タグ:温泉宿&リゾート ( 26 ) タグの人気記事

Hyatt Regency Kyoto

a0036499_1402275.jpg
a0036499_1403417.jpg
a0036499_1404792.jpg
a0036499_141138.jpg
a0036499_1411350.jpg

京都に行ったらまた滞在したいな。伝統を取り入れつつ現代的なインテリアのデザイン 好きです。
[PR]

by warna-warni | 2011-01-29 10:06 | 古都pelan-pelan | Comments(0)

赤いエアメール

青いエアメール♪はユーミンの歌ですが、赤いエアメールがポストに。
中を開けてみると。。。どうやらkyotoよりも先に現在パラリンピックが行われている地に
もうすぐオープンらしいですね。

a0036499_053543.jpg


初めて滞在した時は一度滞在すればといううわさのDM類が待てど暮らせど全く届きませんでしたが、
ナゼか2回目の滞在からはニュースレター含めてきっちりと届くようになったのもナゾ?

期待してたのに届かなくてちぇっ!と思ってたのに(相性悪かったのかな?)
期待しなければ届くという。。。世の中そういうもんですね。

主はこちらです!
[PR]

by warna-warni | 2008-09-12 01:00 | 旅 perjalanan | Comments(0)

1986年生まれ

a0036499_12284552.jpg
ここがオープンしてすでに20数年も経過しているのが信じられない。
当時バブル初期。都内や苗場にある某大型チェーンホテルが持て囃されているような時代。
たった6室からはじまった(雑誌に掲載されてましたが、アマンがオープンする1年以上も前にオープンしているらしい)という日本におけるスモールラグジュアリーリゾートのさきがけ。
今見ても全く古さを感じさせることなく、かえってとっても新鮮に感じるくらい。


a0036499_12281226.jpg
こちらは約10年後の1997年に増設されたロビー兼アンティーク風な丁寧に磨きこまれた木艶とアイアンの装飾が印象的なライブラリー。


a0036499_12463823.jpg
同時に作られたコテージタイプのお部屋はひとつずつ部屋の大きさやインテリアなどが違うというこだわり。

今、あらためてここのスゴさを感じます。やっぱり好きだな。
*昨年の画像です!
[PR]

by warna-warni | 2008-03-23 12:51 | 旅 perjalanan | Comments(0)

那須で蕎麦を食す~山里料理とそば ほし~

おかゆ・うどんなど消化にいいものを食べていた先週。
1週間がたち、すっかり揚げ物も食べる気になり、通常の食事(&アルコール)生活に戻りました。美味しく食事をいただけるのはやはり幸せなことですわ~!

おそばの美味しい店らしいということで、12月、別邸回へ滞在した際によったお店、“山里料理とそば ほし”。
営業時間は11:30~15:00。

お店の方が自ら、山菜やきのこを山に採りに行かれているそう。
そして、いただいたものすべて“やさしい味”。
もちろん添加物や化学調味料など一切使われていません。

秋の“きのこ鍋”の文字に激しく惹かれつつ・・・。天然もののきのこ鍋、ぜひ食べてみたいものです。

a0036499_22275721.jpg
薪がたくさん積み重ねられ、縁側には干し柿がつるされていて、懐かしいような。
冬枯れなのでさみしいですが、季節がよければ緑に囲まれた場所のようです。
那須の御用邸へ行く道の途中。まわりは別荘地でとっても静かな環境。
実はお店を探すのにもちょっと苦労しました。



a0036499_2231125.jpg
お昼のメニューは三種類。手頃な山里をいただきました。
他にも若干単品メニューありです。



a0036499_22394613.jpg

お蕎麦は十割。もちろん手打ち。こちらの特徴は、二種類のそばをいただけること。

くろがね・・・殻をむいたそばの実をそのまま挽いて打った細めのそば。
しろがね・・・そばの実の芯の部分の粉で打った独特の触感のそば。

見てどちらかおわかりだと思いますが、白銀が更科で、くろがねがいなかそば?って感じかと
思いきや、全然違いました。

白銀は、初めて食べた触感。これってそばのコシなの?って思うくらい。コシが強い強い!
私はたまたま信州や山形などのそば処でそばを食べた経験が少しはある方だと思いますが、こちらのしろがねは初めての触感でした。

