人気ブログランキング |

作ってみました!~photoback

旅の思ひ出になにか残せるものはないだろうーか?と漠然と思ってはいたものの
積極的に探すこともなく・・・。
もちろんデジカメ画像をプリントアウトするって手もありますが、
それもへたな鉄砲数打ってる中から選ばないとね。

でも、オリジナルのもの(あくまでも自己満足の世界)って時にほしいかな?と。

そんな時tintinさんのblogで知ったphotoback
(とっても素敵な写真が紹介されていますよ。)

今年は家族旅行を?ってな話も浮上しているし、まずはお試し版として作成。

昨年のボロブ&アマンジヲ版でございます~。

一番時間を費やしたのは画像選び。
なかなかこれぞという写真がなくてピックアップがたいへん・・・。
画像を絞り込んで、配置もああーでもない、こーでもないと試行錯誤の上
やっと出来上がったのがこちらです。

a0036499_0473875.jpg

注文してから1週間と数日後にグレーの箱に入って届きました。

a0036499_0485187.jpg

ちょうどCDジャケサイズ。サイズ的にちょいと小さいのが残念ですが。
代わりに画像のアラもわかりにくいかと(苦笑)

a0036499_0502728.jpg

a0036499_051044.jpg

コメントもいれることができますし、横・縦配置、1枚の画像を2ページに拡大するなど
ちょっとした小技も可能。

画像の修正の依頼は不可なので、事前に自分でカスタマイズする必要はあります。

紙も上質のようですし、出来上がりも満足いくものでした。

旅行に行く度に私だけのオリジナルプチ写真集が増えていくってのもいいですね~!
面倒くさがりなので、私にはそこまではムリですけど・・・。

手軽に“私のプチ写真集”ができるってことで、このシステムなかなか使えると思います。

by warna-warni | 2008-02-11 01:00 | 日々sehari-hari | Comments(10)

いざ、Baliへ!

まだまだジヲについてのネタはあるのですが、私が怠惰すぎで、一旦終了・・・。
滞在中雨に降られても短時間だったり、夜だったりして影響はなかったものの実は最終日が一番天気がよかったりして・・・。

a0036499_12382440.jpg

レストランからもジャワ富士がくっきりと拝めました!
ミスティカルエレメントツアーで、その姿を見てはいたもののいかんせん雲の流れが早くて・・・。
あっというまに隠れてしまい、画像におさめることはできず・・・。

a0036499_12423533.jpga0036499_124257100.jpg


右はグヌン・ムラピ。

いつにも増して気持ちよさ何倍増で最後のジヲでの朝食を。

a0036499_12541299.jpga0036499_12542792.jpg


カプチーノ&マンゴジュースにフルーツサラダ&ナチュラルヨーグルト、それにブブールアヤムを。ブブールアヤムのボイルドエッグは別でした。もちろんゆで時間も指定できます。

a0036499_12593588.jpg

フロントやレストランからヴィラへ戻る時に見ていたこの眺めも見納めでっす(涙)

本来ならGA252は14:00発だったのでホテルを11時に出発予定。部屋で出発までのんびりしてようと思っていたら、フロントから電話。なんとまたディレイ・・・。
2時間遅れとのことで出発13時の変更の連絡が。
(ジヲから空港までは車で直接向えば約1時間15分くらい。私達は、途中でお土産にバッピアを購入したかったのでわざわざ市内の店にもよってもらったのでもう少し時間がかかりましたが。)
空港で待たされるよりジヲにいれるならノープログレム!さすがアマン!

a0036499_1327965.jpg

GMショーン氏の犬。名前忘れちゃったわ!氏と一緒に館内チェックで回っていることも。
ジヲの親善大使?
最後この子のお見送りはなかったけど、ショーン氏はわざわざ見送りにきてくれましたわ。

いざアディスチプト空港へ。また戻ってきたいな(んーーーできれば!)という思いを抱きつつジヲを後にしました。

空港についたらそのままラウンジへ通されます。
機内持込の荷物検査もラウンジ入り口ですまし、チェックインもすべてアマンスタッフが行ってくれるので、ボーディングを待つばかり。ちなみに空港使用料はジョグジャはRp25,000、ジャカルタはRp30,000でした。

ラウンジは

by warna-warni | 2007-07-08 13:55 | yogyakarta&borobudur | Comments(6)

