アラブストリート transit@Singapore 2013.Apr  sanpo

2013GW BALI。
シンガポールでのトランジット。
この日は気がつくと残念ながら雨がかなり降っているでは!!!
傘ないし・・・。

ということで一瞬市内散策はどうしよ?と躊躇しましたが、
なんとかなるさ!と出かけることにしました。

1年前にMRTのプリぺードカードezlinkは購入してあったので、チャージしてGo!
カードを利用すると運賃も若干割引になるようです。
チャンギはeastwest lineの支線になっているので必ず一度は乗り換えなければなりません。
英語・マレー語・中国語由来からなる駅名からもシンガポールの民族性がわかります。
料金も空港から市内の主な観光スポットに行くにもS$2(約160円)もかからないので安い。

そういえばナゼか行き帰りとツーリストにこのラインでいいのか?聞かれました・・・。
荷物を持っていなかったからね・・・。

まずはBugisにあるアラブストリートに!
小ぶりにはなったものの雨はやまなかったので持っていたストールを頭に巻いて(イスラム風にw)しのぎました。

a0036499_8241121.jpg

a0036499_8242922.jpg

a0036499_8245811.jpg
ちょうど日曜日だったこともありクローズしている店が多かった模様。雨も降っていたので散策はできず・・・。
a0036499_8251541.jpg
サルタンモスク。シンガポール最大だそう。
a0036499_8254858.jpg
殿方用トイレ&沐浴場


a0036499_826422.jpg


a0036499_8262189.jpg
信仰の場は背筋がぴんと伸びる感じがします。華美すぎず、でも綺麗ですね。萌えますw


ラッフルズも近かったので裏のチキンライスにしよーか迷っていたのですが・・・。
やはり雨だったこともあり、モスクすぐ前にあるMurtabakで有名な"ZAMZAM"で。
チキンライスのハシゴは無理・・・でした。カヤトーストもね。

a0036499_8531779.jpg

a0036499_8534584.jpg


a0036499_854252.jpg
メニューは会計場所に。
ブリヤニ・チキンもフィッシュヘッドカレーも食べてみたかったけど、ひとりのつらいところ・・・。
マトンのムルタバS(S$6ドル)をオーダーしました。

a0036499_8584678.jpg


a0036499_859899.jpg
10分程待つと登場~♪
もちっとした生地にマトンのミンチが挟まっています。
これだけでも美味しいけど、カレーをつけて食べるとまた美味しい!
焼いているので油ギッシュじゃないからけっこういけましたけど、完食はごめんなさい・・・。

a0036499_8592696.jpg
強いカメラ目線くれましたw
鮮やかなてつきでムルタバの生地をこねて薄くうすーく延ばしてどんどん作っています。
take awayする地元の人もいて、なかなか人気のあるお店のようでした。
[PR]

by warna-warni | 2013-06-30 09:16 | 旅 perjalanan | Comments(2)

台北2泊3日小旅行@2012.NOV 君品酒店 PALAIS DE CHINE パブリック他

君品酒店の続きです。
a0036499_10581511.jpg


a0036499_1115537.jpg
暮れなずむ時間

a0036499_1121268.jpg


a0036499_1122777.jpg
二日目の夕暮れ時

a0036499_114114.jpg
おはようございますw

a0036499_11111664.jpg


a0036499_11115559.jpga0036499_11135012.jpg

1階のレセプション&ベルサービス。フロントは6階になります。暗すぎていい写真がなかったので割愛w
a0036499_11123610.jpg
撮影スポットw


a0036499_11124881.jpg


結局barで1杯もできなかったのでホテルレストランは使っていませんが、
ロビー階にあるレストランも印象は"夜"でしたので朝や昼はあえてココでいただかなくてもいいなと
思いました。
[PR]

by warna-warni | 2013-06-23 11:45 | 旅 perjalanan | Comments(2)

台北2泊3日小旅行@2012.NOV 君品酒店 PALAIS DE CHINE 部屋編

台北で滞在したホテル編です。

他に何軒か滞在したいホテルもあったのですが・・・
迷いに迷って台北駅に程近い君品酒店にしました。
a0036499_1451661.jpg


選んだ理由・・・
2泊3日という短期滞在だったこともあり、MRT駅から近いこと(とはいえ台北駅構内は広いこともあり5分強は必ず歩きます。東西に走っているMRT利用の場合はホームへ行くには10分はかかるかも。)、
台北駅なら東西、南北に走る両線の利用ができることが決め手となりました。

