ロビーラウンジから@インターコンチネンタル香港

a0036499_23262959.jpg

食事の後はインターコンチネンタルへ向かいました。
私は20年程前の初香港以来の訪問です。当時はリージェントでしたっけ?

ロビーラウンジからのパノラマビューはやっぱり抜群!地上目線ではベストでキラキラが楽しめるラウンジですね。

a0036499_23344192.jpg
しかも途中で窓際のテーブルが空き移動させていただけたのでラッキー♪

a0036499_23351854.jpg


a0036499_23355887.jpg
友人オーダーのアッフォガード。ビスコッティが相当美味しかったそうです♪

a0036499_2337616.jpg
雲の流れがやけに速いな~と思っていたらまたまた突然雨が降り出して、摩天楼も白く煙ってしまいました。

この後しばらく雨はしとしとと降り続いて・・・初日はRainy HONGKONG night。

*ユーミンのHongKong night sightな気分。 
[PR]

by warna-warni | 2012-11-28 18:21 | hongkong | Comments(2)

創發潮州飯店に再び!

初日のディナーは私が我侭言いまして再び九龍城の創發潮州飯店に行きました。
ホテルからはタクシーで移動。店名並びに住所のメモをベルに渡してタクシーの運転手さんに指示してもらいました。

今回再訪目的のひとつは夏しか食べられないという“黄油蟹”。

黄油蟹とは産卵期の蟹が浅瀬にあがってきた際、夏の暑さにより上昇した水温及び直射日光を浴びることにより卵が溶け、それがクリーム状に変化し全身に回った状態にある珍しい蟹・・・だそうです。
一度食べてみたかったのですね、この蟹。

*もちろん有名な海鮮系のレストランでは食べることができるはずですが、翌日行った西貢では遭遇しませんでした。

a0036499_22351629.jpg
席に座ると工夫茶とお通しのピーナッツや小魚に漬物などが出てきます。これは潮州料理の特徴のようです。

a0036499_22392382.jpg
鯛の冷製。新鮮なうちに塩茹でして風干ししたものを冷製にするそう。つけだれは大豆の発酵ソース。

a0036499_22483139.jpg
名前はわかりませんが、適当にオーダーしたこのイカの炒め物が意外な美味しさ!素揚げされた野菜はなんだったのだろう?

a0036499_22533272.jpg
黄油蟹が登場!たしかに黄色いみそがぎっしり。ただこの時は茹で時間をミスったのか??ちょっと茹ですぎ??で残念ながら想像した蟹とはちょっと違っていたようです・・・。

a0036499_22553856.jpg
たしか梅菜という野沢菜に似た野菜とスペアリブの煮込み(だったか?)色どりはけっしてよくないですが白いご飯が食べたくなる味で美味しい。

他に定番の揚げ豆腐(ニラ入り塩水につけていただきます。)他いただきました。

飲み物はサンミゲールに持ち込んだ赤ワイン♪

a0036499_2374520.jpg

黄油蟹は別格ですが・・・他は庶民的なお値段。日本ではほとんど馴染みのない潮州料理。
中華料理ってなかなか奥深いわ。

今回の蟹はちょっと残念でしたがまたうかがいたいと思います。
このあたりの散策も一度してみたいし。

a0036499_238879.jpg
これがうわさの黄油蟹でございます


a0036499_2382345.jpg

前回訪問時はこちらです。
[PR]

by warna-warni | 2012-11-27 23:12 | hongkong | Comments(0)

Above&Beyond~club lounge

クラブフロア滞在にはAbove&Beyondでの朝食、アフタヌーンティ(15時~17時)にイブニングカクテル(18時~20時)のサービスが含まれていました。

このAbove&Beyondは“天外天”というレストランもあり、はて造りはどうなっているのだろうか?と。
クラブラウンジであるAbove&Beyondは入ってすぐのスペース。その奥にレストランがある造りに。
ということはレストランを利用する方は必ずクラブラウンジを通っていくことになります。

入口でレストラン利用かクラブラウンジ利用か(部屋番号は必ずチェックされます。)を確認しているようです。

天外天は眺望もよいレストランなので一度利用しようかな?とも思っていたのですが、ラウンジ利用や行きたいレストランもあるので今回の滞在では結局利用しませんでした。

朝食時にはクラブラウンジだけでは席数も足りないので天外天のテーブルも使っている模様です。

夕食まで時間があったので早速18時に突入~!たまたまこの時は他のゲストがいなかったので写真取り放題でした。
a0036499_1083840.jpg
カウンター越しにはヴィクトリア湾の眺望!(全く写っていませんが・・・)

a0036499_1084740.jpg

a0036499_108541.jpg
コンランらしいデザインですよね~。ラウンジ本体のスペースはそれほど広くはありません。棚の裏側はレストラン。

a0036499_10113029.jpg
窓側のソファを陣取りスパークリングワインを。ドリンクの種類はカクテル数種(リスエストで掲載されていないカクテルも大丈夫でした)にワイン、ビールにウィスキーなど一通りあります。