Amanjiwo~The Dining Room indonesian rijstafle night2

makan malamの内容です。
a0036499_2303911.jpg

まずは、アマンジヲの名物カクテル“sirsak martini”を食前酒でオーダー。
(部屋のメニューでは、makan malamに含まれていると思っていたのですが、
しっかり請求されてました・・・。チェックアウト時に確認したらやはり別とのことでしたわ。)

a0036499_231104.jpg

まずはスープ。

a0036499_2324440.jpg

ナシとおかず6品がうやうやしく登場。

a0036499_2333051.jpg

全体的にしっかりした味付けでどれも美味しかったけど、ジョグジャ名物のgudegと思われる料理は甘めの煮付けなのでちょっと苦手。野菜のココナッツであえたもの&アヤム・サンバルマタぽいものが特に美味でした!オーストラリア産の白ワインといっしょに。
ボリュームありすぎで完食は断念・・・。

a0036499_2484686.jpg

白玉&タピオカのデザートもちょうどいい甘さでこちらは完食。

もちろんジヲ価格ですのでけっして安い値段とはいえないけど、makan malamのコース料理は充分に満足でございました!

by warna-warni | 2007-07-08 02:53 | yogyakarta&borobudur | Comments(2)

Amanjiwo~The Dining Room indonesian rijstafle night

滞在最後の夜、ジャワガムラン&ダンスを見ながら、インドネシアン・リスタフルをいただけるイベントにあたりました。もちろんダンスも見たい。但し、ジャワのナシチャンプルの豪華版というべきmakan malamを食べていなかったので、どうしてもいただきたい。ということで、スタッフに交渉の結果、makan malamのオーダーでOKとなり、最後のディナーとなりました。

この日はもちろんレストランでディナーを!というゲストが多かったようで、私達が通されたのはかなり端のテーブルでした。(はじめから他メニューを注文するとわかっていたのでしかたないですね。)

a0036499_4375137.jpg

a0036499_4403575.jpg

a0036499_4411390.jpg


ダンスは20時からのスタート!早めにレストランに入りました。

a0036499_4431471.jpg


ちょうどボロブドゥールが正面に見える、バーカウンター&ロビーがあるドーム内は、
ガムラン隊でいっぱい。バリのガムランとはまた違った穏やかでやさしいジャワガムランの音色がレストランに響き渡ります。

a0036499_4441492.jpg

a0036499_4493949.jpg


雰囲気をちょっとだけ・・・。*但し画像向きが違います・・・。ご了承ください(汗)

by warna-warni | 2007-07-03 04:57 | yogyakarta&borobudur | Comments(0)

Amanjiwo~The Dining Room朝食編

Amanjiwo滞在中は、食事はすべてホテル内でいただきました。
ボロブドゥールや買い物・散歩へ出かけた以外はホテル内で過ごしていたので、
結果そうなっちゃいました。

味については、見聞しているかぎりいい評判を見聞きしていなかったのですが(Amanって相対的にそんな気がするのですが、ナゼなんでしょうね~?)私的には全く問題ありませんでした。現GMのショーン氏が元アマヌサのシェフ出身ということも影響しているのでしょうか?

a0036499_1321924.jpg

クレッセント型のレストランは天井が燻したような銀箔で覆われた曲線美なレストラン。
黒のオベリスクを中心にシンメトリーに配置されています。


どちらかというと直線美にひかれる私ですが、ジヲとFSサヤンのレストランは文句なしに素敵!

a0036499_1311763.jpg

籐のいすも同じ銀色、黒のテラゾを使用した真鍮製テーブルでのテーブルセッティング。
もちろんジョグジャのバティックの布がアクセントに。
実際に座ると、紺色のバティッククッションを背もたれとの間にセッティングしてくれます。


a0036499_13222052.jpg

カプチーノ越しかすかにボロブドゥールが見える。


a0036499_13243479.jpg

もちろん定番シルサックジュース。ジヲはパンが美味しかった!


a0036499_13295515.jpg

この日は、私はエッグベネディクトをチョイス。
オーランデーズソースが、絶対高カロリーだろーなと思いつつも、
ポーチドエッグにひかれついつい頼んでしまう。
ハムだったけど美味しかった。


a0036499_13344042.jpg

相方はまたまたJIWO fried egg・・・。


a0036499_13394482.jpg

こちらは、金箔のマハーバーラタのワンシーン。もちろん両サイドに飾られています。


a0036499_13421094.jpg

ボロブドゥール遺跡にありそうな彫刻のタイル。


a0036499_13451124.jpg

雲が多いながらもレストランから見えるジャワ富士。


レストラン編続く・・・。

by warna-warni | 2007-06-24 13:46 | yogyakarta&borobudur | Comments(4)

