人気ブログランキング |

ボロブドゥール~ミスティカル・エレメント

このツアーは絶対お勧め!ボロブ近郊に泊まってこのツアーに参加しないのは、はっきりいってもったいない!です。
ジヲに泊まらなくてもハイヤットや旅行会社のツアー、唯一taman borobudurにあるマノハラホテルでもこのツアーに参加できるはず。
公園の開門は6時なので、ツアーに参加しないと早朝のボロブドゥールはおがめません。

早速1泊目の翌朝にいこうと予約したのですが、夜は大雨・・・。もしも雨が降ったら中止ということで、4時のモーニングコールで目覚めました。幸い雨はすっかりあがっていました。

ロビーに行くとペストリー&コーヒー&フレッシュオレンジジュースの用意が。
ま、それなりにけっこうなツアー料金を払っていますからね・・・。

a0036499_21392324.jpg

私は、チョコレートペストリーを食べましたが、生地がサクサクで日本で食べるものと同じ。かなり美味しかったですわ。
まだまだ半分寝ているからだを起こし、出発です。もちろんゲストごとにドライバーと車が用意されています。

マノハラホテルによって、足元を照らす懐中電灯をいただき(これが入場料もかねているのでしょうかね?)ボロブドゥールに着いたのは5時前。
a0036499_21462554.jpg

夜はまだ明けてません。~ブレブレですが、ご容赦を!
まっすぐに階段を上って頂上へ向かいます。階段は思ったよりも急だったけど、懐中電灯は使わなくてもOK!ジヲの運転手は、頂上まで案内すると、記念撮影の写真をとってくれた後、あとは好きなだけご自由に!ということで特に時間も決められずに去っていきました。

a0036499_2149462.jpg

まだまだ暗い。ここからは変化していくボロブ&サンライズを堪能くださいまし。

a0036499_2158583.jpg


a0036499_2233379.jpg


a0036499_2235743.jpg


a0036499_2254622.jpg


a0036499_226659.jpg


a0036499_22193079.jpg


a0036499_2210502.jpg


a0036499_22111142.jpg


刻々とその表情を変えていく様はただただ言葉もなくみとれるだけ。
朝靄が時にジャングルを覆ったり、その姿を浮かび上がらせたりととっても幻想的な光景でした。
ムラピ山(もうひとつの山の名前がわかりません・・・)からの来光は7月だそうです。

1月はムラピのかなり右側からの来光でした。

ほんの数分瞑想のまねごと・・・

by warna-warni | 2007-03-01 22:24 | yogyakarta&borobudur | Comments(24)

溜息のDalem Jiwo Suite

最終日、GAのディレイでホテル出発が予定より遅くなり、散歩していたらここにたどりつきました。*これは、Dalem Jiwo Suiteを背に見たところ。

a0036499_23534694.jpg


警備と思われる人がいたので、見れる?と聞くとOK!と。

ちょこっと潜入

by warna-warni | 2007-02-21 22:50 | yogyakarta&borobudur | Comments(0)

エクステリアは・・・

a0036499_9231648.jpg

ヴィラ内へ

a0036499_923495.jpg

ヴィラ敷地内から

a0036499_9243671.jpg

ここから室内へ入ります

a0036499_9253212.jpg

プールはそれほど大きくありません。これは朝の様子。

a0036499_9263839.jpg

バレ側から部屋

a0036499_9334799.jpg


a0036499_9353721.jpg

ごろごろしていたバレ。ようやくここから斜めにボロブドゥールが小さーく見えます。

a0036499_9364549.jpg

多少ズームを使用してこんな感じ。

a0036499_9423948.jpg

通常見ると塀の脇に小さくこんもりしたものがボロブ。元の画像サイズだとわかるのですが・・・
ここまで小さくするとなにがなんだか・・・(笑)

a0036499_951471.jpg

やはりおさえた色のバティッククッション、グレーのシートとしっくり馴染んでます。
サンブロックのローションはこちらに用意されてます。

夕暮れ時は・・・

by warna-warni | 2007-02-18 09:54 | yogyakarta&borobudur | Comments(18)

ベットの後ろ側は

まさにアマンともいえるシンメトリーな配置がされています。
a0036499_23135493.jpg

a0036499_23462814.jpg


オープンな造りの同じクローゼットがふたつ。収納もたっぷりできるし、ワードロープもばっちり。もちろんスーツケースをおき、ひろげてもまだまだ余裕。やはりストーゥパからモチーフをとったと思われる格子戸(こちらはフロントと違い斜めデザイン。実物のストゥーパも2種類あるんです。)は全部閉めることもできます。実は格子戸はちょっと重いのですがね・・・。ミラーもとっても大きく、それほど広い部屋ではありませんが、広く思える視覚効果もありますね。

a0036499_2319232.jpg

クローゼットの横には洗面台。タオルもすぐとれる位置にあるし、化粧品をじゃんじゃん広げても問題ありません。使い勝手はいいと思います。
今ではダブルシンクのホテルも多くなってきてますけど、10年前っていうとそれほど多くなかったのではないでしょうか?

