蓮池 上野不忍池

a0036499_1743939.jpg


More
[PR]

by warna-warni | 2015-08-02 18:01 | 花 bunga-bunga | Comments(0)

花曇りの日曜日 2015.03.29

a0036499_17103085.jpg


More
[PR]

by warna-warni | 2015-04-05 16:03 | 花 bunga-bunga | Comments(0)

bunga-bunga Mar.2012

a0036499_16461981.jpg

バリのアルミの入れ物+春の花

[PR]

by warna-warni | 2015-03-29 16:48 | 花 bunga-bunga | Comments(2)

ラナンキュラス

a0036499_15294838.jpg

シャルロットというラナンキュラスにイブピアジェというバラ。咲くととっても華やかで気品あふれる大輪のバラ。

a0036499_1530539.jpg
こちらはモロッコという名のこれまたラナンキュラス。乾燥したような花ビラが特徴的。そんなところからモロッコという名前がついたのでしょうか?
[PR]

by warna-warni | 2012-01-08 15:37 | 花 bunga-bunga | Comments(2)

クリーム色のtuberose

a0036499_113359.jpg
日本で栽培されているチューベローズはBaliで見るものとは違います。やさしいクリーム色。高知県で栽培されたものだそう。やさしい香りを漂わせています。
[PR]

by warna-warni | 2011-09-18 11:07 | 花 bunga-bunga | Comments(2)

百合・・・野放図に。

a0036499_20551285.jpg


百合といえばカサブランカをはじめとしてエレガントな印象の強い花。

今回は真逆なお題。活けたのは山ゆり。葉も緑が濃く、大きく、虫食いもあるようなワイルドさ。

通常はエレガントに(私はエレガントじゃありませんけどねー。)花を活けるがテーマだけど、
今回はワイルドに!

いつものクセでまとまっちゃうんですよね。ワイルドは難しかった・・・。

選んだ花器はイギリスのアンティークの籠。持ち手が緑なのもかわいらしい。

山ゆりの濃厚な香りに包まれつつ。
[PR]

by warna-warni | 2011-07-16 21:05 | 花 bunga-bunga | Comments(0)

hongkong×bali×chiangmai

a0036499_0202285.jpg
アンティーク(多分?)の翡翠をBaliでシルバーペンダントに加工。

そしてチェンマイで購入していたチェーンをつけて私だけのオリジナルの完成!
[PR]

by warna-warni | 2010-10-31 00:23 | 好きなもの saya suka | Comments(4)

bunga-bunga

a0036499_0294292.jpg
a0036499_0295677.jpg

三ヶ月休んでしまって久しぶりにアレンジメントの教室に。
スモーキートーンのあいまいな色の花達が課題だったから、教室ではパープルの花瓶をふたつ利用してメリハリあるモダンな雰囲気で活けてみた。
家ではPesamuanの花瓶に。これはもう何年も前にワンワールドではなく、サヌールの工房に行って手に入れたもの。

下は友人達からのプレゼント。酔っ払い状態でそれこそ2、3分でちゃっちゃっと活けてそのまま撮影したので
しっかりぶれてました(笑)
はっきりした赤トーンの花にあえて鳥毛さんのガラスの花瓶をあわせました。
速攻にしてはなかなか満足してます。この花瓶はとても活けやすいです。自画自賛をお許しを!

少しずつ枯れていったら残った花達は一緒にして大切に最後まで見送ってあげたいと思います。
だから生の花が好き。
[PR]

by warna-warni | 2010-10-21 00:45 | 花 bunga-bunga | Comments(2)

プチ旅@栃木

我が家から道がすいていれば車で1時間程で行ける場所、アウトレットのある佐野&足利へ出かけてきました。
佐野といえば佐野ラーメン!今回は道の駅どまんなか田沼前に移転したばかりの匠屋へたしか二度目の訪問。

こちらのラーメンは鶏ガラ、豚骨、魚介等をベースに佐野ラーメン特有の透明なすっきりとした醤油スープ。
麺はこだわりを持つご主人が丁寧に打った青竹打ちのモチモチ麺~だそうです。
a0036499_15532988.jpg

オーダーしたのはしょうがラーメン。非常にあっさりしたスープ(おそらく今まで食べた佐野ラーメンの中で一番あっさりしているかも?)でうんまい!佐野ラーメン独特のちょっと太め、不揃いな麺。
塩分かなり控え目で上品なスープ。佐野でしょうがトッピングって初めてだったけどアクセントになってなかなか!
餃子も皮がモチモチしていてボリュームがあって、作っている様子を見ることができます。

そしてこちらも久しぶりの訪問ココ・ファーム・ワイナリー
a0036499_15595682.jpg
a0036499_160532.jpg
このぶどう畑の斜度はおそらく40度近くあるんじゃないでしょうか?上に登るとなかなかよい眺めだったと記憶。
今回はもちろん!登りませんでしたけど。収穫を待つぶどうが大切に保護されているようでした。