あとは古城というか中世の世界感、クラッシックでいて、昼でも夜っぽいロビーwと
ちょっと変わったデザインが気になったから?という好奇心もあってw

デラックスルーム(37㎡)を予約。
6Fにあるロビーやレストランの夜な雰囲気とはうってかわって、お部屋は白木をベースにしているので予想以上に明るくインテリアが全く異なりました。
a0036499_14513720.jpg
入り口より。いたってよくあるパターンのお部屋。
a0036499_1452575.jpg
窓側に配置されているテーブル&いすの脇には鏡が設置されています。

a0036499_1454011.jpga0036499_1535026.jpg

ベットサイドにはデスクがありその逆サイドには洗面台。
洗面台の下にはアメニティの入った引き出しとタオルハンガーもありますので、
狭いですが使い勝手は悪くはなかったです。My化粧品類はそのままつながっているデスク側に置くことができますから。

a0036499_14542360.jpga0036499_1541326.jpg

ミニバーコーナーは広々としていました。そしてその隣りにあるクローゼットも引き出し付。

a0036499_15101738.jpg
そして入り口すぐ脇にはなんと!バスタブが・・・。
その隣りにはシャワールーム、トイレと続き、お風呂に入る際にはカーテンをひいて入ることになります。
a0036499_15244811.jpg
シャワールームは可動式シャワーがあり、このような造りから蛇口はバスタブ&シャワー兼用か?とも思いましたが、シャワーは別だった模様。
a0036499_1525343.jpg
不思議なことにトイレの窓も開けられるようになっていました。

ベットルームとバスルームの仕切りがなく配置されているというかなりユニークな造りなので、
実際よりも間違いなく広く感じる効果はあるかもしれません。

カップルや一人滞在でしたら気にならないかもしれませんが、
友人同士の滞在だとちょっと居心地悪くむいていないかも?とは思います。

a0036499_15295140.jpg
窓側から見渡すとこんな図になっています。

ただ全体的に家具や壁等の材質はけっして安っぽいものを使っているわけではなく、それなりに高級感あるものでした。
そしてpreferred hotel&resortsに加盟しています。
[PR]

by warna-warni | 2013-06-09 15:56 | 旅 perjalanan | Comments(2)

I wish him all the luck!

数日前にFBで知ったのですが、
長年DamaiのBar担当だったSigitさんがこの度Damaiを去ることになったよう。

以前こちらでも登場していますが、1996年オープン当初からのスタッフのようでした。
a0036499_10133458.jpg
撮影:2002年12月


初damai滞在からもなんとすでに13年経過していますが、
その当時からのスタッフがここ数年の間に続々とDamaiを去り、独立して・・・。
本来は喜ぶべきことなんでしょうけど、やはりさみしいなと。

Sigitさんは雄弁ではなく寡黙なタイプ。
若い頃からクールな感じを漂わせ、でも彼がいると現場もキリリとしまるというか。
バリではめずらしい人だなと思っていたので秘かなファン♪でした。
次回Damai滞在時には彼のカクテルをいただけないと思うと残念でなりません。

だけど新しい世界でぜひぜひ頑張ってもらいたいと影ながら思っています。a0036499_1014336.jpg
a0036499_1016450.jpg
撮影:2008年5月

[PR]

by warna-warni | 2013-06-09 10:21 | 日々sehari-hari | Comments(0)

台北2泊3日小旅行@2012.NOV 華山1914散策

忠孝新生にある華山1914CreativeParkをふらっと散策する目的で行ってみました。

日本統治時代の清酒工場の跡地をアートや文化発信の場として再利用。
イベントが開催されていたり、shopやレストランやカフェなどが趣あるレトロな空間にひっそりとありました。

a0036499_1759354.jpg
木の幹が建物の一部のように一体化していたレストラン。

a0036499_1742615.jpga0036499_1762188.jpg
別にびっしりと蔦の絡まる建物があったりとコンクリートだけの無機質になりがちな空間に
木や植物がオアシス的な存在になっています。
イタリアンレストランでのオープンテーブルでは犬も食事を楽しんでいるのかな??

せっかくだからコチラの何処かで食事をしておけばよかったとプチ後悔・・・。
あとで時間がなくてフードコートでの食事になってしまったので。

a0036499_17151552.jpga0036499_17153412.jpg
塗装のはがれた壁には故宮博物館の絵画のレプリカ(というよりもポスター?)が飾ってあり彩りに。

2階では結婚式のパーティが行われていました。

a0036499_1720323.jpg


そしてうろうろしていたら"easy yoga"のショップを偶然に発見。
a0036499_17203657.jpg
旗艦店らしく中には身体によさそうなカフェや小さなスタジオも併設されていました。
ヨガウェアが豊富な品揃えかつ日本での販売価格の半額近い値段だったこともあり予定外な買い物。
タンクトップにパンツ、長袖のカットソーを購入して15,000円ちょっと。隠れた穴場ですねw
若い店員さんも片言の日本語と英語で対応してくれて好感度大でした。

a0036499_17283491.jpga0036499_17284896.jpg

煙突と炉・・・?きっとわざとそのままにしてあるのでしょうね。

のんびり&ゆったりとした時間を楽しむにもいい場所。

そして流行の文化の発信地の役割を担っていそうなので、洒落た台北っ子がデートする場所なのかな?
[PR]

by warna-warni | 2013-06-02 17:43 | 旅 perjalanan | Comments(0)