そしてくろがねももちろん美味しい。

他のそばの実いりの雑穀ごはんといい、お豆の煮たもの、ぬか漬けといい、すべてが手作りでやさしく上品。

パンチが効いた味でもなし、見た目派手でもないけど、じんわ~りと、だけどそれぞれの素材がしっかりと印象に残る素食ながらも美食でした。

a0036499_22573245.jpg
食後のお菓子ももちろん手作り。絶妙な甘さ(私は甘ったるい菓子はNG。)で
美味しくいただきました。

こちらはまたぜひぜひ訪れたい御蕎麦屋さんです。



[PR]

by warna-warni | 2008-03-17 23:01 | 飲み食い minuman&makanan | Comments(6)

まだ一度も訪れていない何処に

a0036499_23222770.jpg

*HPより拝借ごめんあそばせ・・・。

ようやく2月にオープンした模様です。こちら
今日届いたnews letterで知りました。

実は2月に行きたいな~と思いつつ、昨年末にHPをチェックしていたので、
2月オープンは知ってはいたのですが、無事オープンしたのねと。

向こうは海かな?これはまさかプールじゃないですよね・・・。

しかも!The Farm@Philippinも傘下に入ったらしい・・・?
こちらも密かに興味あるリゾートだったからびっくり!イメージ全く違いません?
[PR]

by warna-warni | 2008-03-05 23:34 | 旅 perjalanan | Comments(10)

玉峰館~夕食

お部屋でいただく夕食。時間は18時と19時スタートのどちらか選びます。
一品か二品ずつお部屋に運ばれます。間もちょうどいい感じだったでしょうか?但しこれは混み方にもよるかと。

a0036499_9584076.jpg
“さざえのつぼ焼”

実は肝がちと苦手なさざえ。ねぎや野菜がいっしょに焼かれていて、味もごま油かな?少し中華風。
出汁まで綺麗に飲み干してしまいました(笑)

a0036499_10289.jpg
“筍入りコロッケ”

サラダ仕立てで、蛸やイカ揚げなども入っていてどこにコロッケが?って感じですが、春の味、美味しかった~!

a0036499_107281.jpg
“里芋の卵白蒸し”
一番下には金目鯛。そして白髪ねぎ?と思いきやゴボウが。

a0036499_10105751.jpg
地魚の盛合せ
カワハギ(肝つき)スズキ、ヒラメとホタルイカ。
すだちがそえてありました。もちろん新鮮で美味!日本酒をいただきながら。

a0036499_10254924.jpg
“かにしんじょう”


a0036499_10263230.jpg
“うなぎと古代米”
カポナータ風な野菜がつけあわせてありました。

a0036499_10324848.jpg
“牛と大根と小松菜の炊き合わせ”
粒マスタードで。

最後は赤だしの汁とこしひかりの白米、お漬物。なんでもないこしひかりのご飯が美味しい!

a0036499_10355818.jpg
デザートは“苺とココナッツ”苺っていうよりマンゴ?って感じでしたが。取り合わせがいいですね~。

飲み物ですが、冷蔵庫のアルコールは、プレミアムモルツの中瓶と1合か300mlの日本酒が3種類。
ノンアルコールは、ウーロン茶、グアバジュース、トロピカーナ、コーラ。
特筆すべきはガス入りのサンペリグリーノがあること。気がきいてます~!

ワインは、値段がちょっと高めだったこともあり今回はいただかず。
どんな品揃えかリストがあれば見ればよかったかな~?。
フルボトルで、別邸回でいただいたクリコさまとほぼ同じ値段帯から~だったこともあり・・・。

焼酎は熊本の米、芋、麦と一通りそろっていました。

今回一番安いプランだったので鮑などの高級素材使用はなかったのですが、
最後まで飽きることなく、残すこともなく、すべて綺麗にいただくことができました。

基本は和なのですが、和洋折衷の創作料理とうたっているように味に変化があるのがうれしい。
もちろん和食の懐石もいいのですが、玉峰館は、取り合わせの妙というか、一皿ごとに驚きがあるというか・・・。これは以前と変わらず。
“楽しい料理”。絶対に自分では作らないであろう料理をいただける楽しみがありました。
前回と比べると値段が安くなった分、インパクトがなくなった気もしますが、私的には満足できるお料理でした。
黒田泰蔵氏の器は一部使用でしたが、やはりいいですね~!
[PR]

by warna-warni | 2008-03-01 10:15 | 旅 perjalanan | Comments(6)