a0036499_23243760.jpg

アメニティーも金色を使用していて宮殿さながらのジヲにはぴったり。石鹸はサンダルウッドの香り。これは形は違えどキラもいっしょでした。スパイダーリリーが必ず添えられています。

a0036499_23264091.jpg

ちょっと暗いけど、バスタブ。長いけど、幅は比較的コンパクト。

バスタブを正面に右にシャワールーム、左にトイレが配置されています。トイレは、いい香りが漂っている!と思ったら便座の後ろの床にジャスミンの花が散らされていました。バリではよくある後ろに手をのばしてトイレットペーパーをとるってこともありません(笑)

全体的にデザインに走りすぎていないのでストレスなく使えました。

a0036499_23333665.jpg

持ち帰り可能のジヲのプレゼントはこちらでした。

by warna-warni | 2007-02-14 23:49 | yogyakarta&borobudur | Comments(6)

Borobudur Pool Suite

今回の滞在は、Amanjiwo Cultural Trailsを利用。内容は、3泊のホテル代、空港送迎、朝食(好きなものを好きなだけ選べる)、12種類のから選べる3つのアクティビティ込みで US$1,650(21%は別)。もちろん一番お手ごろなGarden Suite。
私は、AMAN利用の際は、マゼランリゾーツさん経由でお願いしてるのですが、“結婚10周年の旅なんです” と事前アピールは忘れずに。

出発もせまった頃、AMANのシンガポール事務所からの予約確認書が送られてきて、内容を見てびっくり! なんとBorobudur Pool Suiteがアサインされている??間違いでは?と思いつつ請求金額を確認するとたしかに上記の価格。これはうれしいアップグレードでは?と行く前から期待に(ない)胸をふくらませてました。

*一部Dalem Jiwo Suiteと思われていた方、期待に沿えずにI'm sorry!

とはいえ、カテゴリーは、Garden Suite→Borobudur Suite→Garden Pool Suite→Borobudur Pool Suite なので、けっこうなアップグレードじゃありません?
年明け早々、幸先いいじゃない。

a0036499_1541017.jpg

フラワーガールの“selamat tahun baru! selamat datang amanjiwo”とフラワーシャワーの歓迎の儀式を受けつつチェックインです。

a0036499_1536171.jpg

ジヲオリジナルのジンジャービール。水・しょうが・はちみつetcを1週間発酵させて作られるそう。ビールといってもノンアルコールです。しゅわしゅわっと美味しい。この時のGAはTOVYさん。日本語が話せました。

とここでGMの自称ショーン・コネリーことショーンさん登場。彼はゲストがチェックインする度に挨拶にきているようです。かなりヤバイ英語でちょっと会話した後、部屋に案内されました。

*ショーンは滞在中毎日会い、会う度ごとに一言二言会話をかわしつつとなかなか働きもののようです。ホテル内をくまなく歩き回っている様子。チェックアウトもしっかりと見送りしてくれました。キラでは一切ありませんでしたから。

私が滞在した14号室

by warna-warni | 2007-02-11 16:34 | yogyakarta&borobudur | Comments(16)

はるかなる憧憬

a0036499_11311642.jpg


私にとって、今更アマン?といわれようが、やっぱり憧れのホテル。初めてバリへ行った頃ちょうどアマンダリがオープンしていたことを後で知ることとなる。当時の情報源はFIGAROなどの雑誌から。恋焦れて初めてのアマンは2001年のアマンキラ滞在。それから5年の月日が立ち、今回念願かなって彼方にボロブドゥールが見えるここに滞在することができた。

a0036499_11313666.jpg


曲線美を誇るあなた様は、オープンして10年近くの月日を経て今なおその姿は美しく静謐で、ライムストーンの回廊をゆったりと歩いていると“穏やかな魂”に守られているような不思議な錯覚に陥ることも。

車でアマンの敷地内に入り、いよいよ到着というところで、悠久の歴史を経てきたボロブドゥールを正面に見ることができる計算しつくされた演出にわかっていてもなおだまされたい!って思わせるあなた様。

背後にきりたった丘がせまる椰子の森の中現れる長方形のプール。
a0036499_11315168.jpg


ジャンキーになりたくてもなれないのが悲しいけど、またいつか会いたい!という思いをこめてこれからお届けいたします。


a0036499_1132478.jpg

by warna-warni | 2007-02-10 11:36 | yogyakarta&borobudur | Comments(12)

cinta batik cirebon

チルボンのバティックが好き。
そんな私が今回縁あってボロブドゥール近くのお店で出会い購入してきた布。
このお店は、よく利用しているバリの現地代理店のスタッフの方から紹介していただいたお店。
オーナー自身もチルボンがお好きということで、チルボンの工房にオーダーして作成してもらっているのだとか。実はジヲのスタッフもよく知っているお店でした。

ジヲにも、それはそれは素敵なバティックコレクションがあり、値段もいいですけどね、でも意外と思ったよりは高くない?って感じました。

a0036499_21201081.jpg


興味ある方はどーぞ

by warna-warni | 2007-01-28 21:34 | yogyakarta&borobudur | Comments(6)