40mプール@アマンジヲ

久しぶりですが、まだジヲネタ残っておりました(汗)
ヴィラのプールははっきりいって小さい・・・。でもここには泳ぎがいのある、ある意味泳ぐには勇気がいるプールがある。パブリックプールって楽しいですよね?だって他の人の観察できるし、日本語がわからないことをいいことにいいたい放題いえるし。(って逆もしかりって)

私は最低1往復することを日課にしてました。ガシガシは泳げないけど、泳ぎは嫌いなほうではないので、とりあえず不安がありつつも40mは泳げてホッ。

a0036499_2144523.jpg


a0036499_21455139.jpg


滞在中、毎日プールには通いましたが、いついってもそれほどゲストは多くありませんでした。やはり、ジヲの場合ボロブドゥールというメインイベントがあるわけですし、アクティビィティも豊富なせいかもしれません。
a0036499_2149097.jpg

かすかにプールからもボロブドゥールを望めます。

a0036499_2241564.jpg

この日は、プールボーイがハンガーを持ってきて、さっとかけてくれました。

a0036499_223482.jpg


人いない・・・。(とはいえ、宿泊ゲストはけっこうおりました。きちんと確認してませんが、おそらく2/3はうまっていたのでは?と思います。)

プールの横に視線を移すと・・・

by warna-warni | 2007-05-21 22:16 | yogyakarta&borobudur | Comments(6)

borobudur intellectual tour

ミスティカルエレメントは五感で体験するボロブドゥール。
昼間のツアーはガイド付きのツアーで、頭で理解するツアー。

ホテルでアテンドしてくれたガイドは、“ワタシノナマエはダイジョウブディー”との自己紹介ではじまり、若いのにオヤジギャク満載の笑いぱなしの内容でなかなか楽しく1時間半ばかりボロブドゥールを堪能しました。そのわりに詳細は覚えてないのですが・・・。

a0036499_239350.jpg

9世紀中頃に完成したといわれているボロブドゥールはムラピの噴火により、長い間土に埋もれ、ジャングルの中で眠りについていたそう。これほど大きな遺跡がナゼ1000年ほどの間その姿を隠していたのか?とっても不思議です。
釈迦にまつわる話の浮き彫りの多さは世界一だとか・・・。とにかく各回廊にびっしりと掘られている浮き彫りは圧巻でした。

a0036499_23195521.jpg

これは、釈迦が前世でウサギだった際、行者に動物達が食べ物を持ち寄り、何も持っていないウサギは火に飛び込み自らをささげたという有難い?お話の一場面。

a0036499_23311857.jpg


a0036499_23313677.jpg


a0036499_23343799.jpg

破壊されている仏像も数多く、ジャワ島での信仰宗教の移り変わりを感じます。もちろん
それだけではなく、盗賊によるものもあったのでしょうけど。

a0036499_23424072.jpg

ストゥーパ越し、山のふもとにはamanjiwoがかろうじて見えるかな~??

ズームイン!

by warna-warni | 2007-04-14 23:52 | yogyakarta&borobudur | Comments(8)

パブリックプールは私のもの makan pagi@amanjiwo

久しぶりにジヲネタへ戻ります。気まぐれゆえにすいません。
ミスティカルエレメントツアーから戻ってもまだまだ朝の8時。
この日はプールサイドバーで食べました。
メインレストランで食べるゲストが多いのでしょうね、この日、パブリックプール貸切状態での食事でした。

a0036499_22524679.jpg

メインレストランと同じく、曲線美が美しい三日月形のレストラン。実は、すぐ脇は小さな川が流れていて、水音も癒しのBGMに。雨季だったので緑も鮮やか。

a0036499_2258275.jpg

まずは、すっかりはまったシルサックジュースとカプチーノでリフレッシュ。

a0036499_2305750.jpg

“sweet corn cakes with avocado sarsa”
コーンが入ったお好み焼きちっくなパンケーキにアボカドが添えてありました。って書いててマズそうと思いますけど、味は美味しかったですよ。

相方はコッテリと!

by warna-warni | 2007-04-05 23:32 | yogyakarta&borobudur | Comments(10)

ボロブドゥールのゴッドハンド

a0036499_22475650.jpg

初日、この旅でまだ全身もまれてないぞ!ということで夕刻スパの予約をお願いしました。

今回のプランで選択できた“jetlag treatment”を申し込んでいるつもりでした。
SPAはヴィラのひとつを使用しているので、そこで受けるかヴィラにきてもらうことも可能。私たちはスパヴィラで受けることに。セラピストの性別・マッサージの強さなどもちろん事前に確認されました。

a0036499_22582424.jpg


さてさて時間になって、ヴィラに行ってみると年配のibuがふたり待っていました。
ここで、???と気がつくべきだったのかも。サロンに着替えて、ベットにうつぶせになった時もまだ気がつきませんでした。たしか首・肩・背中のマッサージの後、オイルで足のマッサージといった内容だったはず・・・。マッサージオイルがしっかりとベットの脇に用意されている?