a0036499_10133644.jpg
罪作りなカナッペ達。思っていた以上に充実のラインナップ。この後ディナーがあるわけでホントーに悩ましい・・・。
少しいただきましたがぐぐぅーーと我慢、我慢、我慢。

a0036499_10154949.jpg
なかなかよい眺め。怪しい雲行きだったので天気雨がざざっーと降ってきました。一瞬景色が見えなくなるくらいに。

このラウンジ香港島側(実はチム側も多少)の眺めがバッチリ!ということは???気がついた方もいらっしゃるかも?
なかなか素敵な特典がモレナクついているんですよ♪

a0036499_10254726.jpg
雨もあがりネオンが灯りはじめてきました。
さて本日は退散の時間です。
[PR]

by warna-warni | 2012-11-18 10:30 | hongkong | Comments(0)

Hotel ICON~できれば香港の定宿にしたいかも part2  

バスルームです。

a0036499_21364458.jpg
シングルシンクでしたが一通りのものは揃っており使い勝手は悪くはなかったです。

a0036499_21405046.jpg
バスタブもあります。お風呂につかりながらTVも見れますね。

a0036499_21413921.jpg
大きめのシャワールームは可動式とレインシャワー。

a0036499_21423243.jpga0036499_2143226.jpg


アメニティはLeonard。そしてクローゼットも二人で滞在するには充分な広さ。アイロンも完備。
バスローブ&スリッパと一流ホテル並みにアメニティも揃っています。

お部屋の造りはシンプルで無駄はなし。大きな特徴はないかもしれませんがこのホテルはシティルームでも部屋からの開放的な景色も売りのひとつだと思います。
それを考慮すれば香港ではけっして高い値段ではないはず・・・。
クラブフロアでなければ同じ広さの部屋で1万円台で宿泊できますし。

a0036499_21505915.jpg
エレベーターフロアの窓から。リッツはやはり高い・・・。尖沙咀のモスクも見えますね。
暗雲たちこめ・・・いやな感じ。この後やはりザザッーとスコールがきました。

a0036499_21542231.jpg

[PR]

by warna-warni | 2012-11-13 21:58 | hongkong | Comments(2)

Hotel ICON~できれば香港の定宿にしたいかも 

いよいよホテルにチェックイン!。
昨年のリッツ1泊を除いてはここ香港島にステイしていることが多かったので九龍側は久しぶり。

今回はトリップアドバイザーでも昨年オープンしたばかりでかなり好評価だったHOTEL ICONにしました。
このホテルは香港のホテルと観光産業マネージメントを学ぶ大学が運営しているというユニークなホテルです。
その大学生もインターンとして働いているとか?とはいえ私が今まで香港で滞在したホテルの中では
その対応ぶりがとっても丁寧、にこやかだったホテル。
(香港のホテルのスタッフは超高級ホテルは除くかもしれませんが全般にそれほど愛想はない・・・です。)

a0036499_20591481.jpg
吹き抜けのフロントは
ウォールガーデンがとても印象的です。

a0036499_20581159.jpg
中央の大きなイスがIconですかね♪

今回はClub 36 roomsのcityを予約。4泊お世話になりました。
もちろんHarbourの方が俄然眺めはよいはずですが予算の都合上w

city側でもこのホテルの立地も幸いしてか思っていた以上にホテルから香港島の眺めが堪能できたことはうれしい誤算のひとつ。ポイントもアップです♪

さてクラブフロアの特典
部屋編
・Complimentary in-room bar & snacks (replenished daily) *ビールも含まれます
(通常のお部屋も同条件が記載されていますがbeerは含まれていないようで内容も違うようです。)
・Nespresso coffee machine
(現在WEBに掲載されていないのでなくなってしまったのかもしれませんが
滞在した2012年7月には一日HK$100までのランドリーかドライクリーニング代も含まれていました。)

そして最上階28FにあるクラブフロアであるコンランデザインのABOVE&BEYONDでの特典
■Private Dining
■Full breakfast
■Afternoon Tea
■Evening Cocktails and canapés
■Relaxing Lounge
などなど・・・。

香港で朝食付きとなるとお粥を食べる楽しみがなくなってしまうのはとっても残念だけど、カクテルタイムが楽しめるのはやはりメリットありますからね。

私達の部屋は25階でした。

a0036499_2231516.jpg
お部屋はシンプル&モダンな造り。ツインとキング選択できます。香港で36㎡あれば上出来です。

a0036499_2255933.jpg
いすはデスクのいすとこのチェアのみなので小さくでもテーブルがないのは残念かな?

