食い倒れ第二弾!粥&飲茶のハシゴ

翌日は、地下鉄で中環へ移動してまずはお粥と行きましょう。
羅富記粥麺専家へ。
本によるとスープで2~3時間炊き上げたとろとろの食感が特徴で、さながら米のポタージュスープだとか。
日本のお粥とはちょっと違うようです。
a0036499_1917472.jpga0036499_19181431.jpg
店先でつくっている様を確認できるのはアジアのどこでも同じ光景ですね!メニューはこんな感じで、メニューの後半には麺もありましたが、今回はお粥のみをオーダー。
a0036499_19213460.jpg
私は皮蚕●痩肉粥をいただきました。ピータンと塩豚のお粥です。
見ると具が全然ない?と思いきや下からゴロゴロとピータンと塩豚が出てきます。
私は具が下にもぐっている宮古すばのよう!と思いました。
味はピータンと塩豚のはっきりした味にやさしい味わいの出汁の効いたお粥がからまりするすると入ります。
アクセントに生姜も入ってます。
これで22元(約300円弱)とはなかなか良心的。

そして羅富記からすぐ近くにある飲茶の老舗、蓮香楼へハシゴしました。
飲茶のお店はたくさんあるけど、やはりココは一度は行ってみたいと思っていた店。

その理由は、"香港女子的裏グルメ"で栄えある"おやじシーシー度五つ☆"に輝いている
地元密着型の飲茶の店だったから。
(おやじシーシー度=おやじが満足げにシーシーと楊枝を使っている店=安くて美味しいという基準)
この時も10時すぎに行ったにもかかわらず店の中は大盛況!
席は待っていれば順番に案内してくれる・・・という通常のシステムはここでは通用しません。
ドンドン店の中に入っていって、空きそうな席にねらいを定めじ~っとプレッシャーをかけつつ
(香港人に通用するかどうかは・・・??)空けば座るというシステム。
円卓なのでもちろん合席はあたりまえです。
これももちろんnazliさんご夫妻がいたからこそ席取り合戦できたわけで、香港ド素人の私達だけでは
スゴスゴと退散したことでしょう。
a0036499_19532866.jpg
朝からこの盛況ぶり。
手前のおっさんひとりで新聞読んでいるし・・・。
以前の日本でいうとモーニング(これも最近は・・・)食べながら新聞読むおっさんの図が飲茶店にあるんですね~!
ファーストフード≒飲茶がある意味で成立しているのかもしれませんね。

ちなみにお茶代はひとり8元です。こちらはジャスミンとウーロンとプアールの中からの選択だったかと。

a0036499_2033269.jpga0036499_2035545.jpg
まずは"洗杯"の儀式。かけている陶器に年季があらわれていますね~。
点心は12・14・16元という驚きの安さ!
a0036499_20142943.jpg
しかも今では庶民的な店でしかお目にかかれないというおばちゃんのワゴンサービスのスタイル。
ワゴンから蒸籠の中を見せてもらいつつ点心を選ぶと伝票にハンコを押してくれます。

a0036499_20205239.jpga0036499_20282735.jpg
左:牛肉シュウマイ。お肉の中にさくさくしたクワイが入っていて絶品!下には湯葉がひかれてます。
右:ハーガウ(これとありがとうだけは覚えた広東語?)海老の蒸し餃子。エビはもちろんぷりっぷりっ!

a0036499_20335716.jpga0036499_20341143.jpg
左:鶏の脚。これは手でむしゃぶりつきます。コラーゲンたっぷり。
右:魚かと思ったら鰻の蒸し物で、甘辛い味付けに白いご飯が食べたい!

他にも何品か蒸籠の中をチェックしては選びつつ、〆のデザートは
a0036499_20403250.jpg

胡麻団子。中はくるみ餡で美味美味!

お会計は二人分で約1,000円ほど・・・でした。

お茶がなくなると、上からお湯をどばーと豪快に急須に注いでくれる店のおっさんもいい味出している、
猥雑感が楽しい飲茶の名店です。
昨今洗練されたスタイルの飲茶店が多いようですので、こういう以前からの正しい飲茶スタイルを貫いているお店は
このままで後世まで残り続けてほしいと勝手ながら思ってしまいました。

蓮香楼はきっとこのままの姿で残り続けてくれることでしょうと切に願いつつ。。。

a0036499_2048203.jpg

[PR]

by warna-warni | 2009-03-15 20:51 | hongkong | Comments(8)

Commented by arak_okano at 2009-03-15 03:31
アラックです。
待っていました、香港と来れば麺とお粥ですね、報告を楽しみにしていますよ。
Commented by warna-warni at 2009-03-15 21:00
アラックさん
すいません・・・。昨日中途半端で終わらせてしまいまして・・・(汗)
少しでもお粥&飲茶ワールドを堪能いただければと・・・!
Commented by nazli at 2009-03-15 21:44
masuさん、こんばんは!
この日は朝から飛ばしましたね~。(笑)
蓮香楼・・・我が家も久しぶりでしたが、香港らしくて楽しいなアと改めて実感でした。^^
次回はどこの飲茶屋さん行きましょうかね?
Commented by warna-warni at 2009-03-15 23:26
nazliさん
こんばんは!ええ、朝から食べたせいか夜はあまり・・・。
というか流石に眠くなってしまってね・・・。
次回は話に出たもう一方にも行ってみたいし、飲茶ではなさそうですが北角にも美味しそうな店があるようですし。
胃袋何個あっても足りなさそうですね~!
Commented by arak_okano at 2009-03-16 21:42
アラックです。
いやいや凄いですね、この熱気!!!
朝の香港もいいですね。
Commented by warna-warni at 2009-03-17 18:22
アラックさん
ここは朝6時から飲茶営業しているので、10時すぎでもこのにぎわい・・・。
香港の食のパワーのすごさをある意味体感できるお店です!
Commented by at 2009-03-22 01:30 x
島珈琲餅店は朝食を食べに行ったことがありますよ。
羅富記は行こうと思いながらなかなか行くチャンスがなくてね。
香港は滞在が短いのに食べたいものが多すぎて選択に悩みます。。。
wanaさんならチェック入ってるかもだけど、蓮香楼の脇の坂道を登って行ったところに、アタシの愛して止まない牛バラ肉麺のお店「九記」があるの~
滞在中一度は(まっさきにかも・笑)食べに行く名店ですわ。
次回機会があったら行ってみてね~想像するだけで食べたくなってくる。。。
Commented by warna-warni at 2009-03-22 16:19
束ねーさん
さすが経験済みですのねー。
ファミレスのようになんでもござれの店でしたか?
>香港は滞在が短いのに食べたいものが多すぎて選択に悩みます。。。
同感です!それほど念入りに調べられなかったけど、候補にあがりつついけなかった店が・・・。
九記はチェックしてませんでした。次回はぜひぜひ行ってみます。
お会いした時にでも香港伝授していただけるとうれしく~!