ココファームのワインは沖縄サミットで一躍有名になり、洞爺湖のザ・ウィンザーホテル洞爺での夕食会でも提供されたようです。
それが"風のルージュ2006"。ということで今回2008年のものを購入。すべて日本で生産されたぶどうで醸造されています。
そのぶどうは北海道余市で生産されているツヴァイゲルトレーベにカベルネソーヴィニヨン&メルロ(山形 上山産。ココで生産しているぶどうは残念ながら・・・。)のブレンドワイン。
ツヴァイゲルトレーベははじめて知った品種なのでワインを空けるのがちょっと楽しみ♪

そしてお店にサミットでの夕食会メニューがおいてあったのですが、アルコールは日本酒&ワイン(もちろんすべて日本産)・芋焼酎など幅広いラインナップでお料理にあわせて提供されていたようですわ。

ココファームワイナリーにむかう途中、黄金色に垂れ下がった稲穂のまわりに赤い花!
a0036499_1615496.jpg
a0036499_16151326.jpg
曼珠沙華が満開!彼岸花がこの時期に満開!ってことはやはり猛暑の影響で秋が遅いのですね・・・。

*旦那は百恵ちゃんの"曼珠沙華"を鼻歌で・・・。
[PR]

by warna-warni | 2010-10-10 16:27 | 旅 perjalanan | Comments(2)

Lucie RieとBistro En Ballong 

国立新美術館に初めて行ってきました。
目的はルーシー・リー展。以前雑誌で見て気になっていた作家だったし、駅で広告を見ていて行こうかなと
思っていたら、気がつけばもう終了日。(この後全国をまわるようですけど。)
最終日本当にギリギリ駆け込みで行ってきました。
a0036499_22375746.jpg
斬新なデザインの美術館。本当にカッコイイ!!ナゼ今まで行かなかったのだろう?
今の季節は緑も綺麗だから時間があればカフェでゆっくりしたかったな。

a0036499_2241988.jpg
器はこのブルーといいイエローといいなんとピンク!!といい独特の色使いの器も多くて使いたい!ほしい!と思う器でいっぱい。
モダンでいて、遠い昔の時代を思わせるようなプリミティブなデザインの器もあり・・・。(実際は買えませんけどね・・・。果たしていくらするのでしょう?せいぜいレプリカがあれば・・・でしょうね。)
花瓶は実際にどんな花を活けようか?花はシンプルにインパクトあるもの1本とかいいかな?と想像しながら観ました。
閉館30分前ギリギリの入館だったのでゆっくりできなかったことがとにかく悔やまれました。
もちろん見ごたえのある分厚いカタログは購入。

その後、友人と食事の予定だったので急遽場所も変更してもらって西麻布の友人チョイスのビストロで食事。
a0036499_23141640.jpg
まずはシャンパーニュで乾杯!

料理を細かく説明してくれるオーナー。(シェフではない)説明を聞いたらどれも食べたくなってしまって・・・。
その前に決めていたメニューを変更。
a0036499_23144686.jpg
前菜は盛り合わせに変更。但し苦手なものがあったのにのぞいてもらえるようリクエスト付で。盛り合わせにして大正解!

a0036499_23171087.jpg
この日は暑い日だったので、シャルドネで。このシャルドネはお値段もそこそこよい(私にしては)ものだったので、ふわっと鼻にきた香りからふくよかでいて美味しかった。友人曰く店で購入するとしてもココでいただいた値段相当以上でも納得できるとのことらしい・・・。この後のメインにも負けずに最後までいけました。

a0036499_23205976.jpg
クスクスのサラダ。一見見ると普通のサラダ?と思いきや中からは何種類もの三浦からの朝取り野菜が入っていて。

a0036499_23223474.jpg
フォアグラと茸をぎゅっと詰めてジビエ(何か忘れてしまった・・・駄目だね。)で包んだもの。ソースはバターベースだと思うけどしつこくなくセップ茸?も効いて気に入ったメイン。お奨めの最後の一皿だったようではじめにキープしてよかったかな。

この日はワイン1本で終了だったので、デザート&コーヒーも。私はレンズ豆とシナモンとアーモンドのアイスをチョイス。シャーベットもアイスもひとひねりあるメニューが多くて惹かれたもの多し。

オーナーの出身がかなり異色だけど、昔からワインやフレンチを食べ歩いていて自分が好きなものを集めた店なのでしょうね。
フランスに本当にありそうなビストロな店構えでした。お値段は場所柄それなり・・・になってしまいますけど。
ココはまた時期を変えてリピートしたいと思います。

ちょっと駅からは歩くけど・・・。

撮影:iphoneなのであしからず・・・。
[PR]

by warna-warni | 2010-06-28 23:35 | 飲み食い minuman&makanan | Comments(2)