台北2泊3日小旅行@2012.NOV 人和園雲南菜

台北行きが決まってから"これからも、台湾"FRAU9月号をネットで探したら売り切れ・・・。
多少高くついちゃったけど中古でゲット。

でも台北の誠品書店には山積みで売られていました。しかも日本の販売価格よりも安い!!
一瞬邪なことを考えてしまいましたw

ということでFRAUで紹介されていたレストランが雲南料理の人和園雲南菜。
雲南料理って一度トライしてみたかったのですよ。(本当はキノコ鍋。)
ですので結局オーダーしたのは雑誌のもろ受け売りw~になってしまいました。
とはいえレストランスタッフも片言の日本語を話す方がいてお奨めもその通りだったり・・・。

あっさりと素材を活かした雲南料理はとっても美味しく日本人には食べやすいかも♪
ちょっと現地の食事に疲れたかな?という時にもいいかもしれません。

a0036499_1323749.jpga0036499_133168.jpg

綺麗な店内でテーブルクロスもかかっていてちょっと高級感あり。今回の滞在で食事に行ったレストランの中ではお会計は一番高かったのですが、
そうは言ってもビールを二本飲んでも二人で4,000円ほどだったかと思います。

a0036499_13143053.jpga0036499_13366100.jpg

涼拌結頭菜(トマトとカブのマリネ)はほんのり香草が効いていてそしてピリ辛であっさり!
奥は乾煸香菇(エリンギの炒め物)乾燥したエリンギをカリッと炒めてというよりは素揚げに近いかも?こちらも少々辛かったかな?初めての食感で美味しかった。
そして鶏油碗豆(グリーンピースのスープ)これも初めてでした。非常にあっさりした出汁にプチプチ感のあるグリーンピースがたっぷりと。
a0036499_13331934.jpg
日本のグリーンピースとは少々違う形状ですね。楕円に近い!!

a0036499_13363877.jpga0036499_1337316.jpg

乳扇(雲南産チーズ揚げ)美味しそうだと思いオーダーしてみました。正解!
キノコ炒め。どうしてもキノコが食べたい!ということでオーダー。ふくろう茸とエリンギだったかな?

そして名物の過橋麺。スープ、生肉、麺、野菜と別々に持ってきて目の前で仕上げてくれます。
a0036499_13511718.jpga0036499_13513327.jpg

麺は米線と卵麺と選べます。卵麺の方が人気があるようですが、米線も美味しかったです。

ポーションは二人で食べてちょうどいい感じでした。
そういえば、この時は肉類をオーダーしなかった・・・。

人和園雲南菜は老舗料理店で50年以上続いているようです。
人気店のようですが、閉店近くに訪れたので余裕で入れました。最後は店員さん達まかない飯を食べていましたし・・・。
とっても美味しく満足なディナーでした。

あらためてふりかえってみると台北グルメもなかなかよいですね~♪
[PR]

by warna-warni | 2013-04-21 14:04 | 旅 perjalanan | Comments(2)

Lunch@La lune 2013.4

昨年Open10年を迎えたla lune。

昨年10月に私の誕生日と一日違いの同じ年の友人夫妻と我が家でバースディディナーでうかがって以来の訪問。

その時に飲んだワインのエチケットをいただき忘れていて・・・。
わざわざ取っておいてくださり今回ようやくいただくことができました。

a0036499_2134448.jpga0036499_21341539.jpg

桜がウェルカム。友人は濃いピンクの桜でした。
いつもお花を飾ってあるテーブルに通されました。シルバーグリーンのユーカリと紫のフリージアがシック。

いつものAランチをいただきました。

a0036499_21412216.jpga0036499_21414746.jpg

アミューズはアスパラガスにごぼうのチップ。4種類あるオードブルからはホタテ貝と松木さんのネギのタルトレットを選択。
全粒粉を使ったようなさっくりとしたビスケットの上に甘いネギのピューレとホタテ。8種類のハーブもたっぷり。
檸檬のソースでさっぱりと。白いソース(忘れちゃいました)は濃くがあって2種類の味を楽しめます。
そして素揚げのネギの根っこ!根は初めていただきましたがパリパリっとしてしっかりした苦味があって。驚きの食感でした。

a0036499_21595581.jpga0036499_2201858.jpg

プラス料金のスープは今回はオーダーしなかったので、メインの間に桜海老の香ばしい香りと海老の味がしっかりとしたビスケットに
桜色の紅大根のポタージュがサービスで♪ ポタージュには細かくカットされたダイス状の大根が食感のアクセントになっていました。

a0036499_2241575.jpga0036499_2244320.jpg

メインは茜鶏のロースト 春のジュ 春野菜。
茜鶏は胸肉でしたが、ジューシーで美味しく、はまぐりのソースは春らしい。春野菜は玉葱をカップに見立ててそこにお野菜がたっぷりと。他に美味しいほくほくの筍、土の香りが強い牛蒡、里芋も添えられていました。