a0036499_228419.jpg
ビジネスで利用できるよう部屋にはプリンターも用意されています。

a0036499_2295520.jpga0036499_2291744.jpg


ペリエもうれしかったし、なによりネスプレッソマシンでコーヒーがいただける!!
小瓶にはドライフルーツとクッキー。他にスナックとナッツもコンプリメンタリーです。

a0036499_22171882.jpg
チェックイン後ちょっと雲の多い状態ですが、香港島西東(でしたね・・・)方面がよ~く見えます。

そしてHotel ICONの立地。日航やDFSの近くと尖沙咀からはちょっと距離があり、最寄駅は紅磡(ホンハム)が近いとやや不便な場所・・・かと思ったのですが、
朝から夜遅くまでペニンシュラ&ハーバーシティ向けのシャトルバスが20分に一本運行されているので足はかえって便利でほぼシャトルを利用して尖沙咀に出ていました。

続きます・・・。
[PR]

by warna-warni | 2012-11-11 22:30 | hongkong | Comments(0)

Hongkong@2012年夏

ここ数年毎年必ず訪問している香港。今年も昨年に引き続き暑い夏。7月に行ってきました。

実はマイレージでキャンセル待ちをしたもののなかなかチケットが降りてこず・・・。
今回はワンワールド(JAL)だったのでキャセイで予約も可能。
スケジュールを予定していたほぼ3週間前にようやくキャセイでチケットをゲットできギリギリで決行となりました。
ちなみにJALのマイレージでYは21,000マイルと若干割高ではありますが、なんといってもキャセイは東京⇔香港の便が多い。
往復羽田発着のベストなフライトをゲットできてラッキーでした。

ギリギリに香港行きを決めたにもかかわらず、紆余曲折あり結局日本からは4名で香港へ。
行きはY嬢は同じ羽田30分ほど早い出発のJL、L嬢は私と同じCXだったのですが、Y嬢オーバーブッキングというハプニングが発生。
CXに振り替えというある意味有難い話が舞い込み、ギリギリまでどうなるかわかりませんでしたが
三人同じ便で結果オーライとなりました。
(もちろん他にも特典があったようですよ♪)

CX543便、機材整備の遅れでディレイしたものの無事香港へ向け出発。
ここ私はCXに乗るとディレイにあうということで実は相性悪し。
(昨年かなりいただけない事件に遭遇。クレームレターはしっかりと出しました。)

a0036499_22195680.jpg
機内食はチキンを選択。残念ながら炭水化物のオンパレード・・・。

お喋りしているうちに無事香港に到着。
本来Y嬢と待ち合わせする予定だった到着フロアにある許留山で休憩。
何度も香港へは行っているものの初めて許留山を利用しましたw

私はその間香港のプリペイドSIMを購入しに出発フロアに。
Hutchisonの3ショップの売店があり最近はココで購入しています。
もちろんアクティベイトも店員にお願いするとしてくれますので安心。
HK$98でたしか有効期限は半年ほどだったかと思います。もちろんリチャージも可能です。

a0036499_235286.jpga0036499_2352636.jpg
シンプルに芒果汁(マンゴージュース)HK$27をいただきました。

ホテルへの移動は通常二名なら到着フロアからそのまま乗れてしまうエアポート・エクスプレス(機場快線)で移動することが多いのですが、今回は三名でしかも久しぶりに尖沙咀に滞在だったのでホテルまでタクシーにて移動。

高速道路を利用するので尖沙咀までは40分くらいで到着。
エアポート・エクスプレスでは見られない景色を車窓から見ることができてタクシー利用とっても快適でした。

値段も荷物代を含めてHK$250くらいだったかと思うので三人での利用でしたら
エアポート・エクスプレスと同じくらいの料金だと思います。

a0036499_2317589.jpg
車窓から。香港島が見えてきました。テンション上がります↑↑w
[PR]

by warna-warni | 2012-11-02 07:05 | hongkong | Comments(2)

dinner@Damai

a0036499_21334677.jpg

a0036499_21335457.jpg

a0036499_2134114.jpga0036499_21343972.jpg

最後の夜はアラカルトでディナーをいただきました。
右のワインはシガラジャ産のソービニヨンブラン。現在のDamaiの白のハウスワインです。
私は初めて見ましたが、ここ最近カルフール等で売られているようです。
もともとバリ北部は葡萄の生育に適しているようで畑があることは知っていましたが、ワインの醸造会社も増えているようですね。
輸入物がバカ高いので地元で美味しいワインが醸造されるなら大歓迎!
このワインはソービニヨンブランらしいさわやかな香りとすっきりとした飲み口でなかなか美味しかったです♪

この日いただいたのは

a0036499_21434559.jpg
ツナたたき

a0036499_21435760.jpg
野菜のロースト

a0036499_21441025.jpg
オーガニックローストチキン


全体的にポーションはそれほど多くなく(以前よりも若干少なくなったような気がします)ちょうどいい感じでいただけました。
[PR]

by warna-warni | 2012-11-01 21:54 | bali hotel | Comments(0)