と足から軽やかな手さばきのマッサージが始まった時の驚きといったら!
このibuタダモノ者じゃないことは、素人の私でもすぐにわかりました。それからの1時間は、イタ気持ちいい、しかもからだのスジの流れにさからうことなく、びっくりするくらい的確にツボに入っていくマッサージにただただ1時間身をゆだねるばかり。とにかくツボをぐいぐい押すだけのマッサージではなく、なんというかリズミカルでまさに“jari menari”という表現がぴったり!強弱具合が絶妙!終わった時にはもっともっとマッサージしてほしい!という気持ちでいっぱい!

何もいわなくても悪い部分を重点的にせめてくれるのはいうまでもなく、からだがとっても軽くなっているし、血行がよくなっているせいか汗もうっすらかいてる。

ibuの名前は、“Diriah”。小さくてとっても華奢なおばあちゃん。
なんとなく亡き私の母方のおばあちゃんを彷彿とさせる雰囲気も持ち合わせていて、英語はほとんど話せないらしいのですが、“またおいで!”といわれた気がしました。

後で知ったのですが、Dukunと呼ばれる生まれつき特殊な能力を持ち合わせたibuでした。
しかもホテルのインフォメーションにしっかり名前も紹介されているibu。
なにも知らずにマッサージを受けた私はとってもラッキーだったようです。
ちなみに男性のDukunもいるようですよ。
ということで、うれしい誤算のマッサージは、“pijat traditional”でした。

これはお奨め!翌日ももちろんご指名で受けましたとも。
再訪のあかつきには、絶対ご指名です。

by warna-warni | 2007-03-13 23:33 | yogyakarta&borobudur | Comments(8)

ボロブドゥール~ミスティカル・エレメント

このツアーは絶対お勧め!ボロブ近郊に泊まってこのツアーに参加しないのは、はっきりいってもったいない!です。
ジヲに泊まらなくてもハイヤットや旅行会社のツアー、唯一taman borobudurにあるマノハラホテルでもこのツアーに参加できるはず。
公園の開門は6時なので、ツアーに参加しないと早朝のボロブドゥールはおがめません。

早速1泊目の翌朝にいこうと予約したのですが、夜は大雨・・・。もしも雨が降ったら中止ということで、4時のモーニングコールで目覚めました。幸い雨はすっかりあがっていました。

ロビーに行くとペストリー&コーヒー&フレッシュオレンジジュースの用意が。
ま、それなりにけっこうなツアー料金を払っていますからね・・・。

a0036499_21392324.jpg

私は、チョコレートペストリーを食べましたが、生地がサクサクで日本で食べるものと同じ。かなり美味しかったですわ。
まだまだ半分寝ているからだを起こし、出発です。もちろんゲストごとにドライバーと車が用意されています。

マノハラホテルによって、足元を照らす懐中電灯をいただき(これが入場料もかねているのでしょうかね?)ボロブドゥールに着いたのは5時前。
a0036499_21462554.jpg

夜はまだ明けてません。~ブレブレですが、ご容赦を!
まっすぐに階段を上って頂上へ向かいます。階段は思ったよりも急だったけど、懐中電灯は使わなくてもOK!ジヲの運転手は、頂上まで案内すると、記念撮影の写真をとってくれた後、あとは好きなだけご自由に!ということで特に時間も決められずに去っていきました。

a0036499_2149462.jpg

まだまだ暗い。ここからは変化していくボロブ&サンライズを堪能くださいまし。

a0036499_2158583.jpg


a0036499_2233379.jpg


a0036499_2235743.jpg


a0036499_2254622.jpg


a0036499_226659.jpg


a0036499_22193079.jpg


a0036499_2210502.jpg


a0036499_22111142.jpg


刻々とその表情を変えていく様はただただ言葉もなくみとれるだけ。
朝靄が時にジャングルを覆ったり、その姿を浮かび上がらせたりととっても幻想的な光景でした。
ムラピ山(もうひとつの山の名前がわかりません・・・)からの来光は7月だそうです。

1月はムラピのかなり右側からの来光でした。

ほんの数分瞑想のまねごと・・・

by warna-warni | 2007-03-01 22:24 | yogyakarta&borobudur | Comments(24)