga0036499_10292119.jpg

ここもまたぜひぜひ行きたい店。
[PR]

by warna-warni | 2010-04-25 22:03 | hongkong | Comments(6)

CENTRAL

FLEMINGはBuffetの朝食付だったのでレストランへ行ってみました。
a0036499_23251232.jpg
a0036499_23252719.jpg
こじんまりしたレストラン。buffetの種類はそれほど多くはないもののツボをおさえた品揃え。
オレンジジュースは果肉入りの絞ったものだし、やわらかいパンも美味しい。スモークサーモンやサラダなどもあって、ちょっといただくには充分。もちろん卵料理やハム類もありました。
この時食べたドラゴンフルーツは程よい甘さがあり初めて美味しいと思えました。熟し具合がちょうどよかった
よう。

軽めに朝をすませてセントラルへ出かけました。

a0036499_233119100.jpg
今回は動物愛護(ペット)のトラムをよくみかけました。やはり捨てられてしまうペットも多いのでしょうか?
a0036499_23342171.jpg
うーん・・・この日もどよよ~んとした今にも雨が降りそうな曇天。高いビルの上階はガスで隠されてしまいました。

中環と上環の間くらいの適当な場所でトラムを降りて街歩き&ショッピング開始!

a0036499_23384920.jpg
何度か行っている市場の一角にある九龍醤園では醤油や蠣油・土産の皮旦などを購入。また八珍では赤酢や黒酢を。瓶ものを買ってしまって荷物が重くなりちょっと失敗。以前も同じ思いをしているのに全く教訓がいきていない私・・・。

ヒルサイドエスカレーターを上ってみる。
a0036499_23485747.jpg
市場街からはじまり、soho、モスクなど変わっていく街の景観を眺めながら終点の半山まで行ってみました。

a0036499_2350483.jpg
現在地をしめす案内板。この時うっすらと晴れ間ものぞいてきたので、せっかくだからビクトリアピークへ行ってみる?と思いトラムステーションを目指してみる。
a0036499_23513972.jpg
高級マンションが林立する住宅街のようでジョギングしている人・犬を散歩している人などみかけつつ、歩いたものの道に迷ってしまって。オランウータンなどもいる熱帯の雰囲気もあるらしい動植物園でも見ている?と予定変更しつつも結局メンドクサクなって元に戻ることにしました。
計画性ゼロでごめんよ~!とはいえあてもなくブラブラ散歩もいいものです。

タクシーに乗って山を下りだすとすぐに左手側に動植物園があったようでした・・・。
[PR]

by warna-warni | 2010-04-24 23:22 | hongkong | Comments(4)

モダンチャイニーズ OVO logue

a0036499_23473820.jpg
よくトラムからも見かけていた"押"の文字。質屋のことなんですよね。
ココは古くからある質屋を改装してできたレストラン。1階にある祈月 OVO logue(音出ます!) にやってきました。
本当は上のイギリス料理のThePawnも興味あるけど、香港に来たらやはり中華よね!ってこととメニューを見たら軽くでもいけそうだったのでこちらを選択。それから素敵な"HappyHour"♪
a0036499_2352552.jpg


a0036499_2115890.jpg
お通しでwelcome drinkとえびセンが出てきました。グラスワインもハッピーアワーの対象になっていたので、イタリアのピノグリをオーダー。
a0036499_2145460.jpg
天井が高い店内。モノクロの人なつっこそうなおじいちゃんの写真が印象的。キセルをくわえているおじいちゃんはまだ小学生だった頃に他界した祖父を思い出しました。時にやさしく時に厳しい人でした。私の家族だけは離れて住んでいたので夏休みに田舎に遊びに行くくらいだったけど、よく怒られたな。お仕置でお蔵にも入れられたっけ。でもそれは躾けの一貫だったことは大人になってからわかったこと。

お店は西洋人や香港人?でけっこう賑わっていましたね。

食事は軽めで!
a0036499_2119299.jpg
コーヒースモークのアヒルの卵キャビア添え。かぐわしきコーヒーが意外と合う♪

a0036499_21194933.jpg
レンコン・ユリ根・季節の野菜炒め。塩・胡椒を効かせたシンプルさだけど食感を楽しめてなかなか美味しい!