玉峰館~お部屋

玉峰館は、部屋数は全部で14室というこじんまりとした旅館。
1Fに4室、2Fに10室あり、今回は庭に面した2Fの“あやめ”という部屋でした。
2Fの庭に面したお部屋4室は改装済みで、同じインテリアになるそうです。
以前滞在した“たちばな”の景観より庭に面しているので、いいのですが、
部屋の広さは以前のお部屋より若干狭いかな?と感じました。

a0036499_161573.jpg

レトロモダンといった雰囲気です。改装後の4室は部屋の入り口からがらっと違います。
(元からあるお部屋はいかにもありそうな昔ながらのくもりガラス戸です。)

a0036499_1683160.jpg

渋いこげ茶のフローリングと畳の部屋という組み合わせ。
個人的には琉球畳ならなおベター。引き戸左にトイレがあります。

a0036499_16135692.jpg

逆方向から。壁の赤がアクセントとなっています。ちょいとチャイナ?
絵なども飾られていなかったので、何もないと寂しい感じがするかも。
お茶のお盆や菓子トレイなども重厚なチーク材。
急須や湯のみ茶碗も作家ものかなと?(白磁の黒田泰蔵氏のものではなさそう?)

a0036499_16231254.jpg

やはり重厚な造りのアジアンキャビネットがおかれています。
ブロンズぽいカエルがお香をくわえているオブジェも。

a0036499_1628735.jpg

窓は電動式のブラインドを上げ下ろし。
水は深層水がポットに入っていて、なくなれば補充していただけます。
ガラスのグラスはもちろん鳥毛作品!
庭に面しているので緑が目に入ってきて、やはり気持ちいいですよね~。
夕方しきりに鳴いていたリスが木の枝を巧みに歩いている様子を翌朝みかけましたわ。

a0036499_16332151.jpg

アメニティはいたってシンプル。歯ブラシセット、石鹸、ブラシにかみそりといった最低限のもの。
シンクは陶器製の丸いものでした。
いすがおいてあったので、お化粧するにはよかったかな。

a0036499_16364698.jpg

浴衣に丹前(ナゼか二組あった)にバスタオルも1枚ずつ。
温泉タオルが1枚だけ。フェイスタオルはほしいですね。

お部屋はだいだい12畳ほどの広さでしょうか?
これだけのスペースですので、クローゼットもありませんし最低限のものがあるだけです。

前回滞在した別邸回は、タオルが何枚も豊富に用意されていたり、
浴衣・パジャマを二枚用意してあるなどと比べるとやはり見劣りは否めません。

部屋食ですので食事が終わってしばらくするとお布団を敷きに旅館の人が出入りします。

でも、これは昔からある伝統的な旅館の姿。
現代風にどんどん進化してホテルのようになってきた旅館も快適だし、
昔ながらのこれぞ旅館!ってのもかえって新鮮な感じがしたり。

部屋のみで考慮するとけっして満足と太鼓判押すことはできないけど、
コスパフォはよいと感じました。2万円でしたら~!

お次は食事!
[PR]

by warna-warni | 2008-02-24 16:58 | 旅 perjalanan | Comments(4)

玉峰館~再び

玉峰館といえば、今ではけっして珍しくないアジアンリゾートな宿のさきがけ的存在かと。

どうやら数年前に以前のオーナーから新しいオーナーへと変わっていたそうです。
どおりで値段設定が変わったはずだ・・・。

最近のちょっとオサレで部屋露天風呂付とくれば、ひとり3万~5万なんてザラ。
そんなご時勢だけど、予算ひとり2万円ほどで泊まれるいい宿ってないものかな~?と思っていた矢先、そういえば、玉峰館が値段設定を変えていたなということも思い出し、
前回から約6年ぶりの滞在となりました。

結果、たしかに出来立てのホヤホヤの昨今のお宿とは違い、
やっぱり古さはいなめないけど、
ここにはなんといっても“こんこんと湧いている温泉櫓の湯”がある。

それから、日本家屋にバリのアンティークインテリアがしっかりととけこんでいるのは
以前のまま。
前オーナーのセンスはそのまま健在の変わらない玉峰館で
個人的にちょっとうれしかったです。

a0036499_20505970.jpg

道から少し入ると“ここはどこ?”ってな緑濃い世界が・・・。
大きな椰子の木が象徴的。野生のリスも遊びにくるそうです。
鳥の声?だと思って聞いたら、リスの鳴き声だと教えていただきました。