デザートは岩城島のレモンのソルベ。いちごとショコラブランのソース。
レモンのさわやかな酸味と甘みがしっかり。いちごは軽くローストしてあるものと生の苺と。

ランチのパンはフランスパンに定番のリエットが添えられています。罪深いリエット。ついついパンを食べすぎてしまいそう。

メインは3種類から、デザートは4種類からチョイス。
食後の飲み物はオーガニックコーヒー、エスプレッソ、4種類の紅茶、ハーブティと選択肢が豊富です。

シェフますます野菜へのこだわりを強めているよう。それがお料理にもあらわれているようです。

朝は抜きでうかがいましたが、お腹いっぱいになりすぎず八、九分目くらいでちょうどよい量でした。いつも美味しい野菜をたっぷりといただけるのもうれしい。

また夏あたりに行きたいな♪
[PR]

by warna-warni | 2013-04-15 00:29 | 飲み食い minuman&makanan | Comments(2)

台北2泊3日小旅行@2012.NOV 小籠包対決?京鼎樓&済南鮮湯包

台湾といえば小籠包ははずせませんね。前回の訪台北時はたしか鼎泰豐に行ったので違う店にしてみました。
まずは中山から少々歩く京鼎樓。なんと日本にも支店があったとは!知りませんでした・・・汗。

a0036499_23215446.jpg
こちらは“烏龍茶小籠包”という変り種があります。もちろん普通の小籠包もオーダー。

a0036499_11155368.jpga0036499_11161265.jpg

言われてみればお茶が入っているかな?という程度でほんのり苦味を感じるくらい。あつあつ肉汁に気をつけて。豆苗炒めもオーダー。

a0036499_1121579.jpga0036499_11221674.jpg

お店の入り口では小籠包をせっせと作成中です。隣りも同様に京鼎樓のようです。



二軒目
忠孝新生にある済南鮮湯包。今回お店にたどり着くのに一番苦労しました・・・。
というのも"歩く台北"の地図の記載を見て行ったのですがお店がない!!
よくよく見ると→記載で地図外だったようで・・・。
うろうろと周辺を歩き回りなんとかたどり着くことができました。
お昼時だったせいかウェイテイング。メニューを選びながら15分ほどで席に案内されました。

a0036499_11305934.jpg
済南鮮は店の名前のとおり"小籠湯包"。湯がついているのはスープが多めの小籠包。たしかに汁だくでふるふるした小籠包。

a0036499_11373466.jpga0036499_11375979.jpg
鶏の紹興酒漬け、桜海老とキャベツの蒸し物。キャベツの蒸し物はシンプルで美味しさ。まねしたい。

a0036499_1142977.jpga0036499_11422869.jpg
鮮鯛魚湯と汁なし台湾ラーメン。
鯛のスープが◎。
上品なスープに細切りのしょうががアクセント。
ラーメンは一口食べただけですがこちらもグー。



a0036499_1148243.jpg
こちらのオーダー表に記入して注文。他に日本語メニューも用意されているので安心です♪

a0036499_11493484.jpga0036499_11495642.jpg
こちらはカフェぽい綺麗なお店でした。

どちらも甲乙つけがたいのですが、個人的には済南鮮の方に軍配が上がるかな?
というのも小籠包以外のメニューも手軽なお値段ながらも美味しくて。

きっと他にも小籠包の名店はたくさんあるのでしょうね~w
[PR]

by warna-warni | 2013-04-14 12:10 | 旅 perjalanan | Comments(2)