お腹がすいていれば口福をもっと楽しめたのだけど・・・。

ちょっとこじゃれた空間で食事とワインを楽しむにはなかなかよさそうです。

会計時にお店の責任者ぽい人に話しかけられ、私がWでこの店を知ったというと気をよくしたのか?すでにクローズしていた隣りのインテリアショップも見せてくれて。
おまけにレストラン入り口のshopの写真も撮影させてくれました。(写真NGのマークがしっかりあるのに・・・。)
a0036499_21372032.jpg
ピンクのカンフー娘。
写真を撮ってくれるというのでもちろんこの像と一緒に。

a0036499_21391093.jpg
元あった質屋は奥に移転して営業している模様でした。
[PR]

by warna-warni | 2010-04-20 21:44 | hongkong | Comments(0)

灣仔をブラブラ

夜ワンチャイへ繰り出してみました。
美味しそうな店は何軒か事前にチェックはしたもののペニンシュラの食事が4時頃だったためお腹がすかない・・・。
腹ごなしにいつもトラムから眺めて気になっていた屋台や青空市場を歩いてみようかと・・・。

a0036499_2311076.jpg
トラムが鈴なりに。広告の種類も12月からかなり変わっているようです。

残念ながら8時近かったので、市場はほとんど閉店しているかお店を閉めている最中。
そんな中、魚屋肉屋八百屋とつらなっているところで猫発見!
香港で何度か猫に遭遇しているものの逃げられてしまったり、寝ていたりでなかなかコンタクトがとれない・・・。

a0036499_2364818.jpg
ピンクの首輪をつけてかわいがられているよう。近くに大型犬がいたので警戒中。小さいからだでしっぽを大きくしてましたわ。

a0036499_23103680.jpg
くるーにー嬢のパンツが気になるようで・・・。でも彼女にスリスリっと行くのは正解よ!動物にはとってもやさしいから~(笑)

a0036499_23123743.jpg
ジャレはじめちゃったわーん♪市場に住んでいれば食べ物には困らないだろうね~。毛並みもとってもいい猫でした。

私達もかる~く飲みに行くとしようかね!
[PR]

by warna-warni | 2010-04-19 19:06 | hongkong | Comments(4)

THE FLEMING

今回2泊したのはワンチャイにあるTHE FLEMING。STERLING HOTELSにも加盟しています。
はじめに感想言ってしまうと可もなく不可もなく・・・。スタッフがちょっとツンケンしている印象を受けました。
ということで同じクラスだと昨年滞在したLanson Placeに軍配があがるかな?
a0036499_6585212.jpg
*手ブレひどすぎ・・・ご容赦を・・・(汗)
今回滞在先を選ぶ際に昨年オープンしたこちらと今年オープンしたばかりのこちらと迷ったのですが、一方は予算がちょっとオーバー、もう一方が中心部からロケーションが離れすぎていたので断念した結果。

とはいえホテルでのんびりしたのは夜くらいですのでそれほど大きな問題はありませんでしたけどね。
(一部あちら方面の嗅覚の鋭いクル嬢が気になった点があるようで・・・。それは追々UPされるでしょう~?)

City BreaksというAmercian Buffet Breakfastと赤ワインサービスのDeluxe Room。レディスフロアはアメニティがロクシタン&アロマオイルの用意ありとの情報を得ていたので、もちろんリクエストしておきました。

2機あるエレベーターは偶数階と奇数階ごとにわかれていて、ルームキーを差し込んで動くタイプ。
今まで滞在した香港のホテルはルームキーを差し込まないと動かない方式のホテルがほとんどです。

a0036499_7112921.jpg
お部屋はシンプルですっきりしたタイプ。毛足の長いモコモコクッションがアクセントに。
a0036499_7121460.jpg
角度を変えて。鏡はクローゼット。

a0036499_7124933.jpg
Take me home!のマフラーをしたクマ。こちちもレディスフロア仕様でしょうか?

フレ・ミンさん(くん)と命名(笑)私がお持ち帰りさせていただきました。
a0036499_7131858.jpg
やはりビジネス客を意識して!クリップや輪ゴム類のりなど文房具が用意されていたのですが、実際に使うのでしょうか?昨今PCがあればほとんどのことはできてしまいますし。ちなみに無線LANありだったかと思いますが有料です。

a0036499_7271491.jpg
こちらがコンプリメンタリーのワイン。残念ながらグラスがひとつ。予約はもちろん二人でいれてますからね・・・。
ただ今回は時間もなく・・・めずらしいことにすべてを飲みほすことできませんでした(笑)

それからクローゼットにはバスローブやスリッパ、アイロンに加湿器・ヨガマットまで用意されていました。

バスルームへ
[PR]

by warna-warni | 2010-04-18 08:00 | hongkong | Comments(2)

恋し~い朝の風景@kudeta

a0036499_22143977.jpg
Kudetaで朝食@2009.1。ひとりでゆるゆると海辺の席を陣取っていただく。
a0036499_22173131.jpg
a0036499_22175419.jpg
a0036499_22182785.jpg
セットメニューでオーダー。パイナップルジュース&カプチーノ。スクランブルトーフはトースト添え。それにフルーツプレート。
値段はRp75,000ほどだったかな@うる覚え

以前もKudetaで朝食をいただいたけど、やはりビーチ沿いでの朝ご飯は気持ちいいですよね~!