a0036499_2053322.jpg

大正15年創業。

a0036499_20571622.jpg

敷地内にある源泉櫓は健在!もちろんここは源泉翔け流しです。しかも惜しみなく・・・。24時間。(量が多すぎ・・・ネコ舌ならぬネコ肌の私にはちと熱すぎ・・・。)

a0036499_2174458.jpg

ロビーも変わらず。

a0036499_21142271.jpg

ロビー脇のビジネス倶楽部。有線LANの設備がたしかあるとのこと。
但し館内無線LAN利用OKでしたので、部屋でPC利用可能でした。
本や雑誌もおいてあるので、部屋でのんびりと読むこともできます。
それから、便箋や封筒も用意されてました。

a0036499_21181176.jpg

蔵を改装したというBar。ここのBarの雰囲気めっちゃ好きなんですよね~。
オープンは朝9-11時(お茶タイム?)夜は21-23時だそうです。
食後に利用って感じですね。前回も今回もBarを利用しましたが、メニューはないものの
値段も高くないです。

今回一休comから予約したのですが、前回宿泊した部屋を伝えて、
できれば違う部屋でとリクエストをいれておいたおかげで、
改装後の新しいお部屋に通していただくことができました!
続きは次回に!
[PR]

by warna-warni | 2008-02-17 21:24 | 旅 perjalanan | Comments(8)

早春・河津桜

今日は雪が降るよ、降るよと報道されてました(そのせいで早く帰宅しましたが)けど、まだ雨のようです。でも寒いので雪になりそうですかね~?

日本で一番早く桜が咲くのは沖縄の“緋寒桜”。
この時期に一度は沖縄に行ってみたいと思ってるけど、なかなか実現せず。

今朝TVでもたまたま放映されてましたが、濃いピンクの桜で、桃の花のようでもあり、
なるほど南の桜はこうも艶やかなのかと。

本州にも早咲きの桜で有名なのが、伊豆の“河津桜”。
2月上旬から3月上旬までと約1ヶ月にわたり咲いているのだとか。
この桜は、 緋寒桜と大島桜の自然交配種と考えられているそうです。

ということで、まだ早いのは重々承知の上“河津桜”を見に
(というのは実は後からついた理由で、すでに過ぎた相方の誕生日祝いを兼て
温泉に行くのが目的)南伊豆(でいいのかな?)へ行ってきました。

a0036499_185429.jpg

メインの河津川沿いの桜並木はまだ一分咲きともいえないような状況。
今年の冬が寒い影響もあるようで・・・。
ここの桜並木が満開になったらさぞ綺麗でしょうね~!
夜桜ライトアップもされるようです。

a0036499_1884328.jpg

こちら河津桜の原木。個人宅の桜ですが、さすが原木?この木は三分咲きくらいでしょうか?
かなり花が開いており、綺麗でした。
この木が見れたので行った甲斐もあったかな~?
見頃は2月20日以降だとハズシがないようです@旅館の人談

菜の花や水仙も咲いており、すっかり春ですよ~。
a0036499_18142596.jpg


中伊豆ルートで天城越えをして河津へ降りたのですが、なんと天城は雪がたくさん残っており・・・、
“天城トンネルをぬけるとそこは春だった”ってなくらい不思議と季節が異なるようです。
トンネルぬけると雪がまったくなかったのですわ・・・。
そして河津七滝ループ橋を下れば、河津の町ですからね・・・。

おそるべし天城山(笑)
a0036499_18184939.jpg

[PR]

by warna-warni | 2008-02-09 18:22 | 旅 perjalanan | Comments(2)

続 山水閣~別邸回

リビングから右手の扉をあけると寝室です。
a0036499_22143387.jpg

a0036499_22173765.jpg

姿見があるのが二重丸。
もちろんクローゼットもあり、引き出しのひとつは鍵がかかるようになっているので
貴重品を入れることもできます。
それから、館内用の浴衣と綿のワッフル地のシックな寝巻きが別に用意されているのも秀逸。
寝相が悪い私は寝巻きはできればパジャマスタイルがベストだけど、
ストンとしたワンピーススタイルでも丈が足首まである長いものだったので
気がついたらお腹丸出しに・・・ってことにはなりませんでした。

左の扉をあけるとバスルーム&部屋風呂へ
[PR]

by warna-warni | 2007-12-25 22:55 | 旅 perjalanan | Comments(2)