台北2泊3日小旅行@2012.NOV 小吃編 福州元祖胡椒餅

a0036499_12384045.jpg
初日夜に行きましたが、店の人に“今日はお休み”(多分おしまいと言いたかったのかと)と言われ売切れでした。
朝なら大丈夫でしょ!ということで最終日朝にリベンジしました。

a0036499_125587.jpg
また龍山寺に来ました。駅裏は公園になっています。

a0036499_1257853.jpga0036499_1257225.jpg
細い路地を入った場所にありますが看板が掲げられているので目印になります。
おばちゃんせっせと焼いています。
並ばずに買えてラッキーです。



a0036499_1301934.jpga0036499_130449.jpg
これが胡椒餅。表面パリッ、中はもっちり、豚肉の餡はジューシー♪
リベンジした甲斐がありました。
但し肉汁があっつあつで火傷注意ですぞ。



人気があるのも納得!ところで胡椒餅、餡に胡椒が効いているのかな?
あまりわからなかったけど、こちらのはわりと大きめの肉とネギがたっぷりと入っている感じでした。

1P 45元。 

こちらのサイトに胡椒餅のことが詳しく紹介されていました。
胡椒餅食べ比べもいいかもしれませんね♪
[PR]

by warna-warni | 2013-04-07 00:15 | 旅 perjalanan | Comments(0)

台北2泊3日小旅行@2012.NOV 小吃編 阜杭豆漿

日曜日の朝は善導寺の華山市場内にある阜杭豆漿に行ってみました。

人気店だけあって想像以上の行列!

a0036499_11352744.jpga0036499_11375140.jpg

2Fはフードコート。他に営業している店もありましたけど、お持ち帰りの客もいることもありここだけは大盛況。
階段にはこんな看板も。一旦店の前に来たものの並んでいる列をたどって階段を下り、、、結局まだ外に出て並ぶことになりました。30分程は並んだかな?次回行く時は建物を正面に見て左に曲がったところにある階段を目指すことにしますw。

a0036499_11412311.jpg
並んでいる最中に作っている様子も見ることができて楽しいでね♪窯では餅を焼いています。これはやはりオーダーせねば!!

a0036499_1143585.jpg
日本語はNGそうだし、指差しメニューもなさそうだったので、並んでいる時にあらかじめ紙に書いてオーダー。

事前に調べていなかったので想像していたものと違うものが出てきましたが結果オーライ。
丸いのは蔥花鹹餅で、サクとしたパイ生地のような感じでねぎがたっぷり入っていました。
もうひとつは厚餅夾蛋。モチっとした生地に卵焼きが挟んであり美味し~い。
豆漿はもちろんひとりひとつずつオーダー。

全部で100元(当時のレートで280円)ほどと安いです。

a0036499_115732.jpga0036499_11573051.jpg

フードコートは綺麗ですが、購入後も席探しがちょっと大変で、、、ちょうど日本人家族の方がいらして相席でいただくことができました。
[PR]

by warna-warni | 2013-04-06 12:12 | 旅 perjalanan | Comments(0)

台北2泊3日小旅行@2012.NOV 小吃編 阿宗麺線

久しぶりの台北へ突如行くことになったのは10月に入ってからそれも中旬だったかと思います。
初めて中華航空を利用。ニ泊三日とはいえ行きは羽田7:20発。帰りは松山18:15発というほぼ三日間有意義に使える日程。
以前は桃園利用だったので、初松山利用。ここは類まれな利便性のよい空港ですね。
台北車站近くのホテルまでタクシーでほんの10分程度というアクセスのよさ。

ということで備忘録程度に残しておきたいと思います。

まずは台湾といえば小吃(シャオチー)でしょ!
台湾ならでは小吃を食べました♪

a0036499_22531856.jpga0036499_22534494.jpg

西門にある阿宗麺線。屋台というか店は小奇麗なのですがテーブルも椅子もない・・・でもお客さんでいっぱい!!
日本の立ち食いそばみたいな存在?



a0036499_2247537.jpg
これがその麺線。カツオの出汁が効いたとろみのあるスープにニンニクやパクチーを効かせて。具はモツ。

これは初めて食べた味だけど、クセになる美味しさ!
また台北に行く機会があったら間違いなくココはリピートすると思います。
今回の台北で一番気に入った小吃かもしれません♪


実はこちらに行く前には・・・龍山寺の華西街の夜市で・・・
a0036499_2333264.jpg
魯肉飯を。
あまり調べずに適当に入った店で。。。これはマズくはないんだけど・・・。