朝食がついてない時&朝食が期待できないヴィラや中級ホテル滞在時にはまた利用したいな~って思います。

実は今まで一度もディナーの利用はないkudeta。

あーーーー、早くバリへ行きたいな~って思う今日この頃。

a0036499_22284890.jpg

[PR]

by warna-warni | 2010-04-14 22:30 | bali warung | Comments(2)

Naturally Peninsula detox menu

"Spring at The Peninsula"の続きです。トリートメントの後は着替えもすませてプールサイドでランチ(という時間には遅すぎましたけど)をいただきました。

a0036499_22293577.jpg
"poteto and leek soup"ジュースはスイカジュースをチョイス。パンは全粒粉のハード系のパン。
a0036499_2230126.jpg
"spring water poached Scottish Salmon with vierge sauce"オリーブオイルとレモンでさっぱりした味なんだけど、サーモンがふっくらしていて美味しい!
a0036499_22303485.jpg
"whole wheat strawberry shortcake ,blood orange sherbet"ケーキは私は全部食べきることができませんでした。1枚だけ・・・。 少し食べるならOKなんだけど食べ続けるとちょっと甘い・・・。

これにオーガニックなブラックライチーティーを最後にいただきました。紅茶は4種類から選ぶことができます。お茶も美味しかった!

以上でHK$1,600。平日限定メニューとはいえとっても満足なペニンシュラのスパでした。

またぜひぜひ体験したい!というかペニンシュラには一度ステイしてみたいな!って素直に思いました。

a0036499_22493991.jpg
あいにくのどよよ~んとした天気。晴れていれば気持ちいいビクトリアハーバービューなのになぁ・・・。
[PR]

by warna-warni | 2010-04-13 22:47 | hongkong | Comments(2)

幸せな風景

a0036499_23113287.jpg
a0036499_23121114.jpg

今日は夕方にはどよよ~んとした疲れがイッキにきた気がした。
金曜日ってことで一週間の疲れが出たか?とはいえ他に充分心当たりある出来事があった。

そんなタイミングで、心がぱっと明るくなる報告メールが夕方届き、その流れで1時間半ACOさんのクラスでYoga。
ナゼかわからないけど自然と涙が出てくる。浄化作用??はて?こんな経験今までなく摩訶不思議。
たまたま偶然スタッフに涙拭いてるところを見られて、ACOさんいじめたんでしょ?っていわれたけど、もちろん違いますよー(笑)

ってことで懐かしいこの画像を載せておきます♪
[PR]

by warna-warni | 2010-04-09 23:29 | 日々sehari-hari

SPA THE PENINSULA BY ESPA

以前からぜひ一度体験してみたかったペニンシュラのSPAに今回行ってきました。
SPAとの予約のやり取りもレスポンスがとにかく早い!
実は出発数日前にホテル都合のよる予約時間変更のメールをナゼか私が見落としていることが発覚!
出発直前に再度メールチェックしたら再確認メールが入っていてかなりあせりましたけど・・・。
(iphoneでメールチェックできたのがよかった!OKメール出したらすぐにホテルからも返信きました。)

ということでものすご~く楽しみにペニンシュラへ向かいました。

今回のパッケージは"Spring at The Peninsula" スプリングブライトナー~肌の活性化、むくみセルライトを改善するトータルで約5時間半のコース。
11:00am - 12:00nn ~ Usage of swimming pool
12:00nn - 1:00pm ~ Heat experience in thermal suite
1:00pm - 3:00pm ~ Spa treatments in individual rooms
3:00pm - 4:30pm ~ Spa meal at Pool Terrace (Lunch or Afternoon Tea to be confirmed)
トリートメントは2時間ほどですが、ホテルのプールやサウナ等を利用できるのはやはりうれしいし、余裕があるとより心も体もよりリラックスできてトリートメントを受けることができますよね。
ちなみに上記パターンの他に食事を先にとるスケジュールも選択できます。