こちらは一本隣りの通りの青空屋台街の方が美味しそうな店が多そうでした。
[PR]

by warna-warni | 2013-04-03 23:14 | 旅 perjalanan | Comments(2)

transit@Singapore part2

a0036499_22111826.jpg

a0036499_22113289.jpg
かわいいマスコットがお出迎え♪シンガポールに行ったら寄りたかったPeranakan museumに行きました。
ここの存在を知ったのはJALの機内誌。その時はちょうど特別展示のバテッィク展が開催されていたようで行きたいな~と。
残念ながら今回はタイミングがあわず常設展示のみでしたが、民族が交じり合って生まれたプラナカン民族のこと文化などがわかって興味深い内容でした。

地図を見るとむむむ・・・近いじゃないということでこちらに寄ってみました♪
a0036499_22214566.jpg


a0036499_22232640.jpga0036499_22235457.jpg
ラッフルズのLongBar♪
私はオリジナルのシンガポールスリングを。もうひとつはライチーやマンゴーミックスのサマースリング。
実際に飲んでみるとサマースリングの方が好みでしたw。
ベタだけど一度来てみたかったのでまぁ~結果オーライです♪
落花生の殻は床に落としてOK・・・はココの常識?




このあとはマリーナベイサンズへ移動しました。
a0036499_2230684.jpg
夕暮れ時にあたりましたが残念ながら雲が多くて。右下にマーラインが小さく見えます。さすが観光地、かなりの人出でした。

a0036499_22321234.jpg
プールサイドは宿泊者しか入れませんのでこんな感じで見えるのみ。
Kudetaもラッフルズに寄った後だったので入らずに地上に降りました。


〆のディナーはリトルインディア近くにあるヒルマンにペーパーチキンを食べに。
a0036499_22595142.jpga0036499_22362646.jpg

店内は日本人祭りで少々驚きましたw
そしてオーダーしてからかなり時間がかかりフライトの時間もあるので、
少々あせりましたが、秘伝のタレにつけこんだチキンはビールとの相性バッチリで美味しかった!
注文は5ピース単位だったかな?個数は指定できたと思います。


ヒルマンからチャンギへはタクシーで向かいました。

たった半日だけでしたが、なかなか充実したシンガポール観光ができたのでは!と満足、満足。
またちらりと寄るにはいい場所だな~と思います。

でもナイトサファリには一度行ってみたいのでそうなると1泊は泊まらないといけませんね!
[PR]

by warna-warni | 2013-04-02 22:52 | 旅 perjalanan | Comments(0)

transit@Singapore part1

バリ→シンガへは朝一便での移動。
深夜の成田便までたっぷりと時間があったので半日ほどシンガポール市内を観光することにしました。
もしかすると25年ぶりくらいになるシンガポール?

まず向かったのは・・・
a0036499_2311551.jpg
マリーナベイサンズを眺めることができるマーライオンパーク。やっぱり奇抜な建物ですな~。
コロニアル建築のフラトンホテルも近くにありました。テラスでお茶やランチをしている人を眺めつついつか滞在してみたいな~などと!

a0036499_2312667.jpg
世界三大ガッカリのレッテルをはられているマーライオン。こんなに大きかったっけ??
再度見て私はそれほどガッカリしなかったけど。でもこれはマリーナベイサンズ効果もありかな?

このあとチャイナタウンへと向かいました。
a0036499_23122514.jpg
土産物屋さんが軒をつらねる通り。人も多かったです。

チャイナタウンに忽然と現れたのは
a0036499_2314862.jpg
派手なヒンズー寺院。牛の上にとまっているのは本物の鳩です。
スリ・マリアナン寺院というシンガで最大のヒンズー寺院だそう。さすが他民族国家のシンガポール。

それから向かった先はホーカーであるマックスウェル・フードセンター。

目的は・・・もちろん!

a0036499_23191747.jpg
海南鶏飯♪実は本場でいただくのは初めて。ここのは別別なスタイルでした。

a0036499_23232083.jpg
沢山ある店の中から購入したのはこちら。もうひとつ天天海南鶏飯という店も超有名らしく沢山の人が並んでいました。

鶏もご飯もスープもかなりの美味さ。レベルの高さ。しかもとっても安い!!
と今思ったのですが、食べ比べてみればよかったかもしれませんね。
ひとりは天天で、ひとりは東風發で購入してというのもありかも?

施設はわりと綺麗なのですが、小さな屋台がつらなる様はアジアの魅力です♪

a0036499_23333913.jpg


続く・・・。
[PR]

by warna-warni | 2013-04-01 23:39 | 旅 perjalanan | Comments(0)