実はspa内の撮影はNG・・・。とはいえはじめに知らずに撮ってしまった画像とこっそりプールで撮ったものをupしておきます。
a0036499_2333255.jpg
Spa Reception。到着時は珍しくオール男性スタッフ。私達の担当は以前日本に住んでいた男性で少し日本語を話せるスタッフ。でもやはり男性スタッフだと女性専用の場所には入ってこれないわけで・・・。
サウナやスチームルームの使い方などはしょられていたことがのちに判明。
ホテルとしてはきっと片言でも日本語を話せるスタッフがよかろうとの配慮からだと思うのですが、英語でいいから女性がよかったかな?と思いました。この点だけがちょっと残念だったことでしょうかね。

a0036499_2320038.jpg
a0036499_23202276.jpg
ビクトリアハーバーをのぞむプール。残念ながら雲あつく立ちこめてこの時一時的に雨が降っていた模様。
デッキチェアでくつろいでいるタイミングで、のちにいただくランチメニュー(を選択)を渡されて、事前にメニューを選択しておきます。
プールはかろうじて顔が出せる水深。ジャグジーもあったのですが水温が少々ぬるめで室内とはいえ、プールからあがると肌寒い感じでした。

時間になるとお迎えにきたスタッフについて次のthermal suiteへ。
a0036499_23262913.jpg
こちらがice fountainのようで氷を削ったものが定期的に上から落ちてきます。これで冷やすということですね。
ドアをあけるとすっきりとしたペパーミント系の香りがふわっと流れてくるCrystal Steam Room。エビアンも用意されていたので水を補給しながらじわりじわりとたっぷりと汗をかいて、ブラインド越しにビクトリアハーバービューを見渡せるサウナルームに入り汗をとばすと(笑)

thermal suiteは貸切ではないのですが、ゲスト同士が重ならないよう時間をずらしてスケジュールを組んでいるようです。

a0036499_23344658.jpg
それから照明を落としたRelaxation roomのベッドでクールダウン。ベットは電動で背もたれの角度&足の高さ等調節できるのでとっても快適!気持ちよすぎて前日の寝不足もありこのまま眠りたい・・・くらいでした。
冷蔵庫には2種類のドリンクとエビアンも用意されています。私はマンゴー・ヨーグルトドリンクをいただきましたけど、濃厚で美味!

そしてこちらで休んでいるとおまちかね!いよいよ担当のセラピストがsparoomへ案内してくれます。

spaの内容も至れり尽くせりの申し分ないもので、さすがペニンシュラ!と思わずにはいられませんでした。
ベットが温かいのはいうまでもなく、電動式のベットは体勢を変えるのもラク。贅沢に使用されるタオル。セラピストの細やかな心遣い。
スクラブの後の温かい海草パックの間も放置されることなく頭を丁寧にマッサージ。その時はあまりにも気持ちよすぎて完璧に落ちてました。
眠りに落ちていたので、パックを洗い流すのがちょっと面倒ではありましたけど。まるで石膏でからだを固定されたような状態になっていたのでこのマッサージベットは優れもの!

シャワーで洗い流した後はいよいよマッサージ。マッサージの前にバンブー?のようなアロマの香りをそっと顔に近づけられてまたすっと気分が変わり・・・。(演出がにくいですよね!)
マッサージも凝っている肩や首のあたりはかなり入念に腕をぐいぐい使ってしっかりとマッサージ。
足や腕やその他の部分は細やかでリズミカルな手さばきなマッサージだったかと(すでに記憶が・・・。)
とにかくツボをおさえつつ丁寧なマッサージが心地よくってとっても満足!私の担当のCandyさんは手もふくよかなタイプでとっても上手でした。

マッサージが終わり渡されたものがこちら。
a0036499_043919.jpg
実際に使用したESPAのプロダクツのカードにthank you!の文字。もちろん私の名前もそえられて。
これも宣伝のひとつとはわかってはいるもののささいなことでもうれしいものです。
ええ、その戦略にハマリ私はスクラブを購入。(ESPAのプロダクツはそれなりなお値段なのでトラベルサイズを。)

オイルを浸透させるため軽めのシャワーですませてSpaRoomを後にし濃くて美味しいハニージンジャーティをーいただきます。
くるーにー嬢も終わって顔を見合わせてすぐふたりとも"すっごく気持ちよかった!よかったよね!"と同じ感想を持てたこともうれしい。

長くなったのでランチは次回に続けます。
[PR]

by warna-warni | 2010-04-08 23:58 | hongkong | Comments(4)